レインズの仕組みが分かればマンション売却は成功する

レインズとは一体何か?


マンションの売却を考えた事がある方なら一度は聞いた事があるかも知れないレインズというワード。
このレインズ(REINS)とは、Real Estate Information Network System(不動産流通標準情報システム)の略称で、国土交通大臣に指定された不動産流通機構が運営している検索ネットワーク・システムのWEBサイトです。

レインズ公式サイトはコチラ
http://www.reins.or.jp/

国土交通大臣指定の不動産流通機構は全国を4地域に分け運営されており、(東日本、中部、近畿、西日本)各団体は財団・社団法人として、各地域の不動産会社を会員として組織されています

不動産流通機構のサイトURLは以下の通り

「東日本レインズ」公益財団法人 東日本不動産流通機構
http://www.reins.or.jp/

「中部レインズ」公益社団法人 中部圏不動産流通機構
http://www.chubu-reins.or.jp/

「近畿レインズ」公益社団法人 近畿圏不動産流通機構
http://www.kinkireins.or.jp/

「西日本レインズ」公益社団法人 西日本不動産流通機構
http://www.nishinihon-reins.or.jp/

など各地域によってサイトがあります。

レインズの仕組みについて


レインズは平成2年5月にスタートしました。レインズができる前までは、購入希望者が、不動産業者を一軒一軒回って物件を探さなければなりませんでした。
不動産業者はポスティングをしたり、広告を出したり、訪問営業したり他社に電話して情報交換するなどのアナログな方法でした。
しかし、レインズという画期的なシステムがスタートし、全国の物件を簡単に検索できるようになり流通が進んだのです。
レインズの使い方ですがスタート画面から各業者のID、パスワードでログインし、住所、値段、建物名、物件ナンバーなど、様々な方法で検索できるようになっています。
登録した不動産業者がマイソクと呼ばれている図面をアップしていれば、物件の写真なども観ることが可能で、図面には建物名、所在階、その物件の担当者の名前や連絡先などの物件情報が記載されています。
売却したい物件をレインズに登録することによって、たくさんの不動産業者がアクセスし目に触れ流通し売却し易くなるのです。

レインズに登録することでどんなメリットが生まれるのか?


マンションをレインズに登録することによって、物件が全国の不動産会社に閲覧可能になり、個人で不動産会社を周る必要がなく探しやすくなります。
物件情報はレインズを通して、日本全国の不動産会社に拡散され、より多くの購入検討者の目に触れ購入希望者が比較検討し選択肢が増える事になります。
更にレインズを観た業者間で物件確認と言う電話を掛け合ってまだ売れていないか、現況(居住中、空室、リフォーム中など)はどうかなど情報交換が毎日行われています。
自社だけでなく、他社の物件を含めた大量の物件情報を扱い提供できるようになり、更にその集客力や販売力を活かして自社で販売することができるようになるのです。

レインズは不動産業界でなくても利用できるの?


宅地建物取引業者の居る不動産流通機構の会員レインズを利用できるのは、指定流通機構に登録している不動産会社、各都道県の宅地建物取引業協会です。

例えば、下記のいずれかに入会している業者です。
・全日本不動産協会
・不動産流通経営協会
・全国住宅産業協会

一般の人はレインズの情報を直接閲覧することはできません。
閲覧したい場合は不動産業者の方にお願いしてみましょう。
不動産会社を開業するときに「全国宅地建物取引業保証協会(通称、全宅)」か「全日本不動産協会(通称、全日)」に加入するとどちらも自動的に指定流通機構に登録されるので不動産会社であれば閲覧可能です。

レインズはマンションを売却するにあたり重要な役目を果たしてくれる情報サイトなのです。
不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

「脱毛サロン」こだわり検索

「脱毛サロン」こだわり検索

サービス内容

提供地域

サービス料

運営会社

口コミ評価

マンション売却 都道府県検索

ページトップへ戻る