室蘭工業大学の学生向け、楽しく一人暮らしをするためのお部屋探し(8)

室蘭工業大学

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

室蘭工業大学に合格した皆さんへ〜明徳祭とは?

室蘭工業大学に合格された皆さん、おめでとうございます。
これからしばらく室蘭で生活する人がほとんどだと思いますが、今回は大学の寮で行われるお祭りについてお伝えできればと思います。 室蘭工業大学には明徳寮という遠方から入学する学生の為の寮があります。
現在、約300人の男子学生がその明徳寮で共同生活をしています。
平成23年度には「明凛館」と言う女子寮が建設されました。定員51名、最近では留学生も受け入れて国際色豊かな寮になってきています。

明徳寮では年に一度、卒業生にも語り継がれる程有名な「明徳祭」というお祭りが毎年6月に開催されています。室蘭市でも古いお祭りの一つに入るそうです。
どのようなお祭りなのでしょうか?

明徳祭は別名「赤ふん祭り」と呼ばれており、明徳寮生が実行委員会として中心に開催されるお祭りで赤いふんどしを締めた百数十名の寮生が「北斗の光」という寮歌を歌いながら山車に乗って街中を行進するそうです。
以前は金曜の夜に行われていたそうですが、今年の2018年から夜間部の学生も参加できるように土曜日になったそうです。たくさんの人が参加できる環境は嬉しいですね。

明徳祭の準備期間には周辺のごみ拾いイベントも行われ、地元に恩返しをしています。
その他にも企画が盛りだくさんです。以前には、M-1優勝者のパンクブーブーや、ものまねタレントのおかもとまりさんがライブ出演したり、普段入ることのできない寮を一般に開放し、室蘭工業大学の女子寮である明凛館の寮生や近隣の専門学校生と一緒に、ビールや焼き鳥などの露店を出したり、登別温泉の宿泊券が賞品で貰えるビンゴ大会なども行われて多くの市民や学生で盛り上がったそうです。
フリーペーパーなどの情報誌やマスコミもこの様子を取材に来るそうですよ。
入学してから間もなく行われるイベントですのでそこでたくさんの人と出会える楽しみがありますね。室蘭市民や寮生の家族などもこのイベントを楽しみにしているそうです。
以前、寮生は皆、強制参加で上下関係も厳しかったそうですが、数年前から行事の参加の強制が発覚した時点で退寮処分になるのとの事なので、現在は基本、自由参加だそうです。
そして明徳寮では数年前から1年生だけの部屋(1部屋3人)が作られているので先輩と一緒の部屋という事はないそうです。
寮に住むと共同生活をするので絆が深くなると言いますが、中には寮に1年目だけ住んで2年目からは一人暮らしをする人もいるそうです。
学生寮と一人暮らしには、どちらにもメリットデメリット、向き不向きがあると思うので、このように両方経験するのも良いかも知れません。
もし寮を出てアパートなどで一人暮らしを考えるなら新入生でなくても生協で部屋探しの手伝いをしてもらえるのでそちらで聞いてみるのも良いでしょう。

室蘭工業大学の周辺は坂が多いので自転車よりも徒歩で通う方がお勧めだそうです。
冬は雪も多く、溶けた後はアイスバーンになりやすいので、坂で凍った道を走行するのは大変危険です。住むなら自転車より徒歩で通える範囲で15分くらいまでの距離が良いのではないでしょうか。
以前にもお伝えしましたが、家から近いと授業の合間に一度帰って休憩をしたり、忘れ物を取りに行けて便利だそうです。
学食にはお持ち帰りできるメニューもあるので食堂が混む時間帯には持ち帰って家でゆっくり食べるのも良いですね。

室蘭工業大学の明徳寮で行われる明徳祭を調べていくうちに著者も見に行きたくなりました。是非「赤ふん行列」をこの目で見たいものです。もっと詳しい様子を知りたい方はSNSやブログなどでもアップされているのでそちらも観てくださいね。

>>>室蘭工業大学の学生さん必見! お部屋探しガイド!

タイトルとURLをコピーしました