FX初心者が陥りがちな失敗例と対策を紹介!

その他の不動産投資

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

FXのリスクにはどんなものがあるのか?どんな失敗のパターンがあるのか知りたい。

FX初心者が陥りがちな失敗とは何か?典型的なパターンを知りたい。

結論から申し上げると、FXは失敗のパターンを知ることでリスクを大幅に減らせます。つまり、初心者でも勝つ確率を大幅に上げられるのです。

一般的には初心者がFXで確実に儲けることは難しいとされます。しかし、FX初心者の失敗には典型的なパターンがいくつかあります。だからこそ、パターン化されたリスクを知り、対策を講じるのです。リスクがパターン化されているからこそ事前の対策が有効なのです。

当記事中の対策を知り後述のFX自動売買システムを導入すれば、初心者でもかなりの確率で収益をあげられるでしょう。

もっとも注意が必要なのは、世に出回るFX自動売買ソフトの多くが初心者には扱えない代物だということです。FX自動売買ソフトの大半はベテラントレーダー向けです。初心者が使ってしまうと、1~2ヶ月で資産を完全に溶かしてしまうこともあります。

FX自動売買ソフトの中でも、詐欺まがいのソフトは絶対に避けなければなりません。

この点、当記事では読者の方を特別に会員制MAMシステムへご招待できます。記事を最後まで読めば、FX初心者のあなたでも確実に資産を増やせるでしょう。

FXはもちろん、株や商品先物、不動産まであらゆる投資を熟知した私たちが、FX初心者が確実に儲ける方法を徹底解説します。記事の最後では代表の縁故により特別な会員案件をご紹介しています。

FX初心者が陥りがちな失敗例7選

FX初心者がつまずく点はみんな同じようなところです。ここでは具体的に7点でまとめています。それらは以下の通りです。

  • 損切りができない
  • レバレッジをかけすぎている
  • ポジポジ病になる
  • ネットで得た不確かな情報に左右されてしまう
  • 「正常バイアス」が働いて危険な状況に気づけない
  • 取引時間帯の特徴を把握せずに取引を行う
  • スワップポイント狙いで新興国通貨に投資してしまう

詳しく説明します。

失敗例①: 損切りができない

損切りができるかできないか。これは投資家としての能力が問われます。

そもそも損切りとは、損失が出ているときに決済を完了させ、損失を最小限で済ませることです。利益だけを出し続ける連戦連勝のトレーダーはいません。優秀なトレーダーは利益を大きく、損失を小さく抑えることで、トータルの利益をプラスに持っていきます。

退場してしまうトレーダーの特徴が損切りできないことです。損失が膨らみすぎると、取り返しつかなくなることもあります。その結果が退場につながります。

FXについて学ぶと、損切りは難しいと言われます。決めたルールに沿ってトレードを繰り返すだけであるから難しくないのでは、と感じるかもしれません。しかし実際に損切りする時はとても躊躇します。売った瞬間に値上がりがはじまるのでは。もしかしたらトレンドが逆転するのでは。という期待が損切りを躊躇させます。

FXで長期的に勝っていくために必要なのは、損失を小さく抑えていくことです。初めの頃は難しいかもしれませんが、損切りは覚えていきましょう。

失敗例②:レバレッジをかけすぎている。

レバレッジ取引であると値上がりした場合利益が大きくなります。しかし値下がりした場合損失が大きくなります。

FXトレードに慣れていない初心者が大きなレバレッジで取引してしまうと、損失が一瞬で膨らみ即退場に追い込まれます。25倍のレバレッジはFXトレードに慣れている方には小さいかもしれませんが、初心者には大きなものです。

初心者のうちは

  • トレンドを読む
  • 損切りのタイミングがわかる
  • 常に利益が出せる

というようにFXの基本が身につくまでは低いレバレッジでの取引がオススメです。具体的には2倍や3倍での取引がベストです。

失敗例③:ポジポジ病になる。

ポジポジ病と聞いて、何のことか分からない方も多いでしょう。

ポジポジ病とは、投資において常にポジションを持たないと不安になることです。常にポジションを持っていると利益を得られる可能性は高まります。しかし同時に損失となる可能性もあります。

ポジポジ病であると、ポジションを持たないことの機会損失が何よりも不利益であると考えます。そのため下落トレンドであってもポジションを持ってしまい、損失を被ることがあるでしょう。

トレンドが悪い時には投資を避けることも戦略です。

失敗例④:ネットで得た不確かな情報に左右されてしまう。

現代はインターネット上に情報が氾濫しています。

最近はFXや株に特化して情報を発信するインフルエンサーも多いです。インフルエンサーの中には有益な情報を発信する人も多いですが、中には誤った情報を発信しているケースもあります。

インターネット上で仕入れた誤情報に流されると、大きな損失をしてしまいます。損失が発生しても、責任は情報を信じてしまったあなたにあります。理不尽ですが自己責任です。情報の取り扱いには十分な注意が必要です。

FXの相場を正確に把握できる人は存在しません。高確率で当たるだけで絶対はありません。インターネット上の情報を参考にしながらも、最後はあなたの自己判断をもとにトレードを続けましょう。

失敗例⑤:「正常バイアス」が働いて危険な状況に気づけない。

国内外の情勢で大きなリスクが存在し、相場に急激な変動があってもおかしくない場合があります。リスクでも自分は大丈夫だろうと思ってしまう場合、正常バイアスが働いている可能性が高いです。

正常バイアスとは、異常事態が発生しても正常通りだと判断してしまいリスクを軽視してしまうことです。リスクを正しく捉えられないと、トレード結果に大きく影響します。

正常バイアスが働くときは「自分だけは特別だ。だから今回の危機も回避しないで乗り越えられるだろう」と根拠なく考えてしまいます。トレードでは自分だけが特別になる状況はまずありません。誰もが同じ市場でトレードしています。

自分を特別だと捉えず、リスクは注意深く捉えてどのように取引すべきか考えていきましょう。

失敗例⑥: 取引時間帯の特徴を把握せずに取引を行う。

FX24時間市場が開いており、いつでも取引できます。ただ時間帯によって稼ぎやすさは変化します。

例えば16時以降になると値動きが活発になり、稼ぎやすくなります。活発になる理由は16時にロンドン市場が開き、トレーダーが増え取引量も増えるからです。また同様に21時にはニューヨーク市場も開くために、さらに活発となります。

このように時間帯によって値動きには特徴があります。この特徴を押さえておかないと、早めに取引を手仕舞いしとくべきところで粘ってしまい損失を拡大させた。値動きが全くなく、長い時間画面の前にいたのに利益が全く出なかった、など無駄が増えてしまいます。

時間帯ごとの値動きの特徴を捉えて、効率よくトレードしましょう。

失敗例⑦:スワップポイント狙いで新興国通貨に投資してしまう。

スワップポイントの高い通貨の方がインカムゲインは大きくなりますが、当然リスクもあります。

スワップポイントとは、金利の高い通貨と金利の低い通貨の金利差のことを言います。この金利差分はインカムゲインとして受け取れます。

スワップポイント狙いで高金利な通貨を狙うと、値上がりによるキャピタルゲインだけでなくインカムゲインも得られます。

ただ高金利通貨はマイナーであることが多いです。マイナー通貨は円やドルに比べて価値が小さく、突然暴騰・暴落する可能性があります。実際トルコ・リラは過去に大暴落を引き起こし、相場から退場させられた人も少なくないでしょう。

トルコ・リラ以外にも、南アフリカ・ランドやブラジル・レアルも同様のリスクを秘めています。スワップポイントで利益を得ていても大暴落しては帳消しです。暴落するリスクには注意しましょう。

FXで失敗を回避するための対策5

FX取引をしていく上で生じやすい7つの失敗は理解できたでしょう。ではそれら失敗を回避するためには何ができるのか。具体的な方法として5つの方法があります。それらは以下の通りです。

  • FXの仕組みや用語など基本を学ぶ
  • 初心者向きの通貨ペアの取引から始める
  • 少額からスタートする
  • デモトレードの活用
  • 利確・損切のルールを設定する
詳しく説明します。

対策①「FXの仕組みや用語など基本を学ぶ」

1つ目の対策方法はFXの仕組みや用語などの基本を学ぶことです。FXは安く買って高く売る、または高く売って安く買うことで利益が生まれます。人によっては直感的にできてしまいます。ただ直感的に取引を繰り返していると、いつまでも運要素が強く取引成績が安定しません。

また国際情勢の変化や法律改正など大きな動きがあったときに対応できないかもしれません。FXでは理論に基づいて取引し、結果に再現性を求めることが重要です。

勉強することが大切だと書きましたが、具体的にどんな勉強が必要でしょうか。勉強すべき内容は3要素に分けられます。それは以下の通りです。

  • FXの仕組み
  • 相場の分析方法
  • 取引の方法

いずれもFXで利益を上げるために欠かせない要素です。

ある程度FXに関する基礎知識を理解してから、相場の分析や取引方法を学んでいくと効率が良いでしょう。FXは書籍やネットの情報から学ぶだけでなく、実際に取引して学べることも多くあります。特に損益を確定させる瞬間の判断は理論で理解できても、実践が難しいです。

実際に取引する前にデモ取引で練習するといいでしょう。デモ取引であれば、無料で実際の取引の感覚を学べます。最近では様々な会社からデモ取引ができる環境があるため、ぜひ使いましょう。

対策②「初心者向きの通貨ペアの取引から始める」

2つ目の対策方法は初心者向きの通貨ペアの取引から始めることです。FXでは通貨ペアによって価格変動が異なります。価値が安定している通貨であれば比較的ゆるやかな値動きに、価値が不安定な通貨であると予想外の値動きが起こることもあり得ます。

値動きが激しいと取引ごとに動くお金が大きくなります。利益も損失も大きくなるために初心者にはオススメできません。初心者の方には価格変動の少ないメジャー通貨がオススメです。具体的には以下の3つの組み合わせがいいでしょう。

  • 米ドル/
  • ユーロ/米ドル
  • ユーロ/

これらの組み合わせはいずれもメジャー通貨です。価値が暴落することが滅多にないため、初心者にオススメの組み合わせです。

対策③「少額からスタートする」

3つ目の対策方法は少額からスタートすることです。スタートから大きな金額を動かすと、緊張や変化し続ける損益に翻弄されて、ただのギャンブルになってしまいます。利益が増えればいいのですが、全て失う可能性の方が大きいでしょう。

少額で少しずつ慣れていき、常に利益が出始めたら金額を増やしていきましょう。

ここで言う少額はただ少ない金額という意味でなく、支出として無理ない金額という意味です。なくなっても痛手のない金額から始めましょう。

対策④「デモトレードの活用」

4つ目の対策方法はデモトレードを活用することです。デモトレードでは実際の値動きを利用して、訓練できます。FXは実践して学べることが多いだけに、デモトレードは必ずやるべきでしょう。

デモトレードをやる際には、必ず取引のルールを決めて、決めたルールに従って取引しましょう。ただ利益が出たから決済、損失が大きくならないうちに損切りしているだけだと、ただの遊びです。利確・損切りのタイミングを数字で決めて、取引していきましょう。

対策⑤「利確・損切のルールを設定する」

5つ目の対策方法は利確・損切のルールを設定することです。

利確・損切のルールを決めることで直感的な取引を排除できます。取引から直感を消すことで、理論に基づく取引に近づき、状況次第で常に利益が生まれるようになります。

具体的にどれくらいの利確・損切がいいかと言うと、利確は8%・損切は3%でしょう。多少ぶれても利益を出しやすい数字ではないでしょうか。

安全で確実に儲けたいのならば会員制の自動売買システムsecret FX

ここまでこの記事を読んできた方にはFXでの稼ぎ方が理解できたと思います。では安定して成績を出し続けるためにはどうすればいいでしょうか。

オススメする方法として、FX自動売買システムの利用があります。システムを使うと人為的なミスを減らせるため、無駄のない取引が可能です。

FX自動売買システムにも様々ありますが、secret FXがおススメです

secret FXとは本WEBサイトから紹介できる会員制のFX自動売買システムです。年収10億円のトレーダーが管理しており、トレーダーが管理しきれない部分をシステムが管理する方式で運営しています。人とシステムのハイブリッド方式です。人の目もあるために急激な相場の変動にも対応できます。

FX自動売買システムの多くは購入者の資金を溶かした上に1年以内に姿を消していきます。しかしsecret FXでは2年間以上成績を出し続けています。コロナ禍であっても驚異のパフォーマンスです。

投資戦略も1つだけでなく、αβγ3種類あります。ポジションを持つ期間や決済の値幅などで戦略は分かれており、システムでありながら分散投資も可能です。

以下のボタンからLINE登録していただくことで、secret FXの開発者を直接ご紹介できます。WEBサイトだから紹介できるだけに、ぜひご登録お願いします。

\ 完全クローズドFX /

Secret FXのサイトを見る

タイトルとURLをコピーしました