マイスミEXで査定をとった人の口コミと評判は?信頼できる会社?

不動産査定会社の口コミ評判

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

記事では実際にマイスミEXの不動産、マンション売却査定サイトを利用した人の体験談・口コミ・評判をまとめています。不動産会社スマートアンドカンパニーが一括査定サイトマイスミEXについて解説していきます。

記事では以下の内容がわかります。

  • マイスミEXで一括査定した方の良い口コミ・悪い口コミ
  • 運営会社の評判
  • マイスミEXがおすすめな理由

マンション売却の査定は一括査定サイトの利用が便利です。一括査定サイトの中でも人気のあるおすすめサイトについてまとめた最新一括査定サイト人気ランキングも是非参考にしてみて下さい。

Contents

【結論】マイスミEXを選択して売却する事がベストな選択

マイスミEX選択がベスト
不動産売却で失敗をしたくないと考える多くの方が、マイスミEXのような不動産一括査定サイトを利用しています

「所有しているマンションを売却して住み替えたい」
「親から相続した戸建てを売却したい」

マンションや戸建て、土地などの不動産を売却しようと考えた場合に、まず何から始めたらいいのでしょう。投資家や資産家で不動産の売却には慣れているという場合はともかく、初めて売却するといった方も多いでしょう。しかし、不動産の売買には法律や税金など専門的な知識が分かっていないと難しい部分も多くあります。よく分からないまま、しかも大きな金額が動く取引をしなければならないのです。大切な資産である不動産を手放すのですから、安く売りすぎて損をしたくはないでしょう。また、売れ残ってなかなか売却出来なかったといった失敗も避けたいところです。そのためには、事前に売却する不動産の資産価値を知っておくこと、信頼出来る評判の良い不動産業者に仲介を依頼する事が大切になってきます。その2つを同時に実現できるのが一括査定サイトです。数ある一括査定サイトの中から今回はその中でも、マイスミEXの評判や口コミを詳しく解説していきます。

一括査定サイト「マイスミEX」がおすすめの理由

マイスミEXがおすすめできる理由
一括査定サイトでどのサイトを利用するべきなのか迷ったときに、お薦め出来るサイトとしてマイスミEXがあります。比較的新しい一括査定サイトですから初めて耳にする方もいるかもしれません。

どういう一括査定サイトなのか不安に思われる方は、後述の口コミ体験談・評判を読んでみてください。より検討していただくために、良い口コミ、悪い口コミ様々ピックアップしてみました。マイスミEXは安心して利用することができますが、その評判をご自身の目で確かめて下さいね。
マイスミEXの特徴として、「安心して利用出来る」「手軽に利用が出来る」「高値で売却することが可能になる」という点があげられます。こちらについても次章で利用者の評判と口コミをまとめてありますのでぜひ読んでみて下さい。マイスミEXの実際の評判を知ることができますよ。

「マイスミEX」の運営会社はプライバシーマーク認定企業

マイスミEXの運営会社は、東証一部上場企業の株式会社じげんというベンチャー企業です。この運営会社については後ほど詳しく見ていきたいと思います。プライバシーマーク認定企業となっていますので、個人情報の取り扱いもしっかりしています。査定の依頼には連絡先の入力が必要なので個人情報の取り扱いには気をつけたいところですが、マイスミEXは安心して利用することが出来ます。
また、忙しい方でも手軽に、初めての方でも簡単に査定依頼が可能です。ご自身の都合の良いときに自宅のパソコンやスマートフォンから物件情報などを入力するだけです。マイスミEXのサイト構成は分かりやすくとてもシンプルです。初めて売却査定を依頼する場合にもストレス無く済むでしょう。

「マイスミEX」での一括査定は忙しい方にもピッタリ

「日中は忙しくてなかなか不動産会社に連絡が取れない」
「不動産の売却が初めてでどの不動産会社に連絡を取っていいのか分からない」
そんな方は特に、無料で複数の不動産業者に査定が依頼出来るマイスミEXのような一括査定サイトをおすすめします。
また、より高く、よりスムーズに不動産売却を成功させるためには、仲介を依頼する不動産会社選びが重要です。そのためには、複数の業者から査定を取ってみることです。実際に複数の業者とやり取りする中で、「この担当者は説明が分かりやすくてよさそう」とか、「熱意がありそうだし、この業者なら安心して任せられそうだ」、逆に「この担当者は何だか説明が分かりにくい」など色々比較が出来るでしょう。マイスミEXでは全国の厳選された優良な不動産会社と提携していますので、より良い不動産業者選びに役に立つでしょう。

マイスミEXの評判は?利用者の口コミ・評判はコチラ

マイスミEXの利用者口コミ
より高値で、よりよい条件で、マンション売却を成功させたいと考えている方の多くがマイスミEXのような一括査定サイトを利用しています。マイスミEXの公式サイトにある実際の口コミ体験談から、評判を見てみましょう。

マイスミEXの良い口コミ

【都内一軒家を売却した66歳男性のケース】
定年して都心に住む必要性もなくなったので売却して郊外で広い家に住み替えを検討した。しかし、相場もよくわからないし、いくらで、どのように売り出せば良いのか分からずに悩んでいたところ、一括査定サイトがあることを知った。インターネットの操作が少し心配でしたが、マイスミEXはシンプルで分かりやすかった。4社に査定してもらい、電話して印象の良かった業者に仲介を依頼。2ヶ月経っても売却できなかったので値下げをしようかと相談したが、担当の方が私を止めてくださり、損をせずに済んだ。結局3ヶ月目に売れて、不動産にしては遅くない、早い方だと聞き安心した。
【マンションを売却した42歳女性のケース】
夫の海外転勤が決まったので大阪のマンションを売却か貸出すか迷っていた。そこで、売ったらいくら位になるのか一括査定サイトで査定を試すことに。マイスミEXはページに余計な情報がなく、シンプルで非常に使いやすい。5社に査定してもらったせいか、営業の電話が何回か掛かってきたのは残念だった。電話が要らない人は先にコメント欄に残しておくと良いと思う。結局査定結果の高い業者に依頼することにし、転勤予定もあるので、なるべく早期に売りたいということを伝えて値段設定を少し低く設定。担当の方が親身で気持ちよく売却できた。
【マンションを売却した33歳女性のケース】
出産を控え広い一軒家を購入するため、神奈川県のマンションを売却した。一括査定でいくら位で売れるのか見てもらったが、購入した時より若干値段は下がったものの、綺麗に使っていたせいかあまり古い感じがしないため購入当初の価格とほとんど変わらなかった。結局一番高く査定額を出してくれた業者に依頼したが、早く売却したい要望を出し、価格はやや低めに設定。そのため売り出したらすぐに買い手が見つかった。
【アパート一棟売却した57歳女性のケース】
夫が8室のアパートを所有しており、家賃収入を得ていたが、老朽化がひどくなり空室も増えてしまい売却を決意。マイスミさんでは簡単に査定が行え、不動産業者さんへ連絡が取れた。地元には古い付き合いの不動産屋さんも居たが、老後資金を考えるとやっぱり他と比べたかった。思っていたよりも高い見積もりがあり、夫と相談して話をまとめたい。
【分譲マンションを売却した33歳男性のケース】
マイスミを利用したのは、査定で1000万以上の価格差が出ると書いてあったから。さすがに1000万の差は出ませんでしたが、近所の不動産業者よりも300万は高い見積もりが手に入った。もう少し交渉しつつ、別の業者との交渉も進める予定。
【分譲マンションを売却した39歳女性のケース】
マイスミの良い部分は、最大に6社へ同時に見積もりができること。一点だけ難点を挙げるなら、過剰な期待をしてしまうぐらい。他よりも高い査定がされるように書いてあるが、至って普通の物件だと妥当な査定金額になる。
【マンションを売却した52歳男性のケース】
以前に他の不動産査定サービスを利用したことがあるが、どこもそんなに変わらないという印象。
実際、不動産査定サイトは受信した情報を各不動産屋にばら撒くだけであり、サイトに寄って大きな差は少ないのだろう。とは言え、スムーズに売却することができて助かった。
【一軒家を売却した61歳女性のケース】
4社からの見積もりを受けたが、1200万・1180万・1200万・1190万とほぼ同等。HPで謳っているほどの差はでない。多少でも高く売れたと思えば良しとすべきか。
【分譲マンションを売却した39歳男性のケース】
「6社に査定を依頼して査定結果を提示されたが、5000万から6200万円で最大1200万のさがあった。査定額が不動産会社によってこんなにも違うことに驚いた。もし1社だけの査定で決めていたら損をしていた可能性があると思うと少し怖い。」
【アパートを売却した49歳男性のケース】
「ある不動産会社に媒介を依頼していたが、なかなか売れずに放置状態だったため、もう一度依頼先を探すためにマイスミEXを利用。会社ごとに得意分野があることを初めて知った。何社かに一括見積もりで売却が得意な会社を見つける事が出来、やっと売ることができた。」
【その他の良い口コミ】
・操作にかかった時間は数分。無料で査定結果を見ることができるのは良い。
・小さな不動産会社から高い査定額が出てきて疑いの念が湧いた。しかし高く売れる理由が明確で、対応も早く親身だった。自分で不動産会社を探していたら出会えなかったろうと思う。
・複数の会社に査定してもらったところ、査定額に1,000万円以上の開きがあった。安売りを避けることができた。
・不動産会社により得意分野が異なる点に気づかされた。私の所有物件と似た条件を得意とする会社を見つけることができ売却できた。

マイスミEXの悪い口コミ

【一戸建てを売却した45歳男性のケース】マイスミは少しお節介に感じた。「なぜ売却するのか、別の良い形があるかもしれない」という提案を受けたが、自分のものをどうしようと、こちらの勝手。こうした提案に感謝する人も居ると思いますが、自分には傍迷惑に感じた。
【その他の悪い口コミ】
・期待したほどの価格差がでずガッカリ。これなら地元で懇意にしている不動産会社に依頼する。
・売却しか考えていないのに、賃貸の提案をされて意見が食い違った。
・登録業者が少ない、東北地方の物件だと査定を出してくれる会社は1社だけ。
・埼玉県の不動産だったが、査定できる不動産会社がなく残念だった。

マイスミEXのような一括査定サイトを利用してみて良かった、という口コミ体験談が多く寄せられているようです。評判はおおむね上々といった印象ですね。査定金額に1200万円もの差が付くというのは驚いてしまいますが、そこまでとはいかなくても、各社の査定金額にばらつきがあるのはよくある事です。
また、口コミにもあるように、なかなか売れなかった物件が不動産会社を変えたらすぐに売却出来たというケースもあります。それは、不動産会社によって得意としている物件の種類が違ったり、相場の見込みが異なったりするためです。しかし、売却しようとしている不動産に適した会社がいったいどこなのかは情報が少ないのでなかなか分かりにくいのです。一つ一つの物件によって得意とする不動産会社は異なりますので、そこをうまく結びつけてくれるのがマイスミEXのような一括査定サイトなのです。マンションの売却を成功させるために、無料で利用でき、評判の良い口コミの多いマイスミEXをぜひ活用して頂きたいと思います。
所有している物件に合った不動産業者を選ぶ事が、より高値でよりスムーズに売却を成功させるためには重要です。マンションの売却を依頼する仲介業者を決める際には、単純に査定額の高い・安いを比較するだけではなく、その査定額の根拠や、過去の似たような物件の取引実績、営業担当者の対応の良し悪しなど相性をよく確認した上で、総合的に判断するのがおすすめです。ぜひ利用者の口コミ体験談・評判を参考に検討してみてください。

マイスミEXでの査定依頼は下のバナーからどうぞ。

「マイスミEX」の運営会社・株式会社じげんの評判は?

運営会社・株式会社じげんの評判
マイスミEXの利用を考えている方の中には、いったいどんな会社が運営しているのか気になっている方もいらっしゃるかもしれません。一括査定サイト「マイスミEX」は2015年から運用が始まりました。他の一括査定サイトと比べると比較的新しいサイトです。マイスミEXの運営会社・株式会社じげんについてまずは基本データから見ていきましょう。

「マイスミEX」の運営会社は東証一部上場企業

【会社の基本データ】
株式会社じげん
創業・2006年6月
代表取締役社長執行役員CEO・平尾丈氏
本社オフィス・東京都港区虎ノ門(他に大阪、沖縄にオフィスを構えています)
資本金・2,527百万円(2018年3月末時点)
株式公開・東証一部上場

2018年6月には東証一部上場を果たしています。「ライフメディアプラットフォーム」という独自のビジネスモデルを柱として、創業以来増収増益を重ねている企業です。
「ライフメディアプラットフォーム事業」というのは、就職、すまい、結婚、旅行、車など生活していく上で欠かすことの出来ないライフイベントに特化して展開している事業です。住まいに特化したサイト「マイスミEX」の他にも、薬剤師求人情報検索サイト「薬剤師求人EX」、引越し見積もり情報サイト「引越見積もりEX」、中古車情報サイト「中古車EX」など、十数のサイトを運営しています。
より厳しい基準をクリアしないと上場出来ない東証一部に上場している企業ですので、信頼度としては問題ないと言えるでしょう。

「マイスミEX」の運営会社はプライバシーマーク認定企業

もう一つより安心して利用出来るポイントがあります。
株式会社じげんは、プライバシーマーク認定を受けた企業です。マイスミEXのサイトを見るとトップページの一番下の右側に「P」のロゴマークが表示されています。これがプライバシーマークです。
このロゴマークを使用するには、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)によって認定を受ける必要があります。認定を受けるには、個人情報保護法以上の厳しい基準をクリアし、個人情報に対する運用や体制がきちんと整えなければならないのです。コストや手間を掛けて取り組まなければならないですし、社内全体で意識して取り組む必要があるので企業全体での努力が必要となります。このプライバシーマーク認定を受けているということは、個人情報を提供してサービスを受ける我々ユーザーによっては、安心して利用出来る判断基準となります。
査定の依頼には、依頼者の氏名や連絡先の住所、電話番号など個人情報を入力する必要があります。他の査定サイトを見てみると意外にプライバシーマーク認定を受けているサイトはそれほど多くはありません。マイスミEXは、個人情報の取り扱いに配慮しているため安心して利用出来るサイトであると言えるでしょう。

不動産売却で「マイスミEX」を利用した方がいい理由とは?

マイスミEXを利用した方がいい理由
「失敗は成功のもと」といいますが、一生に一度かもしれない不動産の売却に失敗をしてもいいと思う方はいらっしゃらないでしょう。「売却がうまくいかなかった」、「失敗だった」と感じている方の口コミ体験談などを見ると、「売れ残ってしまってなかなか売却出来なかったが、不動産会社を変えたらすぐに売ることが出来た」「最初の査定額が高かったので喜んでいたら、結局は売却価格を下げて売らざるを得なかった」という声も聞きます。なぜそのような失敗が起きてしまうのでしょう。

「売却する不動産の相場を知らずに高く売り値を設定してしまった」
「売却する不動産に合った不動産業者ではなかった」

この2つが主な要因だと言えるでしょう。このような残念な結果を避けるためにはマイスミEXのような一括査定サイトを利用して最適な選択をするべきです。

「マイスミEX」で一括査定を取ると売却に最適な不動産業者選びが出来る

最適な不動産会社選び
「なかなか売却出来なかったが、不動産業者を変えたらすぐに売れた」
そのような失敗の原因は、不動産業者選びを間違えてしまったという事が考えられます。
全国には、大小様々数多くの不動産会社が存在しています。公益財団法人不動産流通推進センターの発表している統計データ不動産業統計集によると平成28年9月時点での不動産業の法人数は32万社を超えています。
不動産会社、と一口に言っても、実はそれぞれの会社で得意な分野が異なる事が多くあります。例えば、このエリアの中古物件の売却に強いとか、土地の取引では豊富な実績がある、戸建てよりはマンションの取引を得意としている、といった具合です。ですから、たまたま知り合いの不動産会社にマンションの売却を依頼したがなかなか売れないといった口コミは良く聞かれますが、実は土地の売却は得意だがマンションにはあまり実績がない業者だった、というケースも考えられます。仲介を依頼された不動産業者は客から仲介を依頼されればまず断ることはないでしょうが、そのような多くの場合売却はスムーズには進まないでしょう。

そういった残念な事態を避けるためには、「売却に最適な不動産業者を選ぶ事」が必要だと言えます。そうはいっても、個人が数ある不動産会社の中から最適なパートナーを選び出すのは大変です。また、不動産業者側でも、自分が得意としているエリアで得意とする物件を売却したいと考えている顧客を探すのはとても大変なことです。
それをうまく結びつける事が出来るのが、マイスミEXのような不動産一括査定サイトです。エリアと物件種別で業者を絞り込み、ユーザー側に紹介してくれます。不動産を売却する上で欠かせない仲介業者選びも、一括査定サイトを利用することで簡単に手軽に行う事が出来ます。仲介を依頼する業者を選ぶ際には、査定額を算出した根拠や、説明のわかりやすさ、担当者の対応や担当者との相性などを比較して検討しましょう。

スマイスター(リビンマッチ)の評判と口コミは?マンション売却査定サイトはどこがいい?
マンションや不動産の売却を考えている方は、どの一括査定サイトを利用すれば高値で売却できる良い不動産会社に出会えるのかと悩む方が多いです。 一括査定サイトは、多くの種類のサイトがあり、それぞれのサイトに特徴があります。 今回は、その中でも...
イエウールの口コミと評判は?大丈夫な会社なのかを調査
イエウールは、「イエウール しつこい」などの評判が見られますが大丈夫な会社なのでしょうか?不動産会社のスマートアンドカンパニーがイエウールの評判を調査してまとめました。
イエイの評判や口コミは?マンション売却でイエイを利用するメリットとデメリット
不動産やマンションの売却を検討しているとき、少しでも高く早く売却するためには、不動産一括査定サイトで優秀な不動産会社を探すことが大切です。では、数ある査定サイトの中からどのサイトを選べば良いのでしょうか?ランキング1位の査定サイトイエイをご紹介します。

一括査定サイト「マイスミEX」利用で相場を知ることが出来る

相場を知ることの重要性

相場を知る、という事はなぜ必要なのでしょうか。
相場を知らないまま売却に臨むと、相場より高すぎる売り値を設定してしまうかもしれません。逆に安すぎる価格を設定してしまった場合、すぐに買い手は付くかもしれませんが、もう少し高値でも売却出来たかもしれないところを安く売りすぎて損をしてしまったという事になります。
土地や中古マンションを売却する場合に、この価格で売らなければならないといった決められた価格はありません。不動産を所有している売主は、いくらで販売するかを自分で自由に決めて売り出していいのです。しかし、不動産を含めて市場の価格は需要と供給で決まります。例えば所有している物件が都心の人気エリアにある稀少物件だったらどうでしょう。ある程度強気の価格でも、是非欲しいという買い手がいれば、売却出来る可能性は高いと言えるでしょう。しかし、駅近くの便利な立地の物件でも、同じマンション内で同時期に何部屋も売り出されていたという場合には、少し価格を下げないとなかなか売れないかもしれません。ですから、売却を考えている不動産が現在どのくらいの価格で売却出来そうなのか、近隣エリアの市場の相場価格はどのくらいなのかをあらかじめ押さえておくことが重要になってきます。
そのためには、1社だけの査定ではなく、マイスミEXのような一括査定サイトを利用して複数社に査定を依頼しておくことが大切です。複数の不動産会社からの査定を受けると、それぞれの査定額には結構幅がある事が多いのです。

ここで高い査定額を付けてもらえるとつい嬉しくなってしまいますが、査定額が算出された根拠をしっかりと確認しましょう。査定額を算出する際には多くの場合、過去の似たような物件の取引データを参考にします。そのデータがあまりに古かったり、まったく間取りもエリアも異なる物件だったりした場合には、根拠がしっかりしていない査定額とも考えられます。その業者は同じような物件種別の売却に関して実績が乏しいのかもしれません。一方、近隣エリアで似たような間取りの物件の取引データを豊富に参考にしている査定額では、より信頼出来る査定額であると考えられるでしょう。
買い手としてはより安くより条件の良い物件を色々比較しながら探していますから、価格にはシビアです。業者の査定額を鵜呑みにして相場からかけ離れた売却価格を設定してしまうと、買い手の検討範囲から外れてしまい売れ残ってしまう可能性もあります。売却を考えたら近隣の不動産売却情報などをこまめにチェックしつつ、ある程度の相場観を掴んでおくと良いでしょう。

マンションを高値でしっかり売却したい人が「マイスミEX」にベストマッチ

高値で売却したい場合は

中古マンションの売り時がきている

中古マンションの成約価格は現在高い水準を保っています。2020年のオリンピック・パラリンピックの開催後は景気が失速するとの見方が多い現在、マンションを売却しようと考えている方にとって、今が売るには絶好のタイミングかもしれません。
2019年1月に公益財団法人東日本不動産流通機構が発表した2018年1~12月の首都圏における不動産流通市場の動向によると、中古マンションの成約件数は4年ぶりに前年を下回ったものの、3年連続で37,000件台という高水準を保っています。成約した物件の㎡単価は6年連続で上昇しています。この㎡単価は6年前と比べてみると35.1%もの大幅な上昇をみせています。また、成約価格の上昇も6年連続となっています。これは首都圏だけに見られる動向ではなく、㎡単価、成約価格共に、すべての都県・地域で上昇がみられているようです。
一方、中古の戸建てや土地の取引では、中古マンションのような勢いのある上昇は見られません。中古マンションの取引が活発になっている要因はどこにあるのでしょうか。

新築マンションの価格上昇が中古マンション市場を活発にしている

要因に、新築マンションの価格の上昇が挙げられます。公益財団法人東日本不動産流通機構が発表した2018年9月までの統計資料「2018年不動産業統計集・不動産開発」によると、首都圏の新築分譲マンションの平均分譲価格は平成20年には4,775万円でしたが、平成29年には5,908万円まで上昇しています。新築分譲マンションの価格の上昇は首都圏だけの話ではありません。首都圏ほど高値ではないにしろ全国的に上昇傾向となっています。これほどまでに新築のマンション価格が高騰している原因は、土地の仕入れ値の高さや建築資材の高騰、人手不足による人件費の高騰等があげられます。マンションを購入したいと考えても、新築では平均が6,000万円近いのですから、初めてマイホームを購入するような若い世帯にとっては購入を躊躇してしまう方も多いでしょう。新築マンションは、一般の購買層には手の届きにくい価格帯になってしまっているのです。一方、中古マンションの平均成約価格は、「2018年不動産業統計集・不動産流通」によると首都圏の平均で3,300万円ほどです。新築のおよそ半分とはいかないまでもそれに近い価格帯で購入できることになります。ですから新築分譲マンションよりも割安感のある中古マンションへの需要が高まっているのです。
2019年10月に消費税が増税しました。新築マンションの販売価格には課税がされるためその影響が懸念されていますが、売主が個人の中古マンションの売却価格に消費税はかかりません。ですから、今後も引き続き中古マンション市場は活発に取引が続くと思われます。
しかし1つ気をつけておかなければならない点があります。新築よりも割安感のある中古マンションの需要が高まってはいるものの、在庫数も増加している、という点です。つまり、供給が過多になってきているのです。そのため、売る側は競合物件など市場の状況によって販売価格を慎重に設定しないといけなくなってきていると言えるでしょう。
このような状況下でも、より高値でマンションを売却したいと考える場合に是非活用したいのがマイスミEXのような不動産一括査定サイトです。

「マイスミEX」を利用してマンション売却成功を目指す

マイスミEXで売却を目指す

現在、中古マンション市場は活発に取引が行われています。その背景には新築分譲マンションの価格が上昇しすぎた事で、より割安感のある中古マンションへ購買層が広がっているという背景があります。取引価格は緩やかな上昇もしくは横ばいを続けています。この好況な売り時を逃さずに売却を成功させるために押さえておきたいポイントをまとめておきましょう。

「マイスミEX」を利用して売却する不動産の相場を知ること

市場は好況とはいえ、中古マンションの在庫数は増加傾向です。供給過多といえる状況ですからより適正な価格を設定しないと売却が難しくなってきていると言えるでしょう。売却したい価格よりも値を下げないと売れない、といった状況も考えられます。
相場を知ることがますます難しくなってきた今だからこそ、マイスミEXのような一括査定サイトを利用して複数の業者の査定額やその査定の根拠などを色々比較してみることが必要になってきます。

「マイスミEX」を利用して所有している物件の売却に適した信頼出来る不動産業者を選ぶこと

不動産を売却する場合には、売買を仲介してくれる不動産業者は欠かせない存在です。いかに適切な不動産業者に売却を任せられるかに売却成功の鍵があると言えるでしょう。
不動産会社によって、得意とする物件種別、エリアがあります。そこを意識した不動産業者選びをしていきましょう。不動産業者を選ぶ際に査定額の高い低いだけで業者を選択してしまうと、残念ながらよい結果にはつながらない事が多々あります。査定金額だけでなく、その査定額を算出した根拠を説明してもらい、その説明に納得出来るか確認しましょう。また、営業担当者との相性も重要です。売却の仲介を依頼してから実際に売買契約が成立するまで平均で3ヶ月ほどかかります。その間、営業担当者とは売り値を相談したり内覧の案内をしてもらったり、契約書を用意してもらったりと、頻繁にやりとりする事になるでしょう。不安点や疑問点を分かりやすく説明してくれるか、何でも相談出来そうか、担当者とのやり取りがストレス無くスムーズか、などをしっかり見極めましょう。口コミなどで評判を知ることができれば良いですね。様々な角度から確認してください。もし安心して売却を任せられるような担当者でなかったら、やはり売却はスムーズには進まないでしょう。

口コミ体験談や評判から「マイスミEX」は安心して利用できる

マイスミEXは安心して利用できる

マイスミEXは比較的新しい一括査定サイトですから、実際はどうなのか?不安に思われ方もいるかもしれまぜん。ぜひ、マイスミEXの口コミ体験談から評判を知ってください。今回一部紹介しましたが、マイスミEXのサイトでも口コミや評判は記載されています。ぜひ気軽にマイスミEXのサイトを利用でしてみてください。

今回の記事のポイントをまとめておきます。

  • 利用者口コミでは、査定サイトに肯定的な口コミが多い
  • 運営会社はプライバシーマーク認定を受けた上場企業で安心できる

マイスミEXのような一括査定サイトが無かった時には、自分で会社を調べて連絡を取り、査定を依頼するしかありませんでした。一括査定サイトは、無料で利用ができる上に、自分の都合のよい時間にいつでも複数の不動産業者に査定を依頼する事が出来ます。是非上手に利用して、不動産売却を成功させて下さい。

タイトルとURLをコピーしました