【結論】マイスミEXを選択して売却することがベストな選択

中古マンション売却マニュアル

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

「初めてマンションを売却しようと思っている」
「マンションを売却して一戸建てに住み替えを考えている」
そんな時にまず何から始めたらいいのでしょうか。初めて不動産を売却する場合にも分かりやすく、便利で安心な一括査定サイトを利用して不動産を売却する方が増えています。
一括査定サイトは、ご自宅のパソコンやスマートフォンなどを使って、複数の不動産査定会社に一括で査定を依頼出来るシステムです。
さて今回はそんな便利な一括査定サイトの中で、口コミでも評判の良い「マイスミEX」についてご紹介していきます。

不動産の売却を決めたらマイスミEXでスタート


「マンションを売却して住み替えたい」
「所有している土地をどうしたらいいのか検討したい」
マンションや一戸建て土地など不動産の売買では、大きな金額が動きます。よほどの資産家や投資家でも無い限り、頻繁に不動産の取引をするといった機会はないのが普通でしょう。しかし、大きな金額が動く不動産の売却です。よく分からない初めての経験だとはいえ、失敗したくはありません。所有している不動産をより高値でよりスムーズに売却するためには、まずどんな選択肢があるのか、どんなサービスを提供している会社があるのか、よく比較検討することが大切でしょう。
マイスミEXは、不動産に関してのサービスを専門に提供している会社を比較して検討することが出来る、住まいに関する総合比較サイトです。不動産売却の価格査定や、土地活用に関する資料請求および不動産管理会社への一括問い合せが主なサービスとなっています。マイスミEXのサービスを利用することで、査定額や土地活用などのプランを簡単に比較できるでしょう。また、複数の業者へ連絡するといった煩雑な作業が一括でスムーズに行えます。

マイスミEXを運営しているのは、株式会社じげん。生活に密着した様々なイベントに関して、Webサービスやメディアの企画と運営を行っている会社です。不動産売却査定以外にも、リノベーションや引っ越し見積もりなど多くの比較情報サイトを運営しています。企業理念として「生活機会(より良く生きる選択肢)の最大化」を掲げているように、比較情報の提供にこだわったサービスを提供しています。
不動産を売却するには法律など専門的な知識も必要となるので、個人が自分で取引を成立させることは現実的ではありません。専門の業者に仲介などを依頼する方法が一般的でしょう。一口に不動産会社といっても、賃貸が得意な業者、売買が得意な業者、様々特色があります。初めて不動産の売却をする場合には特に不動産業者の対応が適切なのか、査定額の相場が適正なのかを見分けるのは非常に難しい事だといわざるを得ません。しかし、マイスミEXのように複数の査定業者を比較出来るサービスを利用することで、所有している不動産に適したより良いサービスを選択する事が出来るでしょう。不動産業者の物件に対する経験値や自信が査定額やその査定額を出した根拠の確かさに顕れてくるからです。例えば1社だけに査定を依頼しただけでは分からないかもしれませんが、複数社を比較して検討することでより確実により良い業者を選択する可能性が高まるでしょう。

次に無料で利用出来る不動産売却一括査定サイト「マイスミEX」について、その特徴や利点などを詳しく解説していきます。

一括査定サイト「マイスミEX」は信頼できるか


不動産の売却査定で、マイスミEXを利用しようかと考えてはいるが、信頼できるサイトなのかどうか気になっている方もいらっしゃるかもしれません。査定の依頼では、不動産の住所や個人情報を入力する必要があります。しっかりした会社によって運営されているサイトなのかどうかは気になるところだと思います。
まずは、マイスミEXの運営会社について見ていきましょう。

マイスミEXを運営しているのは、先にも述べましたが、株式会社じげんというベンチャー企業です。会社の概要は次のようになっています。

【会社名】株式会社じげん(ZIGExN Co.Ltd.)
【設立年月日】2006(平成18)年6月1日
【代表取締役】平尾 丈氏
【事業内容】ライフメディアプラットフォーム事業
【本社】東京都港区虎ノ門
【資本金】2,527百万円(2018年3月末時点)
【株式公開】東証一部上場

求人、住まい、車、旅行などの様々なライフイベントでより良い選択肢を提供するためのサイトを運営しています。マイスミEXをはじめとして、インターネットメディアおよびリアルメディアの複数の情報を統合して、検索や応募、問い合わせ等を一括して行うことが可能となっています。
会社の沿革を見ていくと、2013年11月に東証マザーズ上場を果たしています。東証マザーズは、ベンチャー企業向けに開設された市場です。上場には今後成長が見込めるかどうかが条件となります。東証一部や二部へ上場する条件が創業年数や利益の額を重要視するのとは違い、例え赤字であっても成長が見込まれると判断されれば上場が可能なのですが、2018年6月にはマザーズから東証一部へ上場市場を変更しています。2018年には11期連続で増収増益を達成しており、安定した経営が評価された結果だと言えるでしょう。また、マザーズ上場以来、次々と企業の合併および買収(M&A)を実施しています。2014年には人材ビジネスの基幹システムを提供している株式会社ブレインラボ、2016年には不動産ホームページの作成を行っていた株式会社エリアビジネスマーケティング、2018年に海外ホテルの予約サイトを運営している株式会社アップワードホールディングスの株式を取得するなどして事業提携を行っています。新たな事業開発や投資にも積極的に取り組んでおり、急成長を続けている会社となっています。

また、マイスミEXを運営している株式会社じげんは、プライバシーマーク認定企業となっていますので安心して利用することが可能です。 査定を依頼する場合には、物件の情報や自身の個人情報を入力しなければならないので、この情報が漏れて悪用されたりしないか、不安になる方もいらっしゃるでしょう。自分が利用しようとしているサイトが、個人情報の取り扱いに問題がないか判断出来る基準が1つあります。それは、サイトがプライバシーマーク認定企業によって運営されているかどうかです。
プライバシーマークというのは、一般財団法人日本情報経済社会推進協会によって認定されて初めて使用が出来るものです。日本工業規格である「JIS Q 15001個人情報保護マネジメントシステム-要求事項」に適合して、個人情報について適切な保護が出来る体制を整えている事業者に付与されます。付与された事業者は、事業活動を行う際にプライバシーマークを使用する事が認められるという制度です。
プライバシーの保護に関しては、平成17年4月に施行された「個人情報の保護に関する法律」によって、個人情報を取り扱う事業者はこの法律に適合することが求められています。プライバシーマーク認定企業は、この法律に適合していることはもちろんのこと、事業者が自主的に体制を整えて、法律適合以上の厳しい基準をクリアしていると認められている、という事になります。個人情報の扱いに関して、事業者全体で適切に取り扱う事を徹底して取り組んでいるという事になりますので、個人情報を提供する側としてはより安心して利用することが出来ると言えるでしょう。

>>>イエウール/
>>>リビンマッチ(旧スマイスター)/
>>>イエイ/ 

マイスミEXは手軽に利用出来る


「不動産を売却したいと考えてはいるが、なかなか検討する時間が取れない」
「平日の日中には不動産査定会社に連絡する時間が取れない」
仕事や家事、育児に忙しく、不動産の売却を考えてはいるがなかなか時間が取れない方も多いでしょう。そんな方には特に、マイスミEXのように手軽に24時間利用出来る一括査定サイトがおすすめです。自宅に居ながらにして、複数社の査定が受け取れて比較検討が出来るので、手間が掛かりません。

マイスミEXで査定を依頼する流れを見ていきましょう。マイスミEXのサイトは初めての場合でも分かりやすく入力も簡単です。

まずはマイスミEXのサイトにアクセスします。
「あなたの不動産はいくら?」と表示のある下に売却査定したい不動産の所在地を入力していきます。
【STEP1】「都道府県」をドロップダウンリストから選択します。
【STEP2】「市区町村」も選択します。
【STEP3】では「物件種類」を選択します。選択肢は「分譲マンション」「一戸建て」「土地・農地」「区分マンション」「マンション一棟」「アパート一棟」「ビル一棟」「区分所有ビル」「店舗・工場・倉庫」「その他」になります。
すべて入力が終わったら「今すぐ査定する(無料)」ボタンをクリックします。

次の画面に遷移するので、物件の情報をより詳細に入力していきます。今回は分譲マンションの場合で説明していきます。
必須で入力する項目としては、町名・丁目・番地、建物名、部屋番号、専有面積、間取り、建築年、現況、査定物件との関係となります。
現況というのは、その物件が居住中なのか、賃貸に出しているのかなどを選択します。査定物件との関係では、査定を依頼しているのは物件の名義人なのか、名義人の家族・親族なのか売却権限を持つ代理人なのか、などから選択します。
全て必須項目を入力し終わったら「あと少しです」のボタンをクリックです。

クリックすると個人情報を入力する画面が出てきます。
名前と電話番号および連絡先の住所は必須項目です。査定を依頼する物件と住所が同じ場合には「物件の住所と同じ」というボタンをクリックすれば自動で入力されます。あとは、売却目的を「売却するため」「価格次第で売却を検討したいため」「他社で売れないため」「住み替えのため」「相続のため」「転勤のため」「離婚のため」「住宅ローンの返済が厳しいため」「所有者が高齢のため」「資産整理のため」「その他」から選択します。
売却を考えた場合どのように考えているのかを「売却傾向」で選択します。選択肢は「できるだけ高く売却したい」「できるだけ早く売却したい」「価格を知った上で検討したい」「現在契約中の会社と比較したい」になります。
訪問査定か、机上査定かを選択します。メールアドレスは必須項目ではありませんが、電話連絡ではなくメールで連絡が欲しい場合などは入力して、コメント欄に記入しておくと良いでしょう。
「次が最後です」のボタンをクリックすると査定が依頼出来る会社が自動で選択されて表示されます。最大6社まで同時に査定を依頼する事が可能となっていますので、査定を依頼したい不動産業者を選択して「売却査定を受ける」ボタンをクリックすれば、選択した複数の査定業者に物件の情報が送信されて査定依頼は完了です。

売却する不動産に関する情報とご自身の連絡先などを案内に沿って入力していけば、驚くほど簡単に査定依頼が完了します。マイスミEXを利用して査定を依頼する際に料金は一切掛かりません。あとは査定を依頼した会社から査定額の連絡が来るのを待ちましょう。

より高値で売却するためにマイスミEXを利用


マイスミEXはプライバシーマーク認定を受けているので安心して利用する事が出来て、簡単に入力ができるので手軽なだけではありません。所有している不動産をより高値で売却したい、という方はマイスミEXのような一括査定サイトを是非利用するべきでしょう。
マンションなど不動産を売却する際に気になるのは「いくらで売却出来るのか」、という点だと思います。大切な資産である不動産ですから「出来るだけ高く売りたい」と誰しも考えるでしょう。出来るだけ高く売却するためにはどうしたらいいのでしょうか。マイスミEXのような不動産一括査定サイトでは、複数の不動産会社の査定額を比較する事が出来ます。より高値で売却を成功させたいと考えているなら、査定額を比較する事、また査定額だけではなく、実際の業者の対応などをしっかりと比較して検討することが大切です。
なぜなら、より高値で売却するには、売却する不動産にマッチした信頼の出来る不動産業者に仲介を依頼する事が必要だからです。

実際に一括査定を利用してみるとお分かりになると思いますが、物件は1つなのに査定結果は業者によって金額に違いがある事が多いのです。マイスミEXの公式サイトの口コミ体験談にも、査定金額の高い業者から安い業者では1200万円もの差があったとあります。そこまでの大きな金額差は珍しいにしても、業者による査定金額の違いは多かれ少なかれあり得ます。どうしてこのような差が出てくるのでしょうか。
不動産業者がマンションなどの売却価格を査定する際には、過去の取引で似たような物件価格を参考にします。その際に、その業者の持っているその市場の相場観が反映される事になります。不動産業者の算出する査定価格というのは、その価格で売りだせばだいたい3ヶ月くらいで成約するだろうと業者が見積もった金額です。現在同様の物件の引き合いが強いと感じているならば多少強気の価格でも売却出来そうだと判断するでしょう。過去の取引状況よりも需要が少し落ち込んでいるようだと判断すれば早期で売却を図るためにも若干抑え目の価格を査定したりする事も考えられます。そのような不動産業者独自の営業スタイルによる違いなどから査定金額というのは上下します。とはいえ一概に査定金額が一番高い業者に任せればいいのかというと、必ずしもそれが良い結果につながるとは限りません。どの業者に仲介を任せるのかは難しい判断かもしれませんが、必ず1社だけではなく複数社から査定を取って比較をする事です。査定金額、その査定金額になった根拠、業者の営業戦略、担当者との相性などを総合的に見てご自身の目で判断するのが大切です。

マイスミEXは最大6社から同時に査定を受ける事が出来ます。安心で手軽に利用が出来るマイスミEXを利用して不動産売却をスタートさせて下さい。

>>>不動産やマンション売却査定サイトはマイスミEXを利用しよう!

タイトルとURLをコピーしました