ファイルコインは怪しい?マイニング詐欺を働く会社に注意【不動産投資家のための仮想通貨投資】

その他の不動産投資

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

「ファイルコインは怪しい仮想通貨なの?」

「ファイルコインのマイニング投資は詐欺なの?」

今回は、上記の疑問を解決する記事です!

結論から言うと、ファイルコイン自体は怪しいコインではありません。

しかし、2021年4月に価格が急騰したこともあり、マイニング投資詐欺に利用されるケースが増えています。
そのため、マイニング会社を調べずにマイニング投資に参加してしまうと、利益を得られず大損する場合も。

この記事を読めば、「ファイルコインのマイニング投資で詐欺を働く会社の手口」「安全にマイニング投資できる会社」を知ることができます。

ファイルコインは怪しい仮想通貨ではない!信頼できる5つの理由

多くの大手取引所で上場

投資家から資金を調達しても上場せずに詐欺が噂されるコインも数多く存在していますが、ファイルコインは取引所で売り買いができる仮想通貨として流通しています。

2020年10月に正式リリースされた比較的新しい通貨ではありますが、「世界一」とも言われる信頼性の高いニューヨークのGemini取引所をはじめ多くの大手取引所に上場されています。

次世代のシステムの一端を担う技術

ファイルコインは、従来のインターネットの仕組みを次世代の分散型システム(IPFS)に変えていく目的のために誕生しました。

分散型のネットワークに貢献した報酬として支払われるコインのため、実体があり実用性が高いという特徴があります。

分散型のインターネットファイルシステムの実現は、集中して管理するため管理の負荷が大きい現在のインターネットシステムの問題点を解決することが期待されています。

 

多数のマイナーが参加

ファイルコインのシステムが安定して稼働するには、ストレージを提供しネットワークの維持に貢献してくれる優良なマイナーが必要です。

計算競争の勝者が報酬を受け取れるため個人でもマイナーになれるビットコインとは異なり、ファイルコインのマイナーのほとんどが事業者です。

システム稼働時点ですでに400を越えるマイナーを確保していましたが、現時点で2800を越えるマイナーが稼働してファイルコインのネットワークを支えています。

多数の事業者がマイナーとして参加するファイルコインは、信頼性が高いと言えます。

ちなみにファイルコインの仕組みでは、ストレージを常に安定稼働させているマイナーに報酬が支払われます。

 

 

システムや情報の透明性の高さ

ファイルコインは「WordPress」や「Linux」などと同様に誰でも閲覧出来るオープンソースとなっています。

システムの透明性が高い通貨であり、しっかりとしたホワイトペーパーも公表されているため、信頼性が高いです。

またファイルコイン市場も透明性が高く、世界中の全てのマイニング業者のマイニング量や効率は、公式ブラウザ「FILFOX」で公表されています。

業者がデータをしっかり管理しているか、エラー処理を適切に行っているか、誰でもいつでも確認することが出来ます。

ファイルコインは、システムや市場の透明性が保たれていることでマイニング事業者や投資家の信頼を得ていると言えるでしょう。

多くの企業がIPFS技術の採用

ファイルコインの基盤となる技術IPFSには多くの企業が次世代インフラとして期待を寄せています。

すでに導入している企業も多く、Google、Netflix、Microsoftなど大手企業も導入を表明しています。

 

ファイルコインにおけるマイニング詐欺の具体的な手口2つ

MLM(マルチ商法、ネットワークビジネス)で勧誘し資金を収集

ファイルコインのマイニング詐欺では、勧誘した人が新規加入することにより、紹介者に報酬が支払われる仕組みです。

そのため、集めた投資資金のほとんどは紹介者の手数料で消えてしまいます。

投資資金がマイニングマシンに効果的に投入されることはありません。

結果としてファイルコインのマイニング報酬が得られなくなるため、投資家が想定していた額の配当が受け取れなくなります。

 

マイニングできない古いマシンを使用

マイニングに使えない古いマシンを販売しているマイニング業者もあります。

他の通貨マイニングでは使えたマシンがファイルコインでは使えないことが分かり、資金集めのために売りさばかれているのです。

古い機器を売って得た資金で新たにマシンに投資しても規模が限られるため、想定していた報酬は受け取れません。

詐欺を働く怪しいマイニング会社の具体的な4ケース

中国母体のMLM形式のマイニング会社

中国国内では仮想通貨のマイニングが盛んに行われています。

しかし、禁止されているMLM(マルチ・レベル・マーケティング)で資金調達しているマイニング会社があり問題化しています。

中国国内の規制が厳しくなったことで、日本国内に販売網を広げているため注意が必要です。

MLMは、日本ではネットワークビジネスなどと呼ばれています。

勧誘によりファイルコインの購入を勧められるとき

ファイルコインの購入を勧誘される

主に以下2つの方法で勧誘される場合、詐欺の可能性が高いです。

  • 電話で勧誘された
  • 投資セミナーでマイニング投資を勧められた

ちなみにマイニング投資は、マイニング機器に投資をしてマイニングした報酬の分配を受ける仕組みです。

投資家は資金を投資するだけで後はマイニング事業者が全てやってくれるため、詐欺に利用されやすいです。

配当率が高く、楽に儲かりそうな話は詐欺の可能性が高いと考えましょう。

金融庁など公的機関を名乗る人からの勧誘

金融庁など公的な機関が特定の通貨や投資案件を勧めることは絶対にありません。

公的機関であると信用させてお金をだまし取ろうとしています。

そのため、公的機関を名乗る人からファイルコインを勧誘される場合には詐欺を疑いましょう。

 

「価格が下がることはない」「値上がり保証」と記載があるとき

ファイルコインは信頼出来る通貨ではありますが、もちろん価格が下落するリスクもあります。

株や外貨への投資が必ず儲かるとは限らないのと同じようにファイルコインが必ず値上がりするという保証はありません。

投資のリスクの説明をしないで儲かることだけを強調してくる場合は詐欺を疑いましょう。

法律でも「誰でも絶対に儲かる」「楽に稼げる」など誇大表現を使った勧誘は禁止されています。

日本のマイニング会社を活用すれば安全なファイルコイン投資ができる

ファイルコインのマイニングは、ストレージを安定稼働させていれば、報酬が支払われる仕組みです。

そのためトップクラスのマイニング企業は、ストレージを安定供給するためにハイスペックで効率を重視したマシンを揃えてマイニングを行っています。

ファイルコインのマイニング投資を考えている場合には、実績がある優良なマイニング事業者を選んで直接投資するのがベストです。

さらに、ファイルコインマイニングの多くは海外のマイニング事業者が占めています。

万が一トラブルになった際に、言葉の問題や迅速な対応に懸念があります。

そのため海外より国内事業者の方が投資先としてより安心です。

結論を言うと、「国内最大級で日本初のマイニング会社」であるIPFS Infinite JAPAN株式会社を利用するのが安心です。

IPFS Infinite JAPANのマイニング稼働実績は、FILFOXのサイト「ノード番号:f0155983」で確認する事ができます。

ちなみにスタートする方法は、以下リンクから登録します。
詳細を知りたい方は詳細ページをご確認の上ご登録ください。

【申込みはこちらのURLから可能です】紹介コード:26851212
https://japanipfs.com/?code=26851212

【さらに詳細を確認したい方は以下詳細ページをご覧ください】
 (申し込み自体は紹介コード26851212をご入力ください) 
https://www.waysas.co.jp/ipfs/infinite-japan-overview/

【ウォレットへの新規登録手順マニュアル】 
https://www.waysas.co.jp/ipfs/manual_login_customerwallet/

【ウォレットへのログイン後、日本円での商品購入手順マニュアル】https://www.waysas.co.jp/ipfs/manual_howto_buy_jpy/

 

ちなみに注意点としては主に以下が挙げられます。

・3年契約のうち初めの4ヶ月は機器の準備期間となり報酬は発生しない

・プラス3ヶ月以上は建替えた担保分を報酬で差し替える期間となり報酬が発生しない可能性がある

・報酬で受取ったFILが引き出せるのは最速で8ヶ月目以降

・ファイルコイン独自の規定で報酬のロックアップ期間があり、報酬は180日に分割されて支払われる(すぐに報酬の全額が引き出せるわけではない)

・管理手数料30%は報酬から自動的に支払われる

【他コインが怪しいか見分けたい】過去に存在した仮想通貨詐欺の事例5つ

販売後5年間未上場の仮想通貨:TLCコイン

仮想通貨の中には投資家から莫大な資金を集めても上場されず、調達した資金が使い込まれたり持ち逃げされたりするケースも多くあります。

TLCコインはビットコインを超える仮想通貨を目指すというふれこみで2016年から販売されていました。上場予定という情報だけが何度も流れて結局は上場しないまま運営会社が2021年1月に破産し2月に販売を停止したコインです。確実に詐欺コインと言えるかどうかは人によって判断が分かれるところですが、仮に上場されたとしても売りが殺到するため価格の暴落は避けられないといえます。

【3つの特徴】

  • TLCコインや運営会社の商品を紹介することで紹介報酬が得られるMLM方式で販売されていた
  • 独自のブロックチェーンによる開発を謳っていたが、仕様を説明したホワイトペーパーが公表されなかった
  • 最低購入額が非常に高い

 

MLMで会員を増やしたクローバーコイン

知名度が高い既存の仮想通貨をプレゼントするキャンペーンで購入者を集めた事例です。

クローバーコインは札幌に本社を置く48ホールディングスが展開しようとしていた仮想通貨です。

会員数は三万5千人、被害額は192億円を越えています。

2017年9月に、本社が強制捜査を受けたことで口座は凍結され、返金は厳しい状況となっているようです。

【4つの特徴】

  • 著名人が会員となって勧誘
  • MLM方式でコインの購入や勧誘
  • 実際は市場でも買える仮想通貨リップルを自社でしか買えないと宣伝
  • 知名度の高い仮想通貨リップルとの関連を謳って(クローバーコインを購入するとリップルがプレゼントされる)販売

 

高配当を謳った詐欺通貨:ビットコネクト

ビットコネクトは2016年にICOを行い2017年に独自通貨BCCを上場したプロジェクトです。

仮想通貨を貸し付けて高配当を得られるレンディングサービスで人気となり市場もかなりの規模でした。

2018年テキサス州が業務停止命令を出した後BCCは大暴落し、取引所とレンディング機能を停止しました。

投資詐欺に関わったとしてビットコネクトのリーダーが逮捕されています。

高配当を謳って会員を集め、実際には新たに紹介された会員の資金を既存の会員に配当するだけで実際の運用などはしない詐欺手口です。

【特徴】

  • ホワイトペーパーの公表なし
  • 運営会社や運営者の実体が不明
  • 紹介した人が誰かに貸し付けると紹介報酬が得られるMLM方式で会員を収集

 

配当型ウォレット詐欺:プラストークン

通貨自体が怪しい詐欺コイン以外にも、仮想通貨を利用した詐欺事件も多くあります。

プラストークンは仮想通貨を預け入れるウォレットです。
預け入れた仮想通貨によって月利10%の高配当を出すとして資金を集めました。

運営者は2019年から2020年にかけて100名以上が逮捕されました。
被害額はおよそ4000億円以上、被害者は1千万人を越えると言われる過去最大の仮想通貨詐欺事件の1つです。

【2つの特徴】

  • 仮想通貨を預けるだけで高配当を約束
  • 紹介者に報酬があるMLM方式による勧誘

 

仮想通貨で嘘の投資話:OZプロジェクト

仮想通貨、AIなど最新の話題を盛り込んで架空の儲け話を信用させ資金を集めた詐欺事例です。

OZプロジェクトは、人工知能(AI)が仮想通貨を運用する架空の投資話で日本全国およそ1万5千人の出資者から60億円以上の資金を集めました。

2021年7月に詐欺容疑で逮捕者が出てニュースにもなりました。

【2つの特徴】

  • AIが最安値と最高値の取引所を探して仮想通貨を運用し、4ヶ月後に元本を2.5倍にするとして出資を募るが、AI開発などの事業実体はない
  • 全国53カ所でセミナーを開催し、知人を勧誘し新たな出資者を紹介すると紹介料がもらえるMLMの仕組み

 

 

タイトルとURLをコピーしました