【FX初心者向け】自動売買ツールの詐欺手口と見分ける方法を3つずつご紹介!

その他の不動産投資

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

FXについてわかりやすく知りたい

FX初心者が取引開始1ヶ月で確実に儲けられる方法を知りたい

結論から申し上げると、FXで初心者が確実に儲けられる方法は、当記事で紹介する「具体的な詐欺手口3つ」と「見分けるときに見るべき3事項」を読めば一発解決します。

さらに他のサイトでは確実に勝てるけれども初心者には扱えないソフトも多く、これを使うと最悪の場合は1~2ヶ月で資産が資産を溶かされてしまうこともあります。このような詐欺まがいのソフトは絶対に避けなければなりません。そこで、当記事では読者の方を特別に会員制MAMシステムへご招待することができます。

そのため最後まで読めば、FX初心者のあなたでも確実に資産を増やすことができるでしょう。

不動産〜FXまで投資歴の長い私たちが詐欺の手口を徹底解説します。記事の最後では投資歴の長い代表の縁故により特別に安全な会員制案件をご紹介しています。

1.fx自動売買ツールの具体的な詐欺手口は3つ!

FX自動売買ツールは利益を出してくれるものも一定数存在します。しかし利益でなく損失だけが増え、結果的に詐欺であったと気付く場合も少なくありません。ここではFX自動売買ツールでの詐欺の手口を紹介します。具体的な手口を知っておくことで引っかかることも減らせるでしょう。

FX自動売買ツールの具体的な詐欺手口は以下の3つです。

  • あえて購入者の資金を溶かすためのFX自動売買の詐欺ツールを作っている
  • 存在していない高額のFX自動売買ツールを売りつける
  • 出金トラブルを理由に出金できなくする

詳しく説明していきます。

1-1.あえて購入者の資金を溶かすためのfx自動売買詐欺ツールを作っている

FX自動売買ツールが儲けられないような仕組みになっている場合があります。

例を挙げるなら、両立ての売買注文が連続して行なわれて、利益確定する前に注文回数がお多いために手数料を取られて、結果として自己資金が減ってしまう場合です。

FX自動売買ツールが儲けられない仕組みになっていると、購入者は損します。しかしトレードが繰り返されることで利益が増えていく人がいます。それは証券会社です。

証券会社はトレードの度に発生する約定手数料が利益の源泉です。儲けられないFX自動売買ツールなら、業者にまずツールの料金が入ります。その後ツールが使える業者を指定されます。そしてそのツールを使ってトレードを繰り返してもらうだけで証券会社は利益が生まれます。

悪質な場合、自動売買ツールの業者と証券会社が結託していることもあり得ます。

このようなFX自動売買ツールを使い続ける限り、資金は減少していきます。しかしその原因が相場であると言われてしまうと口座に資金を追加投入してしまうかもしれません。そしてまたFX自動売買ツールで資金を溶かし続け、証券会社が手数料で儲けていく。この無限ループは騙されていることに気づく、または資金を失うまで続きます。

全ての業者と証券会社が結託しているわけではありません。しかし可能性がゼロでないことは覚えてほしいです。

1-2.存在していない高額の自動売買ツールを売りつける

存在していない、または存在していても性能が悪いFX自動売買ツールを売りつける詐欺があります。

FX自動売買ツールはFX初心者の方でも手を出しやすいために、投資の第一歩として購入する場合もあるでしょう。特に年利100%など収益率が高いものほど、高額であっても購入してしまうかもしれません。

しかしFXの知識を持っている方であれば、年利100%がものすごく難しい目標であるか分かります。ツールであっても詐欺である可能性を疑うことができるでしょう。しかし知識がないと利益の相場もわかりません。利益が多いほど、夢を見てしまい騙されていることに気づけません。

初心者であると知識不足のために騙されることがあり得ます。1度騙されると、騙されている自分を認めたくないために取り返しつかないところまで損失を出す可能性があります。

またFX自動売買ツールが高額であるほど、高性能であると無意識に信じてしまいます。FX自動売買ツールで大切なのはツールの値段でなく、ツールの売買ロジックと運用成績です。利益につながる部分を見て判断しましょう。また初心者の方であれば、ツールに頼り切るのではなく、知識をつけた上で投資を始めていきましょう。

1-3.出金トラブルを理由に出金できなくする

FX自動売買ツールの購入後、指定の証券口座を開設しその口座に入金することで取引を開始できます。FX自動売買ツールでは入金さえ済ませれば、自動で資金が増加していくと考えるでしょう。

しかし入金後にも詐欺の可能性は存在します。それは入金後、取引できたとしてもあの手この手で出金ができないようにして、口座にあるお金を持っていかれることです。

出金を拒否される理由としてよく言われることは以下の通りです。

  • 入金後、一定期間の出金制限がある
  • 指定された回数またはロット以上の取引が行われていないと出金できない
  • 指定金額以上でないと出金できない

条件は具体的に提示されますが、達成が難しいものばかりです。仮に達成できたとしてもさらに難しい条件が課されるなどして出金できない状況を維持されます。またFX自動売買ツールの購入後、返金やクーリングオフを拒否する、音信不通になる場合もあります。これらの場合であるとほぼ確信的詐欺です。

クーリングオフについてですが、購入方法や購入時の説明によっては法律的に不可能となっている場合もあります。FX自動売買ツールを購入するときには返金やクーリングオフの有無も事前に聞いておくべきでしょう。

FX自動売買ツール購入時に業者の連絡先も聞いておきましょう。購入時に業者の連絡先がわからず、泣き寝入りしかできない最悪のパターンもあります。その事態を避けるためにも連絡先を聞くなど、業者の情報をしっかり収集しておきましょう。

2.fx自動売買ツールの詐欺は3つを見れば確実に見分けられる

FX自動売買ツールの売買時や利用時に起きやすい具体的な詐欺を紹介してきました。詐欺は怖いですが、FX自動売買ツールを上手に活用できた時、とても利益の大きなものになります。

それではFX自動売買ツールでの詐欺を防ぐためには何を確認すべきでしょうか。確認事項としては以下の3つが挙げられます。

  • 提携している証券会社
  • FX自動売買ツールの運用歴
  • フォワードテストによるチェック

詳しく説明していきます。

2-1. 提携している証券会社

最初の確認事項は提携している証券会社です。

FX自動売買ツールは購入する業者によって、利用できる証券会社が指定されていることもあります。業者が指定していることを理由に選んでしまうと、危険です。ツールが信用できても、証券会社で資金を溶かされる可能性があります。

FX取引を取り扱っている証券会社では大きく分けて2つのシステムで注文処理が行われています。それらはA-bookB-bookと呼ばれています。多くの証券会社ではこれら2つのシステムが併用されていますが、システムの使われている割合で証券会社の特徴が見えてきます。

まずはA-bookB-bookの特徴について説明します。A-bookB-bookの主な違いは売買の注文をインターバンクに流すか流さないかです。

インターバンク
銀行や証券会社間で取引を行う場です。顧客向けとは異なる市場で、金融機関向けに制限されています。インターバンクでの取引は他の銀行や証券会社も確認できるため、透明性が高い取引となっています。

A-bookの特徴はインターバンクを介して注文処理を行うことです。透明性が高く、会社がなくなるリスクも低いですが、約定力が低いため、思った通りの値段で約定できない、スプレッドが広くいため手数料が多く取られることもあります。

B-bookの特徴はインターバンクを介さずに注文処理を行うことです。証券会社と直接取引することになるため、注文が通りやすく約定力が高いです。またA-bookに比べてスプレッドが狭いために手数料も少なく済みます。その反面、利益が多すぎると口座を凍結される可能性があります。

B-bookではトレーダーの損失が証券会社の利益になります。つまりトレーダーの利益は証券会社の損失です。利益を調整しないと証券会社も続かないために、口座凍結などで利益を調整される可能性もゼロではありません。

ここまでA-bookB-bookの業者の特徴についてまとめてきました。

注意すべきはB-bookの業者ですB-bookであると証券会社はトレーダーの取引を調整できます。そのため利益を出ないように制御することもできてしまいます。またレート操作もあり得るために詐欺が行われる可能性もあり得ます。

B-bookの証券会社を利用する場合、大手の証券会社を利用するようにしましょう。大手であるとその会社が築き上げてきた信用があります。意図的に詐欺をおこなってくる状況を防げるはずです。

2-2.fx自動売買ツールの運用歴

次の確認事項はFX自動売買ツールが運用されている期間を確認することです。

どんなモノにも言えることですが、いいものは長く残り続け、悪いものは淘汰され消えていきます。FX自動売買ツールではその特徴が分かりやすく現れます。悪いものは1年持つことなく消えていきます。

FX自動売買ツールの多くはアフィリエイト目的で紹介されている場合が多いです。アフィリエイト目的で作られたツールに性能は期待できません。いいものもありますが、利益が生まれるか怪しいです。そのようなツールだと大多数が運用期間1年未満でしょう。

運用期間がどれくらいのものがいいかというと、1年以上は最低でも続いているものがいいです。3年以上あると信用できるでしょう。

2-3.フォワードテストにてチェック

FX自動売買ツールを購入する前にはフォワードテストを利用して利益がどのように出るかシュミレーションすることも重要です。

フォワードテストとはFX自暴売買ツールで利用するロジックを将来の値動きでテストすることです。将来の値動きはあくまでも予測ですが、月利や年利がどのようになるか予測をつけられます。

この結果から実際の相場で使えるかどうか判断できます。ツールを提供してくれる業者の発表が正しいか、信用できるかも判断できるでしょう。発表とテスト結果がずれている場合には注意しましょう。

2-4.海外の自動売買ツール

最後の確認事項はFX自動売買ツールの業者や証券会社が海外であるかどうかです。

業者や証券会社が海外である場合、利用は避ける方がいいでしょう。海外の業者であると日本では規制されているほどの高いレバレッジで取引できるなどメリットがあります。しかしトラブルが起きたとき、国が手出しできないために騙されても我慢するしかありません。

何が起きても自己責任となるため、利用は控えるべきでしょう。

3. FX自動売買ツールの詐欺に引っかかったときの相談先は4つ

FX自動売買ツールにまつわる詐欺の形は理解できたでしょう。ただどんなに注意していても詐欺に引っかかってしまう可能性はゼロでありません。引っかかってしまったら人生終わりと思うかもしれませんが、然るべき対処を行うことで被害を最小限に抑えることもできます。

詐欺に引っかかってしまった時の相談先として以下の4つが挙げられます。

  • 警察
  • 弁護士
  • 適格消費者団体
  • 消費者センター

詳しく説明していきます。

3-1.警察

詐欺の内容が犯罪であると考えられる場合は警察に連絡しましょう。最近では投資ブームに乗っかって、投資に関連する詐欺が増加しています。そういった近年の傾向もあり、警察では詐欺の摘発に積極的に動くことが増えています。似た手法で被害を受けた方が多いほど動いてくれる可能性は大きくなるでしょう。

詐欺の被害にあったかもしれない場合、連絡先は110でなく9110を使います9110に連絡すると、警察相談専用電話につながります。警察相談専用電話では犯罪や事故が明確に発生したわけではないが、その危険がある場合や相談したいことがある場合に力になってくれます。

相談内容によっては消費者センターや他の団体など適切な相談窓口を紹介してもらえます。

3-2.弁護士

業者との交渉や裁判のように直接やりとりすることが多い場合、弁護士が1番力になってくれます。他の相談先とは異なり有料であることが増えますが、交渉から裁判にわたって長くサポートしてくれます。

弁護士を選ぶときには専門性に注目することが大切です。投資詐欺を専門としている方もいれば、刑事犯罪が専門である方もいます。複数の弁護士に相談して投資詐欺専門の方に頼みましょう。

また弁護士を探すときですが、弁護士会や法テラスで紹介してもらうことが多いです。弁護士会では無料相談をおこなっているところもあるので、利用していきましょう。

3-3.適格消費者団体

適格消費者団体は消費者を保護する目的を持った公的機関です。次に紹介する消費者センターとは異なり、悪質な詐欺や広告に対して差止請求できる権利を持っています。

また被害の規模によって、集団訴訟を起こしてくれます。裁判の時に味方になってくれるでしょう。

3-4.消費者センター

消費者センターは生活の身の回りで発生した商品の売買に関するトラブルについて、サポートしてくれる団体です。国民生活センターも同様の団体です。クーリングオフに関して困りごとがあるとき、1番力になってくれます。

クーリングオフを拒否された時などに108と連絡すると消費者センターにつながります。消費者センターはトラブルの解決に直接関わってくれるわけでなく、あくまでも相談やアドバイスが対応範囲です。

4.安全で確実に儲けたいのならば会員制の自動売買システムsecret FX

FX自動売買ツールは事前に調べ尽くした上で利用を考えるべきだということが理解できたでしょう。注文処理方法やツールの実績など確認事項は多いですが、大切な資産を守り増やしていくことを考えると必要な労力でしょう。

資産を安全に増やしていく方法として、secretFXをオススメします。

secret FXとは会員制の自動売買ツールです。secret FX20197月から稼働しており、2年以上も実績を出し続けています。トレードの全てを自動売買ツールに任しているのではなく、トレーダーによる取引で利益を出している時もあります。トレーダーが管理できない時は自動売買ツールによって補われており、常に万全なトレード体制が整っています。

自動売買ツールのロジックですが、αβγ3種類の異なるロジックで運用できます。自分の性格や投資スタイルに合ったロジックを選択でき、複数のロジックを組み合わせることで分散投資もできます。

secret FXは会員制のため、本WEBサイトからの紹介でないと利用できません。以下のボタンからLINE登録してもらうことでsecret FXシステム開発者を直接ご紹介できます。

気になる方は1LINE登録してみては。

\ 会員制FX自動売買ツール /

Secret FXのサイトを見る

タイトルとURLをコピーしました