ファイルコインが入手できる取引所5選を比較【簡単に入手できる取引所がわかる】

その他の不動産投資

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

「ファイルコインを取引所で購入したい」
「どこの取引所を利用すればいい?」
「取引所を利用する方法がわからない」

今回は、上記の疑問が解決できるコンテンツです!

結論から言うと、ファイルコインを取引所で購入するのならば、「バイナンス」がおすすめです。

ネットで調べてよさそうな取引所を利用してみるの良いですが、それだと利益を得られない場合や取引方法が難しく挫折することがあります。

この記事を読めば「ファイルコインの取引で利益を得たい」「安全で簡単な取引がいい」という希望を叶えられます!

ファイルコインを入手できる海外の取引所5選

ファイルコインの取引が盛んであり、利用者が多い取引所は以下です。

 

通貨ペアの流動性

特徴

Binance

FIL/BUSD(923)

FIL/BTC(648)

FIL/USDT(645)

FIL/BNB(514)

・利用しているユーザー数が多い

・取引量が圧倒的に多く流動性が高い

・取引時の手数料をBNB(バイナンスコイン)払いにすると割引される

・BNBの通貨ペア取引は取引手数料無料

Kraken

FIL/USD(412)

FIL/ETH(183)

FIL/BTC

・2011年にアメリカで誕生した最も古い取引所

・セキュリティ対策と流動性が高いことで有名

Gate.io

FIL/USDT(386)

FIL/BTC(103)

FIL/ETH

・中国で2013年に設立された取引所

・日本人利用者は現物取引のみ可能

OKEx

FIL/USDT(462)

FIL/BTC(331)

FIL/ETH

・中国で2014年に設立された取引所

・先物取引の取引量が世界トップクラス

Bittrex

FIL/BTC(174)

FIL/USD

FIL/ETH

・新しい仮想通貨が続々と上場中

・アメリカで2014年に設立された取引所

 

【補足】流動性は高いほど良い

流動性とはコインマーケットキャップにて、通過ペアの市場を評価したスコアです。

0~1000までのスコアが割り当てられ、スコアが高いほど流動性が高い市場となります。

流動性が高いと、簡単に購入することができ、安定した価格での売却が可能です。

 

海外の取引所でファイルコインを入手する5ステップ

手順(1) 日本の取引所で口座を開設

まずは日本の取引所の口座を開設します。
日本の取引所から海外の取引所に送金するためです。
最短で即日口座が開設できる取引所もありますが、
2,3営業日ほど時間がかかる場合もあります。

手順(2) ビットコインやイーサリアム入手

日本の取引所にてビットコインやイーサリアムを入手します。
海外の取引所では日本円を直接入金することができないからです。
そのため、海外口座への送金用に入手します。
入手する仮想通貨は、送信元の国内取引所と送信先の海外取引所の両方で取り扱っているものを選びます。
流通量世界第1位のビットコインか第2位のイーサリアムの入手が無難です。

 

手順(3)FILを取り扱う海外の取引所の口座を開設

ファイルコインを扱っている海外の口座を開設します。
海外の取引所は日本国内のように本人確認書類を提出せずに、メールアドレスとパスワードだけで簡単に口座を開設できる場合が多いです。

 

手順(4) ビットコインorイーサリアムを海外の取引所に送金

国内取引所で購入したコインを海外の取引所に送金します。
法定通貨を銀行から海外送金する場合と比較して、仮想通貨の送金は非常に速く数十分で完了します。

ただし送信先のアドレスを1文字でも間違えてしまうと送金することができません。
送金できないだけでなく間違えて送った仮想通貨を失う可能性が高いため特に注意が必要です。
全額を送金する前に少額でテストを行い、間違いなく送金できるか確認しておくと安心です。

 

手順(5) ビットコインorイーサリアムでFILを入手

海外取引所の口座に送金できたら、ファイルコインを購入します。

コインマーケットキャップによる現時点でのファイルコインの価格は以下の通りです。
(2021/8/25時点)

時価総額

$7,830,218,769(時価総額ランク24位)

FIL価格

$75.44 / 0.001568BTC / 0.02363ETH 

過去最高

$236.84(2021年4月)

過去最低

$20.06(2020年10月)

 

安全で簡単に利用できる日本の取引所5選

厳選した国内の人気取引所を比較すると以下の通り。

 

取扱数(現物)

取引手数料(BTC)

入出金手数料

入金

出金

Coincheck

取引所

5種類

無料

銀行振込無料

407円

販売所

17種類

スプレッド

bitFlyer

取引所

2種類

0.01~0.15%

0~330円

220~770円

販売所

13種類

無料

DMM Bitcoin

販売所

3種類

無料

無料

無料

GMOコイン

取引所

6種類

Maker:-0.01%

Taker:0.05%

無料

無料

販売所

14種類

スプレッド

bitbank

取引所

10種類

Maker-0.02%

Taker 0.12%

無料

550~770円

販売所

10種類

スプレッド

 

※販売所と取引所 / スプレットとは何か?

■販売所
投資家と取引所の間で売買が行われます。売値、買値だけなので初心者でもわかりやすい取引方法です。
取引所と比較して購入価格は高く、売却価格は低くなる傾向があります。
購入価格と売却価格の差額(スプレッド)が販売所の実質的な手数料となっています。

■取引所
投資家同士の売り買い注文で取引を行います。
手数料を大きく減らせるのがメリットですが、売り買いが成立しない場合もあるのがデメリットです。
運営会社は投資家同士の取引を仲介し取引する場所を提供しています。

Coincheck(コインチェック)

Coincheckは、2012年に設立された取引所です。東証1部上場マネックスグループ株式会社のグループ企業が運営しています。

【特徴】

・販売所と取引所がある

・取り扱い通貨が豊富(2021年8月時点で17種類と国内最大)

・レンディングサービス(貸仮想通貨)がある

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer は2014年に設立された取引所です。Bitcoinの取引量で国内1位となっています。(2016年から2020年5年間の出来高)

 

【特徴】

・ビットコインの取引量が多い

・取引所と販売所がある

・取り扱い通貨は13種類(2021年8月時点)

・主要なメガバンクが出資している

・自動積み立てが可能

DMM Bitcoin (DMMビットコイン)

DMM Bitcoinは2018年に設立された取引所です。
現物取引は3種類と少ないですが、レバレッジ取引では国内最大数の仮想通貨を取り扱っています。

 

【特徴】

・販売所のみ

・主要な取り扱い通貨は現物では3種類(レバレッジは12種類)

・様々な手数料が無料(ただし、BitMatch注文は取引単位あたりの手数料がかかる)

・国内初のBitMatch注文(取引所方式と販売所方式のハイブリッド取引方法)が可能

※レバレッジ取引とは何か?

レバレッジと取引では、資金を担保に入れることにより、数倍の価格で取引を行うことができます。
例えば、レバレッジが5倍ならば、資金が20万円のとき100万円分の取引ができるわけです。
仮想通貨取引所から80万円分の資金を借りて取引を行うイメージです。
メリットは、レバレッジの倍数分大きな利益を得られることです。
デメリットは、レバレッジ分は借りている状態のため、本来の資金より大きな額の損失が出てしまう場合があります。
例えば、20万円の資金で投資を行い、失敗してしまったら資金が0になるだけですが、レバレッジの場合には、80万円の損失が発生してしまいます。

 

GMOコイン

GMOコインは2016年に設立した取引所です。東証1部上場企業GMOインターネット株式会社のグループ企業によって運営されています。

【特徴】

・取引所と販売所がある

・主要取り扱い通貨は14種類

・レンディングサービス(貸暗号資産サービス)がある

bitbank(ビットバンク)

Bitbankは2014年に設立されました。CoinMarketCapによると2021年で国内の仮想通貨取引量が最も多いとされています。

 

【特徴】

・取引所と販売所がある

・主要取り扱い通貨は10種類

・レンディングサービス(暗号資産を貸して増やす)がある

海外の取引所はバイナンスが安心!口座開設するための4ステップ

海外の取引所は流動性が高いバイナンスを活用するのがおすすめです。

バイナンスは幅広いコインを取り扱っている世界最大級の取引所です。
他の取引所と比較してファイルコインの取引量が多いです。
そのため希望に近い価格で取引できる点が最大の魅力でしょう。

ハッキングへの対応が非常に早く、セキュリティ面にも力を入れています。

バイナンスの口座開設は、以下4つの手順を踏みます。

 

手順1. バイナンスの公式サイトにアクセス

バイナンスの公式サイトにアクセスします。「今すぐ登録」をクリックしましょう。

手順2.  アカウント作成

メールアドレスとパスワードを入力し、「利用規約を読み、同意しました」にチェックを入れて「アカウント作成」ボタンをクリックします。
クリック後はスライド式のパズル画面に遷移します。
空いている箇所に合うようにバーをスライドさせて画像を完成させましょう。
パズルが完成するとアカウント確認の画面に遷移します。

手順3. 登録確認メールの受信し、アカウント確認コードを入力

バイナンスからのメールに書かれている確認コードをアカウント確認画面に入力します。
正しく確認コードが入力できれば、口座の開設は完了です。

手順4. セキュリティ認証

不正ログインなどの被害に遭わないために二段階認証設定することをおすすめします。
口座開設時のアカウントにメールアドレスを設定している場合、二段階認証の設定は以下2つがあります。

・SMSでの認証
・Googleアプリでの認証

どちらか一方の設定でも良いですし、両方設定することもできます。

Googleアプリ認証では、お持ちのスマートフォンに「Google Authenticator」アプリをダウンロードして設定を行います。
SMS認証では、認証コードを受取る電話番号を登録します。

まとめ:より簡単に入手したいならばマイニング投資

ファイルコインは今入手しておけば将来大きな利益が生まれる可能性が高いですが、海外の取引所を利用する必要があり、取引所も多くどこを選べばいいのか選択が難しいです。

結論として確実で安全な取引ができるのは「バイナンス」です。
流動性が高く、買いたい時に買えて売りたいときに売ることができるから利益を得やすいからです。

「バイナンスに登録してから取引できるか不安」「海外の取引所ではサポート面が不安」ならば、マイニング投資を選択した方がいいです。

日本最大級のマイニング会社ならば安全であり、確実に多くの利益を得ることができるからです。
また、資金を用意するだけで、あとはマイニング会社がファイルコインを稼いでくれるため、取引所を利用するよりも簡単です。

日本最大級のマイニング会社は「IPFS infinite JAPAN」です。
ただし、スタートするには弊社からの紹介が必要です。

紹介は、以下リンクから登録するだけのため簡単です。
詳細を知りたい方は詳細ページをご確認の上ご登録ください。

【申込みはこちらのURLから可能です】
https://japanipfs.com/?code=26851212

【さらに詳細を確認したい方は以下詳細ページをご覧ください】
 (申し込み自体は紹介コード26851212をご入力ください) 
https://www.waysas.co.jp/ipfs/infinite-japan-overview/

【ウォレットへの新規登録手順マニュアル】 
https://www.waysas.co.jp/ipfs/manual_login_customerwallet/

【ウォレットへのログイン後、日本円での商品購入手順マニュアル】https://www.waysas.co.jp/ipfs/manual_howto_buy_jpy/

 

ご自身に合った方法で初めて見てください。

タイトルとURLをコピーしました