中古マンション売却査定サイト20 体験談「購入決め手は土地の価値」

中古マンション売却査定 体験談

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

こんにちは、不動産会社監修「マンション売却一括査定 人気ランキング」ライターのサトモです。
今日もよろしくおねがいします。
この記事では実際にイエイやイエウール、スマイスターなどの不動産、マンション売却査定サイトを利用した人の体験談・口コミ・評判をまとめています。
少し記事が長くなりますので、時間のない方は以下のリンクからとりあえずマンション売却の査定を依頼してからまた戻ってきてもらえると理解が深まると思います。

>>>>>>https://www.100sai-movie.jp

査定を依頼する会社は「イエウール」「リビンマッチ(旧スマイスター)」「イエイ」をおすすめしています。

物件の購入の決め手は土地の価値


ライターサトモ:「ますは購入された物件の概要と購入時期を教えてください。」

体験者Aさん:沖縄県の中頭郡にある中古マンションで、2005年に購入しました。成約価格にも不動産査定会社のサービスにも満足しています。価格の値引き交渉もしていただけました。 特に満足だったのは、安い土地ではあったのに値引き交渉をしてもらい、結果として値引きには応じてもらえませんでしたが不動産査定会社に誠意を感じたので満足しました。持ち主は、地域一帯に土地を所有する地主さんでしたので、端数だけでも値引きしてもらおうと交渉してくださったようです。

ライターサトモ:「なるほど。売る側と買う側の攻防があったのですね。ところで、安い土地というのは周辺で売られている不動産の価格が安かったからということだと思いますが、購入前の査定はどのようにされましたか。」

体験者Aさん:最初は売却査定サイトを活用しました。査定サイトですと簡単に検索できるのに、得る情報の量が多いので助かりました。おおまかな数値を把握して、この近辺はこのくらいの価格ということをメモにとり、頭に入れてマンションの購入活動にあたりました。当初は中頭郡に限定して探していたわけではないのですが、将来、自分が買い替えなどで売却するときのことを考えてここに決めました。将来的な土地の価値がどうなるのか、周辺の再開発の計画なども念頭に入れました。このような調査は不動産関係者でない私たちには難しいところもありましたので、今回、担当頂いた不動産査定会社の情報はとても参考になりました。

ライターサトモ:「そこまで相談できる不動産査定会社さんは頼りになりますね。具体的には、どのような情報を得たのでしょうか。」

体験者Aさん:実際にここで暮すのだということを想定して、最寄り駅の再開発に重点をおきました。駅の開発が進めば、それに伴って商業施設の数も増えれば、住民を呼び込むことにもなると思います。そうすると気になってくるのは、学校や病院などの施設の充実度です。実在する施設などは自分でも調べることはできるのですが、再開発の計画などについては不動産関係の方でないと入手するのが難しい情報もありましたので、不動産査定会社からの情報は助かりました。再開発の計画があるかないかで、人口が上向きの地域なのか下降している地域なのかがわかりますので。」

ライターサトモ:「とても賢明に不動産の購入活動をされていたのですね。ところで、ほかにも購入の候補となる物件はなかったのでしょうか。」

体験者Aさん:実は、不動産査定会社の方と一緒にいくつか土地を見てまわりました。査定サイトで調べたところ、予算の範囲内の物件がいくつかありましたので。ただ、そういった物件は不動産査定会社さんからの情報の内容が今ひとつでしたので、候補から外していきました。 ライターサトモ:「情報が今ひとつというのは、具体的な再開発の予定がないといった情報のことで、つまりは人口が下降の傾向が見える地域だったということですか。」

体験者Aさん:物件に割高感があったうえに、再開発の計画がなかったのであきらめました。

ライターサトモ:「割高に感じる物件を無理してまで買っても、土地の価値の上昇は見込めないと考えて、購入するのをやめたというところでしょうか。」

体験者Aさん:物件自体は気に入ったのですが、うちの場合は家族構成から、遠からず買い替えは必須だと思いますので、今無理をするわけにはいかなかいと考えたからです。買い替えを念頭に入れていたので、再開発の計画がない地域は候補から除外しました。

ライターサトモ:「では、購入された物件の周辺は再開発の計画がある地域だったのですね。」

体験者Aさん:今のところは土地の価格が安い地域ですが、今後の地域開発計画があるので価格の上昇が見込めるといった値上がり予想など、不動産査定会社の方が丁寧に説明してくださいました。最終的にはその地域の将来性を見込んで購入を決めました。

ライターサトモ:「不動産は買ったら終わりとはいきません。買ってから長年にわたり住み続け、かつ将来的に買い替え等で売却する可能性もあります。将来的な土地の価値が上がるか、下がるか、周辺の建築計画や最寄り駅の再開発の予定、それに近隣の商業施設の充実度は今後上がっていくのか、教育や病院などの施設は充実しているのかなど、実際に生活している未来の自分をイメージ出来てから購入すべきです。 そういった調査には信頼できる不動産会社の協力は不可欠です。Aさんは、まさに売却して買い替えすることを念頭にマンションを購入しました。Aさんと同じ視点に立って協力を惜しまない不動産会社に出会えたのが、成功の理由でしょう。同じように土地の価値を重視して中古マンションを購入したBさんにもお話を伺ってみましょう。」

ライターサトモ:「ますは購入された物件の概要と購入時期を教えてください。」

体験者Bさん:住んでいたのは、新築の賃貸のマンションでしたが、2017年に宮崎市内の中古マンションを購入して移りました。

ライターサトモ:「新築から中古のマンションに移った理由を教えてください。」

体験者Bさん:賃貸のマンション住まいでしたが、月々に家賃として支払っている額をローンにまわしてマンションを購入しようと思い立ちました。家賃は払ったらおしまいですが、不動産を購入すれば資産形成にもなります。新築ではなく中古マンションにしたのは、予算内の物件が中古だったからです。地方都市ですので中古にすれば、中心部への通勤圏内でもかなりお手頃な物件が多くあります。

ライターサトモ:「お手頃価格で売りに出ているのを知ったのは、事前に査定サイトなどで調べたからですか。」

体験者Bさん:まず、一括査定サイトで自分が住んでいたマンションの価値を調べてみました。それから購入を考えている物件を調べてみました。というのも、賃貸ではなく実際に購入して住んでいたら月々のローンはどの程度になっていたか、ということを知りたかったからです。その後に実際に購入する物件を調べて、今の暮らしと比べてどのくらいの負担になるのか、多くなるのか少なくなるのか、を洗い出してみました。

ライターサトモ:「暮らしの影響を考えてローンの負担の増減を知ろうというのは、影響を一番に受ける主婦ならではの発想ともいえそうですね。」

体験者Bさん:負担が増えるのであれば、外食の回数や子どもの習い事にも影響が出て来ますから。査定サイトで調べていくうちに、不動産を購入するのだという実感もわきました。

ライターサトモ:「実際は負担の増減は、どちらだったでしょう。」

体験者Bさん:金銭的な負担は、ほとんど変わりませんでした。

ライターサトモ:「では、賃貸と分譲とでは気持ちは違いますか。」

体験者Bさん:家計簿上は、名目が家賃からローン返済に変わっただけですけど、子どもに遺せる資産ができたと思うと少しほっとしました。近いうちに加入中の保険の見直しもします。

ライターサトモ:「精神的な負担は軽減されたようですね。ところで、先ほど通勤圏内の中古マンションだとおっしゃっていましたが、住んでいた賃貸のマンションと購入されたマンションでは、地理的な条件は同等くらいなのでしょうか。」

体験者Bさん:住んでいたマンションは最寄り駅までバスを使っていましたが、購入したマンションのほうが駅に近いので、バスを使わなくなりました。ただし、中心部に近いのは住んでいたマンションの方です。通勤時間は、ほとんど変わりません。むしろ、今のほうが中心部から少し離れている分、郊外ならではの商業施設が充実していて、休日に出かけることが多くなったような気がします。

ライターサトモ:「商業施設が充実しているということは、人口も多い地域なのでしょうか。商業施設の充実度や駅周辺の再開発計画の有無は、将来的な土地の価値に関わってきますよね。」

体験者Bさん:実は、今回の物件に決めたのも土地の価値が下がらないだろうと思ったからなのです。マンションは中古でも、地の利がよければ売ることもできると担当の不動産査定会社の方も言っていました。それに新築で駅近の物件だと予算オーバーしていましたので、暮らしを相当切り詰めないとローン返済は難しそうでした。新築にこだわっていると駅から遠い物件になり、周辺のインフラも進んでいないような不便な場所になってしまいます。それだったら、中古マンションで地の利がよく周辺に学校や病院、それに商業施設がそろっているほうが暮らしやすいです。予算内でしたので、生活の質を変えることなく住み替えることができました。実際には中古とは言っても築浅の物件なので、修繕費の心配も今のところはありません。

ライターサトモ:「そのほかに将来の土地の価値について、自分で調べたり不動産査定会社から聞いたりしたことはありますか。」

体験者Bさん:今回、最大手の不動産査定会社に専属でお願いしました。大手だったからか持っている情報が豊富で、かなりたくさん紹介してもらうことができました。その中から将来的に土地の価値が下がらない地域の物件で、予算と条件に合うものに絞っていったという感じです。開発の計画については、担当者の方は知っている情報を全部教えてくださいましたし、情報収集のため市役所にも出向いていたようです。熱心な担当者の方に当たってよかったと思っています。

ライターサトモ:「土地の価値が高い不動産、という目線で購入されたBさん。同じ3000万円の物件でも土地の価値2500万、建物の価値500万という物件もあれば、土地の価値500万、建物の価値2500万、という物件もあります。どちらが将来的な資産形成として有利になるか、Bさんのように生活に沿ってよく考えて購入した方が良いですね。 建物の価値は基本的に目減りしてしまいます。ところが、土地の価値は周囲の環境次第では上がりもしますし下がりもします。土地の価値が上がりそうなところに絞って購入することで、将来的な身動きのしやすさが変ってくることでしょう。さらに、AさんもBさんも不動産会社の優秀な担当者に当たったようで、有益な情報を手に入れて将来的に土地の価値が下がらない不動産を手に入れました。不動産会社の対応には、二人とも満足との回答でした。最後に利便性から戸建でなくマンションを購入したCさんにお話を伺ってみましょう。」

ライターサトモ:「ますは購入された物件の概要と購入時期を教えてください。」

体験者Cさん:京都市内の中古マンションを2010年に購入しました。最初は戸建を探していたのですが、希望するエリアではいい物件がなくて、あきらめかけていました。その希望エリアはマンション建設が盛んな場所だったので、次第にマンションを探すようになりました。希望するエリア内だったことと、利便性のよさが決め手になり、購入を決めました。

ライターサトモ:「マンションだと、中古の物件を探していたのですよね。」

体験者Cさん:中古だと希望に見合う物件が見つからなかったので、最終的には新築マンションを購入しました。立地を第一に考えていたので、そういう土地に建つマンションは中古でも金額が下がっていなくて、それならばと新築にしました。修繕費ですとか、中古には中古なりにいろいろと出費もあるようなので。

ライターサトモ:「立地にこだわったのは、いずれは売却して住み替えをするということも考えてでしょうか。」

体験者Cさん:わが家は共働きなので、少しでも通勤の労力を減らしたかったので駅近は譲れませんでした。中古マンションを探していて気がつきましたけれど、確かに地の利がよければ経年に関わらず売却するときも高く売れますね。結果的には通勤も便利になったし、資産価値も高い不動産を手に入れることができたので大満足です。

ライターサトモ:「担当の不動産査定会社の対応にも満足されましたか。」

体験者Cさん:内見に訪れた時が、仕事の後だったので遅い時間だったのですが、気持ちよく対応してくださいました。こちらを焦らせずにじっくりと細かいところまで見せて頂けたので、助かりました。

ライターサトモ:「エリアを第一優先で不動産を探している方で、戸建もマンションも並行して探しているという方は少なくないと思います。ところが、エリアの特性上戸建が少ない、マンションが少ない、という偏りは出てきます。 Cさんの希望するエリアは、マンションエリアだったようですね。 選択肢があまりない中で、物件種別にこだわってしまうと、長期的に決まらない、あまり気に入っていないけど時期が迫っているから買ってしまった、などと悔いが残る結果になる可能性すらあります。そのような中、冷静な判断を最後まで見失わなかったCさんは、立地的な条件にぴったりな物件に出会えて購入を決めたということでしょう。」

ここまで記事を最後まで記事を呼んでくれた方はいろいろと比較したい方です。
たくさん売却査定結果を比較することが成功への最短経路です。
ぜひ、大手査定会社3社からすべて査定をとってみてください。

>>>イエウール/
>>>リビンマッチ(旧スマイスター)/
>>>イエイ/ 

マンションを売却したい方必見!>>>>>マンション売却体験談
・・・マンションの査定から売却までのさまざまな体験談を紹介しています。

タイトルとURLをコピーしました