ファイルコインとIPFSの関係性は?これから急騰する理由はIPFSにある【不動産投資家のための仮想通貨投資】

その他の不動産投資

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

「IPFSはどのようなシステムなの?」

「ファイルコインとIPFSはどのような関係性なのか?」

今回はこういった疑問に、不動産投資家の方々にFilecoin投資をおすすめしているスマートアンドカンパニーがお答えします。

この記事では、「IPFSの仕組みとFilecoinとの関係性」「IPFSがFilecoinの今後の価格高騰にどう繋がっているのか」を知ることができます。
この記事を読めば、今後Filecoinの価格高騰が必ずやってくることの根拠がわかります。

IPFSは次世代のインターネットシステム

IPFSInterPlanetary File System)は、ファイルコインを開発したProtocol Labs社が中心となって開発された新しいインターネットシステムです。
同じ企業によって開発されていることからも分かるように、IPFSとファイルコインは密接な関係にあります。

IPFSは、私たちがインターネットでデータをやり取りするときに必要な基盤システムの1つです。

ネットワーク上の参加者同士を同じファイルシステム上につないで、データの保存、提供、要求などを直接行う分散型のネットワークモデル(P2Pが採用されています。

現在主流となっているインターネットシステム(HTTP)とは異なり、データをサーバーに集めて管理する管理者は存在しません。

端末間に特定の関係性を持たせず、ネットワーク上の全てのコンピューターはサーバーとしてもクライアントとしても機能します。

データにアクセスする際には格納場所ではなく、データの内容自体から生成された「値」を指定してアクセスする「コンテンツ指向型」の仕組みとなっています。

難しい内容なので、具体例をあげて説明していきます。

HTTPの仕組みを説明する図

例えば、Facabookをイメージしてみてください。

Aさんが「BさんのFacebookのアカウントを見たい」というとき、Facebookのサーバー上に保管されたBさんのデータをFacebookのサーバーを介してAさんが閲覧します。

現在のHTTPでは私たちクライアントのデータをサーバが保管し、サーバを介して私たちはデータにアクセスすることができるような仕組みをとっています。

 

IPFSの仕組みを説明した図

IPFSでは、ネットワーク上に参加をすれば、サーバを解さずにAさんBさん同士で直接データのやり取りをできるようになります。

 

 IPFSとファイルコインの関係性

ファイルコインはIPFS上で稼働しているシステムです。IPFSのシステムを世界中に広めるために重要な役割を果たしている仮想通貨システムだと言えます。

次世代のインターネットシステムとしてIPFSに対する期待は高く、注目を集めています。

しかしながらインターネットの仕組みとしてスタンダードとなるためには今後どれだけ世界中に参加者が広がるかが鍵になります。

日々増え続けている膨大なデータを分散させて安定的にやり取りするためには、データを保存するストレージを提供してくれる多くのネットワーク参加者が必要です。
ネットワーク上の参加者を増やさないことにはシステムが成り立たないのです。

現在広く普及している現在のインターネットの仕組みから新たなシステムへ参加してもらうためには、何か強力な動機が必要となります。

そこで生み出されたのがファイルコインです。ファイルコインのネットワークに参加するには仮想通貨(FIL)が必要となります。ストレージを貸し出す「マイナー」と呼ばれる参加者にはネットワーク上で貢献した量や時間に対してFILが報酬として支払われます。

ファイルコインにはIPFSのネットワークに参加してデータを保持してもらう動機付けの役割を担っているといえるでしょう。

実際に本格的に運用が始まる前段階において、安定稼働が可能なだけのストレージを提供できる400人を越えるマイナーが集まりました。稼働した後もマイナー数は順調に増加し、20216月現在で6倍以上となる2500人を越えるマイナーが参加しています。

ストレージを提供してくれるマイナーがファイルコインを求めて集まることでネットワークが広がっていきます。同時にIPFSのシステムが世界に広く浸透していくことになるでしょう。

ファイルコインが急騰する理由①:IPFSがネット社会問題を解決するから

I現在のインターネットが抱える問題

データ流出の問題

セキュリティの脆弱性によるデータ流出の問題です。

企業の顧客データなどが外部からのハッキングで大量に流出する事件が後を絶ちません。データがサーバーに集中しているため、一度の不正アクセスで大量の情報が流出してしまう危険性があります。データが削除されたり改ざんされたりするリスクもあります。

データ管理にかかる費用の問題

サーバー管理者には、大きな費用負荷がかかる問題があります。

全ての人がいつでも情報にアクセス出来るように、サーバー管理者には常にサーバーを安定的に稼働させるための責任が生じます。アクセスが多くなってもスムーズに応答できるように設備を整えておく必要があります。

消費電力の問題

データが集中するデータセンターではサーバーだけでなくネットワーク機器が大量にあるため、稼働や機器の冷却に多くの電力が使用される問題があります。世界全体のエネルギー需要に対するおよそ2%がデータセンターという試算もあり、年間10%ずつ増大しています。今後も消費電力のさらなる増加が懸念されています。

データ管理者へ権限が集中する問題

管理者には情報にアクセスする全権限が集中するため、情報を自由にコントロール出来てしまう問題点もあります。例えばデータが格納されているサーバーへのアクセスを遮断してしまうのは比較的簡単です。政府が不都合なデータにアクセスできないように制限したり、メールなどネット上の情報が検閲され取り締まりが行われたりするケースもあります。

ビッグデーターが独占される問題

GoogleAmazonAppleなど特定の大手ITサービス事業者が、クラウドサービスを通じて消費者のビッグデータを独占して囲い込み、ビジネスに優位な地位を維持していることが問題として指摘されています。

 

分散型ストレージのIPFSが問題を解決する

IPFSシステムは、以下の理由から現在のインターネットが抱える問題を解決することができます。
インターネットが抱える重要な問題を解決できるIPFSは、今後当たり前のように浸透していく可能性が高く高騰が確実とも考えられます。

障害が生じてもデータが保たれる

データは複製されて分散して保持されています。ある場所にあるデータが破損しても、他の場所にある同じデータにアクセスすることが可能になります。

負荷が分散される

分散したデータの中で、いちばん近い場所にあるデータにアクセス出来ます。同じ場所にアクセスが集中することを避ける事ができます。

検閲されにくい

同じデータが複数の場所に保存されていますので、一カ所へのアクセスが遮断されても別のデータを取得することが可能となります。

改ざんを防ぐ

データの内容を基にしたハッシュ値をキーとしてアクセスする仕組みのため、ハッシュ値を比較することでデータが改ざんされていないことを証明することができます。万が一データが改ざんされるとハッシュ値が異なってしまうためです。

 

ハッシュ値とは何か

ハッシュ値は、ハッシュ関数に入力すると返される値のことです。ハッシュ関数は、入力された値について何らかの法則に基づいた計算(処理)を行って結果を出力する働きをします。ただし、出力された値から入力された値を導き出すのはほぼ不可能に近い特徴があります。

ファイルコインが急騰する理由②:IPFS10年後のネットワーク社会に必要不可欠

10年後のネットワーク社会はデータ量が不足する

空きストレージの有効活用を目的としているファイルコインは、今後のデータ急増に対応できるシステムとして有望視されています。

2020年から始まったばかりの5G通信システムや、家電や住宅機器に通信機能を持たせてインターネットに接続するIoTの発展によってネット上のデータ量が急激に増加しています。IT・通信分野の調査・分析会社International Data Corporationによると、2020年の全世界で生成・消費されるデジタルデータ量は10年前の2010年と比較すると60倍増加しているということです。

10年後6G高速通信システムが実現すればさらに大容量のデータを処理・保管する必要があり、デジタルデータの量はますます加速すると予測されます。そこで課題となるのが中央集権型システムです。大量のデータを処理するために、より大容量のサーバーが必要となります。導入や管理のコストが膨大になってしまうでしょう。懸念されるコストとセキュリティの問題を解決するのがファイルコインの基幹システムであるIPFSです。ファイルコインのシステムでは、ストレージを貸し出す側が値段を設定することができます。借り手がより安く安全なストレージを探すことで価格競争が起こり、結果的にストレージのコストの削減にもつながるのです

GoogleなどがIPFSの導入を検討している

すでに多くの企業がIPFSを導入していますが、さらに GoogleNetflixMicrosoftなどのメジャー企業がIPFS導入を表明しています。

IT界のけん引役ともいえるGoogleのような企業が導入を決めたということは、IPFSは次世代インターネットの基盤システムとして当たり前のように浸透していく技術となるでしょう。

ファイルコインは仮想通貨システムですが、ビットコインとは異なりストレージのやり取りの対価という実体が伴います。ファイルコインは世界を牽引しているリーダー企業からの評価が高く、長期的に投資が出来る優れた案件だと言えるでしょう。

 

まとめ

今後急騰する可能性が高いですが、Filecoinは投資なので始める前に「どんな仮想通貨なのか」「今後急騰する根拠」は知っておくべきです。

Filecoinで投資を始めて儲けたいという方は、FIlecoinとIPFSの仕組みをしっかり理解しておきたいと考えるはずです。

今回の記事の結論としては、IPFSは10年後のインターネット社会に必要不可欠となるシステムであり、IPFSを浸透させるためのプロジェクトであるFilecoinは価格が急騰する可能性が高いということです

Filecoin投資を始める方法は今後の記事で解説していきます。

タイトルとURLをコピーしました