初心者向け・FX自動売買とは?メリット、デメリット、用語を解説

その他の不動産投資

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

FX自動売買って何?!FX初心者が抑えるべきポイントを知りたい!

FX自動売買の基本を知って、安定的に利益を出したい!

結論から申し上げると、FX自動売買は基本を理解すれば損失リスクを大幅に減らすことができます。FX初心者でも十分に利益をあげられるのです。

世間では、FXは初心者の大半が損をするといわれています。自動売買を利用してもリスク高いと言う人も多いでしょう。なぜこのように言われるのでしょうか。それはほとんどの人がFX自動売買の基礎を知らずにトレードしているからです。

基礎知識さえ理解すれば、FX自動売買こそ初心者が手堅く利益をあげるために最適な方法になり得ます。

FX自動売買はプロの投資家が作ったツールです。これを利用できれば投資のプロの頭脳を借りているようなものです。FX自動売買が初心者にとって成果をあげるための一番の近道であることは間違いありません。

当記事中では、投資のプロの頭脳を借りるための知識を基礎から解説します。この記事を読めば、FX自動売買を利用するために基礎知識を効率的に学べます。そして後述するFX自動売買システムを利用して高確率で収益をあげられるでしょう。

もっとも、注意が必要なのは世に出回るFX自動売買ソフトの多くが初心者には扱えない代物だということです。FX自動売買ソフトの大半はベテラントレーダー向けです。初心者が誤って使ってしまうと、1~2ヶ月で資産を完全に溶かしてしまうこともあります。

FX自動売買ソフトの中でも、詐欺まがいのソフトは絶対に避けなければなりません。この点、当記事では読者の方を特別に会員制MAMシステムへご招待できます。記事を最後まで読めば、FX初心者のあなたでも確実に資産を増やせるでしょう。

「FXはもちろん、株や商品先物、不動産まであらゆる投資を熟知した私たちが、FX初心者が確実に儲ける方法を徹底解説します。記事の最後では代表の縁故により特別な会員案件をご紹介しています。」

FX自動売買とは?

FX自動売買が何であるか。言葉からなんとなく理解できる方はいるでしょう。ただ詳細に説明できる方は少ないのではないでしょうか。まずは

  • FX自動売買の概要
  • FX自動売買の種類
  • 自動売買と裁量取引の違い

といったFX自動売買に関する基本的な事項を説明していきます。

概要

FX自動売買とは決められたルールに従って売買を繰り返すプログラムのことです。決められた金額に達すると自動的に売買が行われ、24時間動き続けます。全自動で取引が進んでいくため、仕事で昼間の時間に取引できない会社員にもおすすめできます。

利益を得るために自動売買のロジックや相場動向について学ぶ必要がありますが、利益確定や損切りといった実践的な部分は学習する必要がありません。勉強量は裁量取引するよりも少なく済むため、勉強が不得意な方にも向いています。

種類

自動売買ツールには以下の3種類があります。

  • 開発型
  • 選択型
  • リピート型

説明していきます。

開発型はプログラムを外部から取得する、もしくは自ら開発したプログラムを設定して自動売買を始める方法です。持っているプログラムを編集して実際に運用できるため、あなたの投資方針に沿って取引させることが可能です。できるのであれば1番良い方法でしょう。その反面、設定するためにはプログラミングの技術や相場を考慮したロジックの設計などが必要となります。投資以外の技術や知識も求められるために手間や時間がかかります。

選択型はFX自動売買ツールを扱っている会社から提供されるプログラムを選んで使う方法です。すでにあるものの中から、好みの方針を利用していきます。組み合わせて設定するだけなので楽です。すでに利用されているロジックが多く、豊富なバックテストの結果から使用するプログラムを選べます。しかし売買手数料が高く設定されている、もしくは使用のために手数料が取られることもあるでしょう。

リピート型は決められた値幅で売買を繰り返す方針が組み込まれているプログラムを使う方法です。小刻みに値段が変化するレンジ相場で最も利益が大きくなります。レンジ相場の方が多いFXでは1番使われている種類かもしれません。ただ決められた値幅を超える急変動が起こると、含み損を抱え続ける可能性もあるため、注意が必要です。

自動売買取引と裁量取引の違いとは?

FXには大きく分けて2種類の取引方法があります。それらは以下の2種類です。

  • 自動売買取引
  • 裁量取引

詳しく説明します。

自動売買取引はプログラムやシステムに取引条件を設定し、設定完了後はプログラムを稼働させて放置する方法です。設定が完了すれば時間の経過とともに取引を繰り返してくれます。常に見る必要がないため、手間はかかりません。しかし相場に合わない条件を設定してしまっている場合や急変動が起きた場合には思うように利益が上げられないでしょう。また自動売買取引では裁量取引に比べて手数料が高く設定される場合があります。常に利益を生み出せますが、手数料で取られる分が大きいため、大きく稼ぐことは難しいでしょう

裁量取引は自らの判断で売買取引を進めていく方法です。ポジションを持つ・手放すタイミングを自分の判断で全て決めていきます。知識・経験・感情と持っているもの全てをフル活用して取引していきます。タイミング次第では自動売買取引よりも大きな利益をあげられますが、大きな損失を生み出す場合も大いにあり得ます。実力次第でどこまでも稼いでいけるため、時間に余裕がある方には向いているでしょう。最初のうちは損失の方が多いですが、経験や知識が増えるうちに稼げるようになり、最終的には自動売買取引よりもパフォーマンスが良くなることがあるでしょう。

FX自動売買のメリット

FX自動売買について理解が進んできたでしょう。ここからはFX自動売買のメリットについて紹介します。FX自動売買のメリットは以下の通りです。

  • 感情を排除して、機械的に取引できる
  • 24時間常に収益を狙える
  • 専門的な知識の習得が不要

詳しく説明していきます。

メリット①:感情を排除して、機械的に取引できる

裁量取引であると、買い時・売り時はいつであるか、今後の値動きはどのように変化するか、など考慮すべき項目が多く、精神的負担がトレーダーに大きくのしかかります。またその判断の結果、負けてしまうと日々の生活に影響が出かねないほど気分が下がる方もいるでしょう。

自動売買取引なら初期設定さえ済ませてしまえば、自動で取引を繰り返してくれます。判断や予測の必要性が小さくなるため、精神的負担を軽減できます。感情を揺さぶられることも減るため、精神的に安定した状態を保てるでしょう。

メリット②:24時間常に収益を狙える

FXは24時間相場が動いているため、取引チャンスがいつ訪れるかわかりません。日本であるとロンドン市場やニューヨーク市場が活発になる夜の時間が取引チャンスとなりやすく、寝ている時にチャンスが舞い込みやすいでしょう。

自動売買取引なら、寝ている真夜中でもトレードを続けてくれます。突然訪れるチャンスを掴んでくれるため、裁量取引の方よりも成績が良くなる可能性が高いです。真夜中でも取引できることから、プロのトレーダーの中には夜間のトレードを自動売買に任せる方もいます。

メリット:専門的な知識の習得が不要

自動売買を使用せずに取引をする場合、長期や短期の相場変動を分析するためにファンダメンタルズ分析やテクニカル分析、または損切りや利益確定など学ぶことが多いです。時間の余裕がない方や勉強が不得意な方には少々厳しいかもしれません。

自動売買取引であると、これらの学習が不要になります。相場観を理解できた方がいいため、多少の勉強は必要ですが自分の手で取引するのに比べてだいぶ楽です。

FX自動売買のデメリット

FX自動売買のメリットが理解できたところで、次はFX自動売買のデメリットです。FX自動売買のデメリットは以下の通りです。

  • 相場の急変への対応が難しい
  • 自分にあった自動売買システムを見つけるのが難しい

詳しく説明します。

デメリット①:相場の急変への対応が難しい

FX自動売買では決まったルールに則って取引が繰り返されます。そのため定められた値動きの範囲では効率よく利益が上げられるでしょう。ただ相場が大きく動くような出来事が発生し、レンジを超える急上昇・急降下のトレンドが始まったとき、FX自動売買では対応できなくなってしまいます。

建玉を所有した状態で大きな値動きが起きると、含み損を抱える可能性があります。FX自動売買ではイレギュラーな状況に弱いことがデメリットです。

金融関連のニュースを日頃から確認する習慣があると、急激な相場変動による含み損を防げるかもしれません。

デメリット②:自分にあった自動売買システムを見つけるのが難しい

自分に合ったFX自動売買プログラムを見つけることは難しいです。勉強することでプログラムの仕組みは理解できますが、あなたの投資方針に沿うものであるかの判断は難しいです。

「収益率がよく、有名でみんなも利用している。だから利用してみたが、結果は散々だった。」なんてこともあり得ます。

プログラムごとに利益の出方や得意な相場は異なります。この部分を理解してプログラムを利用しなければ、利益が出ず損失を垂れ流すことになります。また人の性格によって、リスクの許容範囲は異なります。これも自分に合うプログラム選びに大きく影響します。

自分の性格に合致するプログラムを選ぶことは難しいですが、いろいろ利用してみて絞っていきましょう。

知っておくべき専門用語

FX自動売買を利用していく上で押さえておくべき用語が多数あります。FX自動売買では専門用語と言われる言葉が多く存在し、理解していないと正しい行動が取れない、または最悪騙される可能性もあります。FX自動売買をうまく利用していくために知っておくべき用語は以下の通りです。

  • 自動売買アルゴリズム
  • プロフィット・ファクター
  • ドローダウン
  • 勝率
  • バックテスト・フォワードテスト

詳しく説明していきます。

自動売買アルゴリズム

自動売買アルゴリズムとは、自動売買のシステムのことです。自動で売買取引する際の条件を示します。会社によって名称は異なり、「自動売買ロジック」「自動売買プログラム」などと呼ばれる場合もあります。

アルゴリズムにはリピート型や開発型など様々な種類が存在します。知識や技術がある方であれば、自分でアルゴリズムを設定できます。詳細については記事上部のFX自動売買の種類で説明しています。

プロフィット・ファクター(PF)

プロフィットファクターとは、トレードの期待値のことです。総利益÷総損失から求められます。収支が0であると、プロフィットファクターは1となります。1を超えていると利益の方が大きく、1を下回ると損失の方が大きいです。

ドローダウン(DD)

ドローダウンとは、資産の下落幅のことです。保有資産の最大利益と最大損失の差のことを表します。資産の下落幅が最大のとき、最大ドローダウンとも言います。
(最大含み損)÷(口座資金)から求められます。

最大ドローダウンを把握することで、トレードの含み損が想定内のものであるか判断できます。また最大ドローダウンの値から、投資資金の想定もできます。不用意に損切りやロジックやプログラムの変更をする必要を避けられるため、重要な値でしょう。

勝率

勝率とは利益が出たトレードの割合のことです。(利益が出たトレード回数)÷(全トレード回数)から求められます。勝率は高い方がいいですが、損益の出方次第では稼げない場合もあります。勝った時の利益が小さい場合や負けた時の損失が大きい場合などが当てはまるでしょう。

勝率が低くても、損失を小さく抑え、利益を大きく確保できていれば、損益はプラス収支になるでしょう。

バックテスト・フォワードテスト

バックテストとは過去のチャートをもとに自動売買システムの評価することです。プロフィットファクターや損益など様々な指数から評価していきます。フォワードテストは自動売買システムを実際に稼働させた結果です。

バックテストから自動売買システムの効率や利益は判断できますが、未来のチャートも同じような変動をするとは限りません。バックテストを参考にしながら、使うロジックを判断していきましょう。

安全で確実に儲けたいのならば会員制の自動売買システムsecret FX

ここまでFX自動売買について紹介してきました。FX自動売買は上手に利用することで、FX初心者でも利益を得られる確率を最大限高められる素晴らしい方法です。ただあくまでもFXであるため、利益が絶対生まれるとは言い切れません。

今回紹介する自動売買システムとしてsecret FXがあります。secret FXでは損失を最小限に抑え、利益を最大限に増やせます。自動売買システムの99%は利用者の資金を1年以内に溶かし切っていきます。しかしsecret FXは2年間稼働し続け、その間実績を積み上げ続けています。

年収10億円の成績を持つトレーダーが運用しており、人間の目でも見切れない部分はEAによって管理しています。相場の急変動や有事の際にはトレーダー自らが管理し、運用資金が放置されることのない体制を作っています。

secret FXではα、β、γという3つの異なるストラテジーが用意されています。これらのストラテジーを組み合わせることで分散投資を可能とし、リスク分散できます。

secret FXは当WEBサイトからの紹介がないと会員になれないシステムです。以下のボタンからLINE登録してもらうことで、開発者を直接ご紹介できます。気になる方はぜひLINE登録お願いします。
会員制の自動売買システム /
タイトルとURLをコピーしました