マンション売却の流れの最後にレインズ登録証明書を貰いましょう

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

売却決定後はレインズから発行された登録証明書を貰いましょう


マンションなどの物件の媒介契約が決まったら仲介業者にはレインズに登録する義務があります。登録が済むと登録証明書が発行されます。 一般媒介の登録は任意ですがそれ以外はレインズへの登録が義務付けられています。
専属専任媒介契約の場合は、媒介契約から5日以内、専任媒介契約の場合は7日以内にレインズへの登録をしなければいけません。
媒介契約についてはコチラ↓↓↓
レインズに登録しない業者に注意してマンション売却を成功させよう

売却したいマンションなどの媒介契約後、レインズの登録証明書を貰ったら、物件情報が間違ってないか必ず確認してください。誤った箇所があればすぐに修正してもらいましょう。
修正したい場合、登録をした不動産業者にお願いして変更します。
物件の登録情報が変更になった場合も同じく業者にお願いすることになります。
情報が変更されると変更証明書が発行されますので、そちらも必ず仲介業者から受け取るようにしてください。

レインズ(REINS)とは、Real Estate Information Network System(不動産流通標準情報システム)の略称で、国土交通大臣に指定された不動産流通機構が運営している検索ネットワーク・システムのWEBサイトです。

全国を4地域に分けて運営されており、(東日本、中部、近畿、西日本)各団体は財団・社団法人として、各地域の不動産会社を会員として組織されています。

レインズの登録状況を確認してみましょう


仲介業者に登録証明書を発行してもらったら自身のマンションなどの売りたい物件を確認してみましょう。その登録証明書にはサイトのURL、ID、パスワードが記載されているのでそれらでレインズのトップページからログインすることができます。

仲介業者のなかには、売り主と買い主、両方からの手数料欲しさに両手仲介を狙ってこの登録証明書を交付しなかったり、この制度自体を知らせなかったりする仲介会社もあるようなので、いつまでも発行してもらえなかったらこちらから問い合わせてみましょう。
囲い込み防止にもなります。

まとめ


売却したいマンションなどの物件をレインズに登録することによってインターネット経由で数多の目に触れ、買主が早く見つかるなど、登録は早期売却の近道でもあるので成約する確率が上がります。
専任媒介、専属専任媒介では掲載をきちんと登録してもらうことはもちろんですが、登録が任意な一般媒介契約でもレインズに登録して貰いましょう。
そしてマンションなどの売りたい物件のステータス情報をいつでも確認できるような環境作りをしておく事が大切です。
タイトルとURLをコピーしました