マンション売却の査定前は掃除した方がいい?

中古マンション売却査定ポイント

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

掃除をすると査定額はアップするの?

中古マンションの売却、まずは査定を受けるところからスタートすると思います。
そして、誰もができるだけ高い査定額が出ることを期待しますよね。
なるべく見栄え良くしておいたほうが、高い査定額が出るなんてことあるのでしょうか?
もし、それで査定額に差が出るなら、徹底的に部屋の掃除をしておいたほうがいいですよね。
徹底的に掃除する時間がない方でしたら、ここだけは絶対やっておいたほうがいい!というような場所があるならおさえておきたいと思いませんか?
逆に、掃除をしてもしなくても、売却の価格に影響がないのであれば、面倒なことはなるべくしたくありません。

今回は、中古マンションの売却査定を受ける前に掃除をすると査定額に差が出るのか、そもそも掃除をする必要があるのかなどについて考えていきたいと思います。
なにかと忙しい中で、売却への活動をしていかなければならないのですから、労力は最小限に、受けられる恩恵は最大限に!しっかりとポイントをおさえましょう。

不動産業者はあまり気にしていない


中古マンションの売却査定をする不動産業者は、いわばその道のプロです。
どんなに散らかっていても、きれいな状態が想像できるため、査定のときに掃除がされているかどうかは、ほとんど関係ありません。
きれいなことに越したことはありませんが、散らかっていたからといって、査定額が著しく下がるというようなことはありません。
また、逆もしかりで、ものすごく片付いているからといって、それが査定額に影響することもありません。
ただし、傷や凹みがそこらじゅうにあるなどメンテナンスが行き届いていない状態は、査定額が下がる要因になります。

不動産業者による売却査定の段階では、普段からのメンテナンスさえ行き届いていれば、ちょっとくらい散らかっていても大丈夫と覚えておきましょう。

内覧会は掃除が重要!


では、中古マンションの売却において、掃除はしなくてもいいのかというとそうではありません。
査定のあと、内覧会のときには、掃除がとても重要になります。
それはなぜでしょう?
さきほど、「中古マンションの売却査定をする不動産業者は、その道のプロ」と書きました。では、購入希望者は・・・?と考えると、中古のマンションを購入する機会など人生でそう何度も経験することではありませんから、不動産業者と比較すれば初心者といえますよね。
中古マンションの初心者ですから、目に見えないものを想像し判断していくことは、少し困難です。
購入希望者は、目の前に見えているものを重要な判断材料にして、考えていきますから、内覧会において、掃除をしてあるかないかはとても重要になるのです。
同じような部屋なら、汚い部屋よりきれいな部屋を選びたくなりますよね。

2-1.まずは、片付け!
たとえば、物が溢れかえっている部屋。
片付けが苦手で、部屋を物やごみで溢れかえらせてしまっている人が、掃除のプロの力をかりて、部屋を片付けるというようなテレビ番組、たまにやっていますよね。
部屋をピカピカに磨いたり、壁紙を変えたりしたわけではなく、ただ溢れていた物たちを捨てて、整理整頓しただけなのに、ものすごく部屋がきれいになったように感じませんか。
溢れていた物がなくなるだけで、驚いてしまうくらい部屋がスッキリするのです。

物が溢れかえっている部屋では、汚い感じがしてしまい、購入希望者の「このマンションを買いたい!」と思う気持ちも失せてしまいます。
掃除機をかけたり、窓を拭いたりすることももちろん必要ですが、その前に、散らばっている物があるのでしたら、まずはそれを片付けましょう。

2-2.そして、掃除!
散らばっているものが片付いて、見た目がスッキリしたら、次は掃除です。
隅から隅まで、綺麗に掃除できればベストですが、なかなか時間が取れなくて難しいこともあるでしょう。
最も力を入れて掃除しておきたいところは、水回りです。
キッチン、洗面所、トイレ、お風呂場といった水が出てくる場所すべてです。
もし、掃除の時間があまり取れないようでしたら、水回りだけでも掃除をしておきましょう。

購入希望者が既婚者であれば、内覧会には奥さんも来られることが多いと思います。
比較的、男性よりも女性の方が細かいところまでチェックする傾向にあります。
また、特にキッチンは、女性が長い時間いることが多いということもあり、奥さんの利用者目線でのチェックが、最も厳しく入る場所といえるかもしれません。
水回りは、普段からこまめに掃除をしていないとカビなど、ちょっとやそっとの掃除では綺麗になりにくい場所です。
頑固な汚れがあるようでしたら、思い切ってプロの清掃業者にお願いしてしまうのも1つの手です。

中古マンションの売却査定で気にするのはどこ?


中古マンションの売却において、掃除は購入希望者への内覧会では重要ですが、査定に関わる不動産業者にとっては重要ではありませんでした。
では、査定を受ける前に整えた方がいいところはあるのでしょうか?不動産業者が気にするところって一体どこなのでしょう?
査定額に影響する可能性もありますので、しっかり押さえておきたいポイントです。

中古マンションの売却査定において、不動産業者が気にするところ、それは、部屋の破損部分です。
扉が閉まらない、網戸が破れている、フローリングが傷だらけでボコボコ・・・など色々なものがあると思います。
ただ、思い当たる箇所があったとしても慌てて修繕に走る必要はありません。
まずは、破損部分はそのままに、不動産業者に正直に申告をして査定を受けましょう。
そのあとに、その破損部分を修繕したらよいかどうか、不動産業者と相談をしてください。
「修繕をする」といっても、当然お金がかかります。
お金を出して修繕した方が、結果的に高い査定額が出るのか、修繕費のことを考えると、そのまま査定額を出してもらった方が損をしないのか、破損部分の修繕費と査定額への影響を総合的にみて、修繕するかしないかの判断をするとよいでしょう。

複数の不動産業者に売却査定の依頼をしよう


「不動産業者に、破損部分の修繕をするかしないかのアドバイスをもらう」と書きましたが、そのアドバイスは、不動産業者によって異なることもあります。
中古マンションの売却査定を依頼するときには、複数の不動産業者に依頼をし、色々な意見を聞いて判断をすることをおすすめします。
複数の不動産業者に査定を依頼するならば、中古マンションの売却一括査定サイトを利用するとよいでしょう。
一回の申し込みで、複数の不動産業者から査定額を出してもらい、アドバイスをもらうことができます。
どのサイトも無料で簡単な入力で利用できるものばかりなので、ぜひ、活用してみてください。

まとめ


いかがでしたか?
中古マンションの売却査定のプロ不動産業者が、査定をするときの部屋の掃除は必要がなく、そのあと、購入希望者へ向けての内覧会では片付け、掃除が必要であることがわかりました。
スッキリ片付いた部屋で迎え、購入希望者のハートをがっちりつかみましょう。

また、長年住んでいた中古マンションでしたら、どんなに大事に住んでいたとしても破損部分が1つや2つあるものだと思います。
修繕をしても査定額が上がらないような箇所まで修繕をしてしまって、無駄な費用を使わないよう、破損部分の修繕をするかしないかは、不動産業者に相談するのが賢い選択です。
査定の際には、正直に破損部分の申告をし、中古マンションのプロの目から見た適切なアドバイスをもらいましょう。

タイトルとURLをコピーしました