イエウールの口コミと評判は?大丈夫な会社なのかを調査

不動産査定会社の口コミ評判

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

不動産売却で利用する査定サイトはどこがいいか悩んでいる方は多いです。

査定サイトの中でもよく聞くイエウールは信頼できるサイトなのでしょうか?

今回は、不動産一括査定サイト「イエウール」を実際に利用した方の口コミを元に、不動産会社であるスマートアンドカンパニーが厳しい目でイエウールの評判を調査しました。

今回の記事では、以下を知ることができます!


・イエウールの良い口コミと悪い口コミ
・イエウール しつこいで検索されているけど大丈夫な会社か?
・イエウールの他社にはない利点
・イエウールで査定をとるのがおすすめな物件
・イエウールの基本情報や運営会社について

 
 
 
 

イエウールの評判と口コミは?良い口コミと悪い口コミ

まずは「イエウール」を利用して不動産売却をした人たちの口コミを元に、イエウールの評判を見ていきましょう。

良い口コミと悪い口コミをくまなく調査しました

 

イエウールの良い口コミ

 

「住み替えで購入物件が先に決まっていたため、急いで売却したい状況でした。購入予定の不動産会社に査定を依頼していました。でも査定額が納得いかなくて、ネットで(マンション売却 どこがいい)で検索したらイエウールが上の方に出てきました。そのままイエウールでマンション査定をして相場を確認してみたら、査定金額が200万円アップしました。
結局イエウールでマンション査定をとった不動産会社で売却することを決めて、200万高い額のまますぐに売却も決まりました。あの時一応ネットで検索してイエウールを利用してよかったと思います。」
 
「不動産売却の経験が全くなかったので、イエウールの一括査定を利用しました。
来てくれた営業の人はみな感じが良かった。家を売却する際の心配な点が解消され、きちんと売却も出来ました。たくさんの不動産会社に足を運び、いい営業の人に巡り合うのは時間のかかる大変な作業だと思うのでイエウールという不動産売却一括サイトがなかったら、自分はもっと苦労していたんじゃないでしょうか。
家を売却するならイエウールが評判いいですし、実際売れましたし、おすすめです!」

 

「マンションの住み替えで売却を希望していました。マンション売却するとき、不動産査定はどこがいいのか悩んでいましたが評判も良かったのでとりあえずイエウールのマンション査定を利用してみました。
イエウールを使った感想としては複数の業者の査定額が同時にわかったのが良かったです。おおよその売却額をすぐ把握できました。自分で不動産会社を回るより時間の節約ができたと思います。
連絡をくれた企業の中で一番感じの良い企業に依頼したところ、納得の値段で無事マンションが売却できたので、文句ありません。私は使ってみていい思いしかしていないので、マンション売却するにあたり不動産査定サイトはどこがいいかと悩む方は、とりあえずイエウールをおすすめしたいです。」

 

「交通の便がいい場所への引越しを検討していて住まいを売りたいと思っておりました。不動産査定のサイトはどこがいいか悩んで最近マンションを売って戸建に引っ越しした友人に相談しましたところ、友人は不動産括査定サイトで有名なイエウールを利用したとのことで、評判も良かったですし自分も利用しました。イエウールの査定依頼はネットで済むので、たくさんの人に会いにいかなきゃいけないという面倒な手間が省けて助かりました。不動産売却は初めてでしたが、イエウールの一括査定サイトを利用することで各不動産会社のサービスや対応を比較できたのも良かったです。」

 

「家の老朽化に伴い、イエウールに査定を依頼しました。インターネットが苦手で家を売却するということももちろん初めてで不安が多かったです。でも簡単な手続きで申し込みができたのでこんなものかと助かりました。簡単だからといって適当な不動産会社から査定が取れるのではなく、ちゃんとした不動産会社でした。イエウールの料金が無料というところも良かったです。長年住み慣れた家を自分の納得のいく形で売却できたので不動産会社に関しても満足です。」

 

「マンションを売却する時とりあえず近所の不動産会社で査定をとりました。しかし、あまり納得の条件ではなくて…。もっとたくさんの不動産会社から査定をとってみたいと思い、ネットでマンション売却するにはどこがいいかを検索しました。一括査定サイトのイエウールが出てきまして、口コミサイトを見たらマンション売却した人からの評判も良かったので利用しました。イエウールで査定をとった不動産会社は、最初に行った不動産会社では紹介してもらえなかった最良の条件を出してくれました。いい不動産会社と出会うことができ、感謝しています。1,200社も参画しているということで、選択肢が多いのが良かったのだと思います。イエウールは私のおすすめです。」
 
「イエウールで査定をとったとき、査定方法として机上査定出なく訪問査定を選ぶことができたのがよかったです。プロが家まで来て査定をしてくれた上、査定結果も良心的でした。イエウールの料金は無料でした。」
 
「他の不動産会社で査定額が判明していたものの、他とも比較しておきたいと思い、イエウールでも買取査定を依頼。すると地元の老舗不動産会社の査定額がどこよりも低いことが判明!イエウールをしたことできちんとした料金相場がわかった。結局イエウールで高い査定額を出してくれた業者にお願いした。イエウールの評判がいい理由がわかりました。不動産査定サイトはたくさんあるし評判もそれぞれだから迷っている人も多いと思う。自分は家を売却するならイエウールが評判いいですしおすすめしたい。」
 
「不動産査定サイト、特にマンション査定の評判を見比べてイエウールのサイトを訪問。わかりやすいページのつくりで、インターネットに慣れていない私でもスムーズに利用することができた。時間は少しかかったものの、嬉しい査定結果を出してもらうことができ、感動した。さまざまな業者から見積もりを出してもらって比較することができたのは本当によかった。」

 

具体的に利用したイメージを掴んでもらいやすいよう、詳しく記載していただいた口コミを抜粋しました。

では、次の悪い口コミも見てみて本当にイエウールを利用するのがいいのか判断してみてくださいね。

 

イエウールの悪い口コミ

 

「売却を明確に決めているわけではなく、査定額がどのくらいになるのかちょっと知りたかっただけで利用しました。しかし、不動産会社から売却勧誘の電話がしつこくかかってきて迷惑でした。イエウールに電話でクレームを入れたらかかってこなくなりました。」

 

「実家の資産価値が気になってイエウールで査定依頼をしてみた。申し込みは簡単で複数の会社から査定額を出してもらうことができたが、イエウールで査定をとったすべての不動産会社から電話がかかってきてしまった。いますぐ売る気はないという意思を伝えたら1度かかってきただけでしたが、不動産の価値を知りたいだけで電話取るのが面倒な人はやめたほうがいいかもしれないですね。」
 
「イエウールの申し込み画面で、机上査定だけで大丈夫とコメントを書いて申し込んだものの、1社から電話がかかってきて、訪問して査定したいと言われた。査定結果がメールだけで来ると思っていたので驚いた。」

 

「複数の不動産会社から連絡が来て、どこも対応が親切だったため、どこにすればいいかとても悩みました。結果、一番元気が良く気持ちのいい対応をしてくれた若い営業さんを選んだのですが、段取りが悪くていろいろと振り回されて疲れてしまった思い出があります。家は満足する額で売れたのでよかったですが、元気さではなくて経験を積んだ営業さんにすればよかったと後悔しています。」

 

以上のような悪い口コミも見られました。中でも電話がかかってくることに関しての悪い口コミが多いです。

不動産会社の熱意から来るものですが、ちょっと査定額を知りたいだけの場合は迷惑ですが対策方法があるのでご安心ください!
申し込み画面のコメントに売却する気はなく、査定額がどのくらいなのか知りたいだけというようなことを明記しておくことです。

 

イエウールで査定を取る

 

ネットで「イエウール しつこい」という評判があるが大丈夫なのか?

 

Googleなどの検索サイトに「イエウール」を入力してみると、「イエウール」の後に「しつこい」というワードが表示されたりする場合があります。

GoogleやYahooなどの検索サイトで、キーワードを入力している途中に自動で表示されるもので、サイト側でいくつかの候補一覧を表示してくれているものです。

話題となっている興味深いキーワードだったり、過去に検索された回数が多いキーワードだったりを自動で表示してくれる仕組みとなっています。

「イエウール」の検索結果画面の下の方に表示される関連キーワードにも、「イエウール しつこい」と出てくる場合があります。イエウールを利用することでしつこい勧誘に会ってしまうのではと心配になりますね。

イエウールが提携している不動産業者の数は2019年4月時点で1,800社以上となっています。
イエウールのサイトが持つ特徴としては、大手だけではなく、地域密着型の中小の不動産業者とも多く提携しているという点が挙げられます。しかし、それだけ数多くの不動産業者と提携しているという事ですので、中には当たり外れもあるかもしれません。

実際に利用してみて、しつこい営業にあってしまったらどうしたらいいのでしょうか。

対策方法は、メールでのやり取りを希望する旨を査定依頼の際に業者側に伝えておくことです。
査定依頼をする際に不動産業者のコメントを記入する欄がありますので、メールでのやりとりを希望する旨を入力して送信すればOKです。

また、事前にメールでやり取りを希望しているにもかかわらず、電話や突然の訪問など強引な営業をしてくる企業があれば遠慮無くイエウール側に伝えましょう

 

 

 

 

イエウールの他社と差がつく利点

提携している不動産業者数が多い

イエウールが提携している不動産業者の数は1,800社以上となっています。(2019年4月時点)

公式サイトでは、都道府県別に登録されている不動産会社を確認でき、査定を依頼する前にまずはどのような業者がいるのか知ることができます

実際に確認してみると、47都道府県全てが網羅されている事が分かります。

さらに各店舗の詳細な情報、地図や営業時間、営業所の様子、担当者の紹介などを見ることができます。

提携している業者は、誰でも知っているような各地に支店を持っている大手の不動産会社から、地域密着で地元に根付いている中小の不動産会社まで、数多くの会社が登録されています。
大手、中小関係なく良いサービスをユーザーに提供しています。

イエウールが運営を開始してから4年後のインタビュー記事で、イエウールの事業責任者池田氏は次のようにコメントしています。

「イエウールがこれからやりたいのは、いいサービスを提供した不動産会社様がユーザーに選ばれるようになっていくようにしたいと思っています。それは大手かもしれないし地元密着の会社様かもしれない。いずれにせよ、不動産会社様のサービスの良さを可視化し、また、ある意味ブランドをつけてユーザーに選ばれるような状況を構築していきたいと思っています」(Speeeホームページ インタビュー記事より)

イエウールでは、他社の倍の人数の営業が、新規開拓や不動産業者へのコンサルティングやレクチャーなどのフォローを行っているそうで、業者に対しての手厚い対応が功を奏していると言えるでしょう。

多くの不動産業者が提携している事で、ユーザー側が受ける事のできるメリットは以下となります。

不動産業者にも、土地の売却が得意、一戸建ての売却が得意、ここのエリアでは他社には負けない、など、その会社や担当者によって強みや得意な範囲が異なる場合が多くあります。
多くの業者の中から選択できることで、より自分の売却したい物件に適した業者に出会える確率が高くなります。
都心エリアだけではなく、地方のエリアも広くカバーしているため、他の一括査定サイトでは査定出来る業者が見つからなかったという場合に、イエウールでは紹介できる可能性もあります。

ユーザーからのクレームが多い不動産会社は契約解除している

ユーザー側からのクレームなどが多く対応に問題のあるような業者はイエウール側から契約を解除出来るようになっています。ですから登録されている業者とは安心してやり取りする事が出来るでしょう。

業者側の話ですが、他の物件の依頼が立て込んでしまってこれ以上の査定依頼が受けられないといった場合には、査定の紹介を最初から受けないように出来る仕組みとなっているようです。そのような仕組みがある事で、忙しくて手が回らずに新しい査定依頼が来ても対応出来ないといった事がなくなります。「せっかく査定依頼をしたのに連絡が来なかった」「査定結果が来るのがすごく遅かった」とユーザー側を不快にさせるような事もぐっと減らすことが出来るでしょう。利用する側も、安心して査定を依頼する事が出来ます。

 

手軽に利用が出来る

直接入力する欄は、物件の詳細住所や個人の情報だけで、後はリストから選択していくだけですので、初めての入力でも迷ったり分かりにくかったりといった事はなくスムーズに査定依頼が完了するのもイエウールの魅力の一つです。

初めての売却をサポートするコンテンツが豊富

不動産を売却する際に、特に初めての売却の場合には、どんな事に気をつければいいのか、何を知っておくべきなのか分からないことが多いでしょう。

イエウールのサイトは非常に役立つはずです。初めての不動産の売却についてまずは一通り知りたいといった方向けに、非常に分かりやすいコラムなどが多くあります。不動産売却の手引きや売却のコツなどが書かれた「新着コラム」や、「不動産の基礎知識」、マンションや土地を売却する際などの「よくある質問」があり、どの記事も非常に分かりやすく内容も豊富です。

全く何も分からない状態でも、イエウールのサイトの手引きなどに目を通せば、不動産の売却に関して最低限知っておきたい一通りの情報を得ることができます。

 

マンションの資産価値を知る

中古で売却する場合、一つ一つの物件毎に状況が異なるからです。例えば半年前に高値で売却出来た近隣のマンションがあったからといって、自分の所有しているマンションが今同じように高値で売却出来るとは限りません。中古マンションは、駅からのアクセスや部屋の階数、部屋の方角、間取りなどで人気が左右するため資産価値も異なってきます。また、その時の市場の状況もありますので、強気の価格で売り出しても、その時の相場よりも高ければ、売れ残ってしまう可能性もあります。中古で売却する場合には、その時々の市場の状況や周囲の競合物件の状況などをよく知っている不動産業者に仲介を依頼する事が必要になってきます。

正確な資産価値を知るには、1社だけの査定では分かりません。何社かの査定額やその査定の根拠などを比較して検討する事が必要です。

所有しているマンションにあった信頼できる不動産会社を探す

築年数別 売却時の不動産会社選びのポイント

一般的に、マンションの資産価値が最も高いのは新築時で、その後は築年数に応じてだんだんと下落していくのが普通です。築年数に応じた不動産売却のポイントを抑えた不動産会社を選ぶようにしましょう。築年数別不動産会社選びのポイントをまとめました。

築年数5年以内の不動産

築年数5年以内の築浅物件であれば、新築時とそう変わらない価格で売却出来るケースもあるでしょう。近隣エリアの競合物件などをよく知っている不動産業者を見つけましょう。

築10年未満の不動産

築10年未満の中古マンションなどの場合、もし売却をするかしないか迷っているならば、築10年になる前に売却に踏み切った方が賢明かもしれません。というのは、中古マンションで最も市場に活気があるのが、築10年未満の物件だからです。築10年以上となると、途端に人気が落ちてしまいます。しかし、市場に活気があるということは、競合するライバルも多いという事です。ですから、築浅の物件のように強気の価格で売り出し価格を設定してしまうと、ライバルに負けて売れ残ってしまう可能性もあります。不動産業者の販売力、営業力に左右される面もありますので、販売戦略の確かな業者に依頼する事が大切でしょう。

築12年以降の不動産

築12年以降の中古マンションなどの場合を見てみましょう。マンションを購入する場合には、ローンを組む方が多いと思います。銀行が設定するローンの借入期間は、マンションの耐用年数によって決まります。耐用年数47年から12年をマイナスすると35年です。築12年を超えたマンションでは、ローンを組める期間が最長の35年より短くなっていきます。ですから、築12年を超えると購入できる買主が限定されてくるので、資産価値も落ちてくることになります。また、1回目の大規模修繕が行われる時期でもありますので、修繕積立金がきちんと貯まっているのか、管理がしっかり行われているかが、資産価値に大きく影響してくることとなります。査定価格の根拠をわかりやすく納得のいくまで説明してくれる仲介業者に依頼しましょう。

築30年以上の不動産

築30年以上の築古マンションとなると、売却することは難しいのではと心配になるかもしれません。築古物件の場合、住宅ローンを短期で組めたり、現金で購入したりが可能なため、それなりに需要があります。ここで、大地震に備えて1981年6月に改正された新耐震基準以降に建てられたマンションかどうかは、大きなポイントです。また、管理状態が良く共有部分の清掃が行き届いていたり、計画通りしっかりとした修繕が行われていたりすれば、30年以上経っていてもそれほど状態は悪くないはずです。新耐震基準に沿って建てられたマンションであれば、仲介業者を通じてしっかりアピールしてもらう事が大切です。

以上のことから、無料一括査定サイト「イエウール」を活用して、ご自身の物件の長所を理解し、親身に売却活動に取り組んでくれる不動産会社及び営業マンを選び抜きましょう。

 

上の画像から査定を取ることができます!

 
イエウールは信頼できる会社であることがわかりました。
高値で売却させたい時はまず一括査定サイトを利用しましょう。
 
タイトルとURLをコピーしました