マンション売却査定サイトはどこがいい?(1)イエウールの評判

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

マンションなどの不動産を売却したいと思った場合、出来るだけ高い価格で売却したい、誰しもそう考えると思います。そう考えながらインターネット上を検索していくと、上位に表示されるサイトの一つに「イエウール」があります。今回は、不動産一括査定サイト「イエウール」についてその評判などを見ていきたいと思います。

マンション売却査定サイト イエウールとは


「イエウール」は日本最大級の不動産一括査定サイトです。何が最大級なのか?というと、登録している査定業者が1600社以上で日本最大級となっています。
「イエウール」は、マンション、家、土地などの不動産を優良な不動産会社に一括査定してもらえるサイトです。サイトの紹介ページをみてみましょう。「イエウール」の特徴が4つあげられています。

1・60秒で不動産の無料一括査定が可能
2・全国1600社以上の不動産会社が対応
3・最大6社から査定金額が比較できる
4・不動産会社は厳選されている優良企業のみ
ということです。

1つ目のポイントとして、簡単にマンションなどの不動産の無料一括査定が60秒で可能としています。一括査定サイトが出来る以前は、複数の不動産会社に査定を申し込まなければいけませんでした。一括査定サイトを利用すれば、インターネット環境があれば自宅にいながらにして一括査定を受けることが可能になっています。

2つ目のポイントは、全国の厳選された不動産会社が1600社以上提携しているということです。大手不動産会社だけでなく、地元密着の優良な不動産会社が多く提携しているので、都市だけでなく地方の物件も査定できるのが特徴でしょう。

3つ目のポイントは、最大 6 社の査定会社が選べることです。査定会社が多ければ、様々な査定金額を比較することができます。 マンションなど不動産を売却する場合、素人が1社のみに不動産査定をしてもらってもその金額が高いかどうか分からない。そこで複数社との比較が大切と説明しています。

4つ目のポイントとしては、厳選された優良な不動産企業を売りにしています。客からクレームが多い企業をイエウールで契約解除出来るそうなので、安心して査定や売却までの取引が出来ると説明しています。

「イエウール」を利用した、マンションなどの不動産を売却するまでの流れは、まず、査定を依頼したい不動産の情報と自分の情報を一括査定サイトに入力。入力の目安は1分です。一度入力すれば、全国の不動産業者へ一括査定依頼が可能です。各社から査定結果が届くので、査定の内容や不動産会社の対応などを比較検討して、信頼出来る不動産業者と媒介契約を結びます。査定金額を元にした売却価格で売却成約したら、売却は完了です。

マンション売却査定サイト イエウールの運営企業


イエウールの運営企業は株式会社Speeeです。「モバイル」が急速に台頭してきた時代、2007年にモバイルSEOサービスを柱にベンチャー企業としてスタートした会社です。SEOとは、Googleなどの検索サイトの上位に表示させるように最適化を図ることですが、モバイルSEOはさらにスマートフォンなどからの表示の最適化を図ることです。

驚いてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、不動産の一括査定サイトを運営している会社なのですが、不動産関連の企業ではありません。デジタルコンサルティング事業とデジタルトランスフォーメーション事業を展開するいわゆるIT企業になります。世の中がますますデジタル化していく中で、どのような手法でビジネスの競争力を維持していくのかのコンサルティングや、まだITの恩恵を十分に受けていない産業にある非効率的な状況を解決すべく頑張っている企業のようです。

会社の総業は2007年11月です。代表取締役は大塚英樹氏。資本金は19,015,000円。所在地は東京都港区六本木4丁目と六本木2丁目です。

Speeeという社名に込められた想いは2つ。「Speedの“d”を“e”に変え、Speedの1歩先へ」と「世界中で発音できる名前を」だそうです。

2016年にイエウールの不動産の売却成立をサポートした件が20万件を突破したそうで、記念のプロダクトムービーが公開されています。 そこでは、「イエウール」がどのような想いで生まれたのかが語られています。その内容は、まずサイトを利用して自宅を売却した方のコメント、次に不動産会社のコメントがあり、次にspeeeのサイト立ち上げに関わったスタッフの想いが語られます。

「人口減少、高齢化、新築永住指向の低下、中古住宅活用の時代への変化という市場の変化をチャンスと捉えた株式会社speeeは2014年に「イエウール」を立ち上げ、年間20万件の売却成立のサポートを行い、大量のユーザーデータと物件データを保有する業界ナンバーワン不動産売却メディアとなるまでに成長させました。不動産業界に山積する負に対してテクノロジーカンパニーにしか出来ない価値提供を行い、業界を変え、世の中を変えること。イエウールは住まいの売却における課題解決集団として、住まいの売却に込められた想いを心で受け止め高度なデータ分析を初めとする最先端のテクノロジーを用いて最良の出会いを創造します」と締めくくられています。

他の一括査定サイトよりも比較的新しく出来た「イエウール」ですが、利用者数が伸びている背景には、SEOの技術に長けている事もあるといえるでしょう。また、

株式会社Speeeの運営するサイトは「イエウール」の他に、「ヌリカエ」というサイトがあります。こちらのサイトは、外壁塗装を考えている場合に、自社で施工管理をしている塗装専門店から一括で複数見積りを取ることが可能なサイトになっています。

マンション売却査定サイト イエウールの評判とは


では一括査定サイトを利用してマンションなどを売却するのは、どんな場合なのでしょう。
「イエウール」のサイトには、どこの地域でどんな不動産を売却するために利用したのか書いてありますのでみてみましょう。

まずは、東京都のマンションを売却したケース。
東京都のマンションで家族4人暮らし。海外赴任のため、家族で引っ越しすることに。帰国の時期が不明のため賃貸には出さず売却を決断。

次に奈良県のマンションを売却したケース。
子育て環境を考え奈良県郊外のマンションを購入。子供の大学入学を機に、同じ県内にある中心部のマンションへの買い換えを決断。マンション売却資金を新居のマンション購入費に充てるため、高値で売却を希望。

千葉県のマンション売却のケース。
子供の成長で部屋数が必要なくなり夫婦二人のコンパクトなマンションを検討し、現在のマンションは売却することに。

以上がサイトのトップページに書いてあったマンションの売却ケースでした。

では、「イエウール」のサイトを利用した人の口コミはどのようなものがあるのでしょうか。
イエウールのサイトには見つけられませんでしたが、イエウールの口コミで検索して表示されたサイトの口コミを抜粋してみました。

住み替えで購入物件が先に決まっていたため、購入予定の不動産会社に査定を依頼していた。しかし、イエウールで一括査定をして相場を確認してみたら、査定金額が200万円アップした。

不動産売却の経験が全くなかったので、一括査定を利用。来てくれた営業の人はみな感じが良かった。家を売却する際の心配な点が解消され、きちんと売却出来た。もし、不動産売却一括サイトがなかったら、もっと苦労していた。

マンションの住み替えで一括査定を利用。イエウールを使うと複数の業者の査定額が同時にわかる。おおよその売却額を把握出来、自分で不動産会社を回るより時間の節約が出来た。連絡をくれた企業の中で一番感じの良い企業に依頼した。

交通の便がいい場所への引越しを検討。不動産売却一括査定で有名なイエウールを友人から薦められた。イエウールの査定依頼はネットで済むので、人に会うのがあまり得意でないので助かった。不動産売却は初めてだが、イエウールの一括査定サイトを利用することで各不動産会社のサービスや対応を比較できた。

以上のような、良い口コミが見られました。

マンション売却査定サイト イエウールのサイトを利用してみる


一括査定の利用料金はもちろん無料です。不動産会社が運営している査定サイトの場合は、仲介手数料が入るので無料なのは分かる気がしますが、「イエウール」のサイト運営母体はIT企業です。どのようにして無料化を実現しているのか気になりますが、掲載企業向から見込み客の紹介料を取って運営しているようです。

では、最後に実際にイエウールのサイトを利用してみたいと思います。赤いとんがり屋根の可愛いキャラクターが印象的なサイトです。

イエウールで査定が依頼できる物件の種別は、分譲マンション、一戸建て、土地、一棟アパート、一棟マンション、区分マンション(収益)、一棟ビル、区分所有ビル(ビル一室)、店舗、工場、倉庫、農地、など色々あります。こちらをまず選びます。次に、物件の住所、専有面積、間取り、築年数(専有面積、間取り、築年数に関してはおおよそでOKらしい)を入力。物件との関係を、名義人、名義人の家族・親族、売却権限を持つ代理人、建物のみの名義人、土地のみの名義人、物件は会社名義、物件は共有名義、物件の購入予定者、物件を調べている不動産会社、物件を調べている弁護士、司法書士、税理士いずれかを選んで入力します。

物件に実際に住んでいない場合には、現在の居住の住所を入力する欄もあります。名前と住所、年齢を入力し、訪問査定か、机上査定かを選びます。このとき、デフォルトで机上査定のラジオボタンにチェックが入った状態です。訪問査定を選びたいときはチェックを付け直さないといけませんが、一括査定サイトを利用者は机上査定で利用する方が多いのかもしれません。正確な査定額が知りたい方、査定額以外にも売却の流れや相続などの相談を行いたい方は、訪問査定を選択するようにメッセージが出ています。

訪問査定と机上査定の違いですが、机上査定では実際の物件の状況を確認することはありません。近隣エリアなどの似通った物件の取引データなどから売却金額を査定するやり方です。一方訪問査定は、より詳しくマンションの状況や近所の状況などの確認をした上で売却金額を査定する方法です。訪問査定を選択すると文字通り不動産会社の営業の方が査定をしに訪問してくる事になりますから、そこまで具体的に売却を考えていないからいきなり営業さんに来られても困る、といった場合には机上査定を申し込んだ方がいいでしょう。

あとはメールアドレスと、電話番号を入力して無料査定ボタンをクリックすると、査定が依頼できる不動産会社が表示されます。筆者が自宅を入力してみた際には、査定が依頼できる不動産会社として3社が表示されました。一括査定は6社まで選べるとあったので、もっと多くの会社が表示されるかと思ったのですが、そういうわけでもないようです。しかし、どの会社も名前は聞いたことがある有名な不動産会社でした。これらの不動産会社の売りとしているところなどが書いてあります。もしその中で依頼したくない不動産会社がある場合には、その会社のチェックボックスを外しておけばOKです。

査定会社への要望を次の中かから選択します。家族に知られたくない、近所に知られたくない、賃貸人に知られたくない、税金について相談したい、少し安くても早く売却する方が優先、賃貸にした場合の相談もしたい、全く分からないので一から教えて欲しい、から選択できます。
あとは、買換の有無や、売却希望時期、希望連絡日時、不動産会社へのコメント記入欄もあります。このコメント欄にメールのやりとりのみを希望しておけば、営業の電話がかかってくる心配もないでしょう。

マンション売却査定サイト イエウールを実際に利用した感想


簡単60秒で査定依頼が可能とうたっていますが、本当に1分で入力できるかと言われると、何度かサイトを利用していたりして慣れた人なら可能かもしれませんが、初めの利用では1分で入力はちょっと難しいかなと感じました。入力が面倒だというユーザーコメントを見た覚えがありますが、筆者が使用した限りでは使い勝手は悪くないです。ただ、年齢を入力する必要があることにはちょっと違和感を覚えました。年齢は査定には関係ないですから、データ分析に使用するためかもしれません。ただ、こういう一括査定サイトがなかったら、不動産会社を探すところから自分でしなければならないですから、パソコンやスマートフォンなどがあれば、ほんの1分足らずで自分のマンションなどの不動産を売却査定してくれる不動産会社が複数見つかるのは本当に便利だと感じました。

タイトルとURLをコピーしました