2020年最新 有明エリア再開発&タワーマンション売却相場情報

中古マンション売却マニュアル

不動産売却一括査定「イエイ不動産売却査定」

有明タワーマンションの売却相場や動向を知りたい方向けに不動産会社スマートアンドカンパニーがお伝えします。
記事を読めば以下の内容がわかります。

・有明エリアの中古タワーマンション売却相場(2020年最新)
・有明タワーマンションを高値で売却するポイントと市場動向

Contents

今年開催の東京オリンピックに向け開発が進む有明エリア

開発の進む有明エリア

東京オリンピックに向けて有明は再開発され、さらに便利に

周知のとおり、今年2020年7月には東京オリンピックが開催されます。メインスタジアムである新国立競技場は、最大8万人まで対応可能。東京オリンピックの競技場は東京都内または近郊で開催されますが、大きくは2つに分けられます。

ひとつは、1964年の東京オリンピックでも使用された代々木競技場や日本武道館など過去の遺産を活かした「ヘリテッジゾーン」。もうひとつは、有明、海の森、夢の島、お台場など東京湾に面した「東京ベイゾーン」です。

「東京ベイゾーン」として、有明エリアは目覚ましい勢いで開発が進んでいます。2021年春完成が待たれるのは住友不動産が手掛ける、“シティタワーズ東京ベイ”です。シティタワーズ東京ベイは国家戦略特区認定事業として、ホテル、ショッピングモール、タワマンを建築中。有明エリアは買い物にやや不便だったのですがショッピングモールができることによって、これまでの難点が一気に解消される見込みです

有明エリアのタワーマンションは、通勤に便利で災害にも強い

有明エリアはりんかい線とゆりかもめ、バスも利用でき、都心へのアクセスは抜群です。そこへオリンピックの再開発によりBRTも導入されますから、さらに便利になります。

さらに、湾岸エリアながら、災害対策をものすごく考えられているのも有明エリアの大きな特徴です。

有明エリアにはすでに複数のタワマンが建っています。既存の有明タワマンの特徴として挙げられるのは、共用設備が豪華で総戸数が多い点です。完成が待たれる、シティタワーズ東京ベイは意外にも共用設備はシンプル。プールやラウンジなど、ホテル並みの共用設備を望むならば、有明エリアの中古タワマンを選ぶべきですね。

有明エリアタワマンは2020年に在庫が増加する

有明の中古タワマンには、上記の通り、交通の利便性と防災面、整った街並み、今後街が成長する伸びしろもまだまだありますから、複数の大きな魅力があります。既存の中古タワマンもブランド力はまだまだ引けを取りません。

有明エリアの売買状況は、他の湾岸エリアとは少し違いこれまで相場価格は横ばいを続けてきました。有明エリアのタワマンは人気が高く、2018年には、市場に有明エリアの中古タワマン物件が出るとすぐに売買成立したため、市場に在庫が少なかったことが原因の一つです。2018年に在庫が少なかったために、2019年には売却物件が徐々に増え、2020年の現在では在庫が豊富にある状況です。オリンピックを目前に控え、相場価格が上がり売却のチャンスと思う方が多いためであることも挙げられますが、有明タワマンは間もなく築10年を迎えるものが多いのです。10年間の住宅ローン減税を前に、手放すことを考える人も少なくないでしょう。また、頃合い的にオリンピック後には大規模修繕が行われるタワマンもありそうです。その前に手放すという方もいると思います。さらに言うなら、有明タワマンは共用部が豪華なマンションが多いのが長所であり短所でもあります。共用部の維持管理を支えるのは、住民の修繕積立金です。タワマンの修繕積立金は、5年、10年、15年と引き上げられていくものですから、最終的には、住み始めた当初よりも高額な金額になってしまうのです。タワマン所有者で、高い修繕積立金に嫌気が指して住み替える方も多くいます。

有明エリアタワーマンションを売却するポイント

上記の理由から、2020年は有明タワマンの在庫物件が多くなる見込みがあります。現状有明タワマンの相場価格は2019年に比べ、ブリリア有明シティタワーのみやや下がりましたが、それ以外はどれも若干上がりました。新型肺炎などの影響で、世界情勢も揺らいでいますが、株価の動向より一歩遅れて影響が来るのが不動産市場です。今後景気が悪化する恐れはありますが、現状不動産市場はまだまだ高値をキープしています。売却を考えている方は今が一番高く売却できる時期と言えます。売却検討中の方は、一刻も早く不動産査定会社に査定を依頼し、売却活動をスタートさせましょう。有明エリアのタワマンは元々の金額が高額ですから、損をしないように、より高く売却するためには他のまずは行動することをお勧めします。買い手は他の似たような物件と比較して購入を検討しますから、ライバルは少しでも少ないほうが良いですよね。そのため、なるべく早く行動をした方が良いのです。

不動産会社によっては500万円もの差がつくこともありますから、なるべく多くの不動産会社から査定を取ることは非常に大切です。複数社への査定依頼はインターネットの無料一括査定サイトの利用がお勧めです。エリアなどを入力するだけで、複数社への一括査定は完了します。売却をお考えの方はぜひ気軽に利用してみて下さい。

どんなサイトから査定をとるべきなのかお悩みの方は、最新マンション売却一括査定ランキングを参考にしてみてくださいね。

有明タワーマンション 売却相場紹介

有明タワマン売却相場
有明のタワーマンションのご紹介をします。売却相場価格は以下のような雰囲気ですので、売却検討されている方はご自身の物件がどれくらいの価格で売却されているのか知ることができますよ。ぜひ参考にしてみてください。

「ブリリア有明シティタワー 相場情報&口コミ」

東京都江東区有明
ゆりかもめ「お台場海浜公園駅」徒歩12分
ゆりかもめ「有明テニスの森駅」徒歩14分
りんかい線「国際展示場駅」徒歩16分
2014年12月築

【相場情報】

77万円/㎡

階数 価格 間取り 広さ 向き
26〜30階 4,590万円 1SLDK 約48㎡
6〜10階 6,180万円 2LDK 約70㎡ 南西
26〜30階 5,180万円 2LDK 約56㎡ 北東
26〜30階 5,980万円 3LDK 約70㎡ 南東
31〜35階 1億2,900万円 3LDK 約76㎡

【口コミ】

・天井が高い点を気に入っている。サッシュも大きく、空間の広がりは十分。バルコニーも広い。
・柱を極力排除した作り。
・眺望は良く、採光は問題ない。
・設備に関してはコストダウンの努力が見られる、レンジフードがステンレスでなかったり、浴室照明がダウンライトでなかったり、ところどころ見受けられる。食洗機は自分で選べるのは良かった。
・24時間有人管理で安心感がある。最上階の共用設備は非常に整っている。そのため管理費は高め。
・これまで周辺に気軽に食事できる店は少なかった。買い物するにも電車が必要で、電車移動もゆりかもめのみと不便さがあったが、再開発に期待している。
・今後の開発状況を期待してよい地域。価格帯はその後の発展を見越して高めの設定。購入時は維持費などのランニングコストを考慮して計画的に購入すべき。
・都内の中心部にあるタワマンに比べると割安感はある。ただ、交通利便性はBRTができるまではやや不便。
・ワイドスパンの間取りが多く、リビングインのベッドルームが多い。田の字住居は少ない。
・湾岸のため、中層階でも眺望は確保されている。向きによっては、永年眺めが良いままであることはほぼ確定している。
・設備がややチープなのは残念。水回りは天然石ではなく、タンク付きトイレであるなど。値段相応と言えば相応。
・共用施設の充実度は湾岸タワマンのなかでも高い部類。スパ、ラウンジ、ゲストルームなど過不足はない。
・有明から徒歩10分弱。都心中心部勤務だと通勤はやや骨が折れる。オリンピックに係る開発に期待したい。
・これまで寂しい地域だったが、湾岸地域の将来性を見込んで開発が進み、人口は増えて行くと思う。
・売り出し中の他の湾岸物件よりも安いと思う。コストパフォーマンスは良い。
・共用設備がすばらしい点は長所であり短所。管理費が高くなりがちなのは難点。
・居室は全体的に広めの部屋が多い。1LDK~3LDKまで600戸を超える大規模物件。
・天井高は250cm以上あり、開放的。立地に合わせたリゾート感を持ち合わせた物件。
・採光、眺望ともに良い。お台場を眺めることもできる。
・室内設備は、床暖房、キッチンにはディスポーザー、バスルームは魔法瓶浴槽、ミストサウナがある。収納も豊富で、トランクルームがあり重宝している。
・キッチンからリビングへの動線も使いやすいようによく考えられている。
・共用設備は豪華だが、維持管理にお金がかかるプールが無いのは好印象。
・免震構造、停電時用自家発電など、地震対策は万全。
・省エネ性、断熱性などの環境性能は満点。
・臨海線の国際展示場も利用できるが、徒歩13分とやや距離がある。近所に買い物できる施設があまりないため、不便である。お台場には商業施設があるが、観光地でもあり日常生活にはあまり向かない。
・リゾート的なタワマンを求める人には最適。リゾート感を求めて作られている点が、他のタワマンとの大きな違い。

「ガレリアグランデ 相場情報&口コミ」

東京都江東区有明
ゆりかもめ「有明テニスの森駅」徒歩7分
りんかい線「国際展示場駅」徒歩13分
ゆりかもめ「有明駅」徒歩14分
2006年2月築

【相場情報】

68万円/㎡

階数 価格 間取り 広さ 向き
16〜20階 5,180万円 1K 約70㎡ 南西
16〜20階 4,580万円 1LDK 約68㎡
16〜20階 5,690万円 1SLDK 約76㎡ 南西
16〜20階 5,850万円 1SLDK 約80㎡ 南西
16〜20階 4,580万円 1SLDK 約68㎡  
6〜10階 5,980万円 2LDK 約90㎡ 南西

【口コミ】

・デザイン性が高く、居住性も良い。双方を両立させた稀有なマンション。
・一部屋が広く作られており、ゆったりと暮らせるところが気に入っている。
・良い素材を使用しているようで、経年劣化があまり見られない。
・以前は港区に住んでいたが、眺望はこちらが勝っている。レインボーブリッジ、東京タワーを一望でき満足。
・遮音性も大変良い。
・収納は十分に確保されている。キッチンもおしゃれで良い。トイレはタンクレストイレで手洗いスペースがあり使いやすい。
・ランニングコストはそれほど高くないが、ジム、バー、プール、屋上庭園など充実している。
・エントランスに始まり、細部にわたってラグジュアリーなコンセプトが行き届いている。
・バス利用で10分ほどで築地、銀座に行ける。出張の際にも、東京駅までバスで一本で行けて便利。BRT完成後にはさらに便利になるかと思うと非常に楽しみ。
・各階ゴミ捨て場があればなおよかった。
・銀座、東京、羽田にアクセス良好で、眺望も良い。部屋も使い勝手がよく、共用部は落ち着いたデザインが良い。ハイスペックながら、江東有明アドレスであるため割安な価格設定は好感が持てる。
・天井高は高く、居室への柱の出っ張りも最小限にとどまっていると思う。居室空間は広く感じる。最近あまりない、広い平米数でありながら2LDKや1LDKの間取りもある。
・低層階は、隣のシティタワー有明や高速の影響を受けるかも。
・内廊下を採用。
・バルコニーは狭い印象。
・室内設備は、天井カセットエアコンや幅の広いトイレカウンターなどデザイン性が高いように思う。築10年以上の物件ながら、古さを感じさせない。新しい物件と見比べてもおしゃれと感じる。
・修繕積立金はタワマンによくある階段式ではなく、一律性に変更された。管理組合の努力のたまものであるが、より暮らしやすくなった。
・買い物利便施設がほとんどないのが残念。今後できるショッピングモールに期待している。
・見る人によっては多少の古さは感じるかも。しかし、デザイン性・仕様の高い設備は新築物件にまだまだ引けを取ら無い。妥当な価格で検討の価値のある物件だと思う。
・バス停はまずまず近いが、ゆりかもめ駅までは若干の距離はあるのは否めない。
・1LDK~3LDKまで多様な間取りプランがある。
・キッチンやリビングの広い住戸が多く、これらを重視する人には一考の価値あり。
・大きな柱はベランダに出ているので、室内はスッキリとしている。
・マンションの南西側には高速がある。低層階(3,4階)は要注意。
・マンション北東側は同程度のタワマンがある。北東側の眺望は望めないので注意が必要。
・カセット式エアコン、リビング床暖房、キッチンにはディスポーザーあり、洗面所内のカウンター下には、ドラム式洗濯乾燥機も備え付け。
・共用部が豪華な点が最大の売り。大きなプールが象徴的だと思う。まるで高級ホテルのようだ。その割に管理費は安い。
・マンション建設当初は何もない街だったが、徐々に学校や他のマンションも建ち、街として成熟しつつある。
・最寄り駅へは徒歩7分と少し距離がある。
・タワマンにあるような共用設備はほとんど備わっている。
・エントランスは大人のリゾート感が漂うが、プールがある点で子供にも喜ばれ、ファミリーにも重宝されている。
・アイランドキッチンは豪華な気分になることができ、秀逸なデザイン。
・リビングを重視ていて、奥行きもありリッチな印象。玄関もゆったりと作られていて豪華。
・周辺にタワーが他にもあるが、そうであっても眺望は大したものだ。
・ファミリーよりもDINKSに適していそう。
・タワーにありがちな豊富な共有施設。プールやラウンジは果たして必要かどうか疑わしい。
・防災拠点であることは安心感がある。
・有明の再開発で街は変貌するだろうと思う。
・有明は東京都の防災拠点ということで、地震発生時にはある程度は安心できる。埋め立て地であるため、気持ちの上では心配要素が無いわけではない。
・間取りプランは多様で、好みの間取りをよく探すとよい。
・アウトフレームを採用していて、空間を上手に生かしている。開放感がある。
・近隣にタワーマンションが多く、眺望は期待できないが、採光は問題ない。
・収納は最低限しかないが、設備は標準以上のものを使用しているため、全体的に高級な雰囲気がある。

「ブリリア有明スカイタワー 相場情報&口コミ」

東京都江東区有明
ゆりかもめ「有明テニスの森駅」徒歩8分
りんかい線「国際展示場駅」徒歩11分
ゆりかもめ「有明駅」徒歩11分
2010年12月築

【相場情報】

92万円/㎡

階数 価格 間取り 広さ 向き
21〜25階 4,180万円 1LDK 約40㎡
16〜20階 8,380万円 2LDK 約94㎡
1〜5階 6,198万円 2LDK 約76㎡ 北西
1〜5階 5,290万円 2LDK 約62㎡ 南東
26〜30階 9,800万円 3LDK 約94㎡ 南東

【口コミ】

・収納が多く、家具をあまり必要としない。
・天井が高く、窓も大きい。開放感がある。部屋も明るい。
・間取りにもよるが、玄関がそれほど広くないため、ベビーカーを置くのに少し物足りない。
・共用施設は、ゲストルーム、バーラウンジ、ジム、プール、キッズルームなどがある。プールは子供と遊べてあって良かったと思う。
・周囲に買い物できる店がないのは不便と言えば不便だが、アマゾンで買えばいいことなので割り切っている。
・すぐ裏にできたての小中一貫校がある。近隣にはスポーツ施設、保育園がある。歩道の道幅も広く、ベビーカー押していても歩きやすく安全。
・子育て世代のファミリーにはぴったりの物件だと思う。
・有明という町はこれから発展するとは思うが、好みの分かれる街。街はスッキリとしていて景観は良い。
・都心部がにくらべたら価格を抑えられたタワマン。交通利便性は住んでみたら悪くはない。今後商業施設やBRT完成間近でしばらく値崩れしないのではないか。
・主寝室、居室の壁は二重構造になっていたりと、遮音性に配慮がされている。
・開口部はハイサッシで開放的。採光、眺望は抜群。
・床暖房は電気式。キッチンはIHでディスポーザー付き。カウンターキッチンは天然御影石を使用。トランクルームもある。
・最上階は33階だが、ラウンジになっており、無線LANが無料。屋上は展望テラスになっている。
・徒歩圏内に郵便局や役所はあったらよかった。
・住戸設計は無駄が少なく収納が多くて良い。
・日当たりは良く、日中とても明るい。高層階では周りの視線が気にならないのでカーテンの必要もない。
・お風呂、トイレ、洗面所が集約されている。
・管理費の割に多くの共用施設がある。
・歯科医、小児科、小学校は近くにあり便利。1階にスーパーがあり良い。
・天井が高く、梁も目立たない。窓も大きいので空間は広々としている。60〜70㎡の間取りが多い。
・どの方角も広々とした眺望だが、特に南西側はテニスの森に面しているため開放的。
・廊下は最小限に抑えられている。キッチンはコの字で使い勝手の良さがある。
・立地、住戸、設備などどれをとってもバランスの良く取れたマンション。
・オリンピック開催に向けての再開発で、利便性はさらに向上すると期待される付加価値を持っている。
・ブリリアマーレ有明と隣接ではあるが、園庭でかこまれていて距離は十分にあるのでお見合いにはなっていない。採光は十分に確保されており、プライバシーも守られている。
・室内設備はディスポーザーなど一通り便利な設備は整っている。デザインも良く気に入っている。間取りによって家事動線に差はあるが、どれも対面キッチンで使いやすそうな印象。
・共用設備は盛りだくさんで、賛否両論呼びそう。新聞宅配サービスはありがたい。
・1階にはスーパー文化堂がある。店の少ない有明エリアでは貴重な存在。
・マンション全体に、デザイン、質感が良く購入の決め手になった。
・間取りは色々あるが、中にはおしゃれだが使いにくそうな間取りもある。
・周囲は大きく空間が取られているので、採光やプライバシーの面では問題ない。
・南側にはテニスの森公園を見ることができ眺めも良い。北側は広々としたガーデンと都心の夜景が見える。
・下層階は内廊下、上層階は外廊下式。建物の中心部が立体駐車場になっているため、このような造りのようだ。
・オール電化だが、仮に地震発生して電気が止まった場合にも、ライフラインの中では電気が一番に復旧しやすいらしい。そのためオール電化の方が安心なのだそう。
・共用部は、ブリリアマーレ建設時の経験や、お客さんのリサーチなどから作りこまれているとのこと。絞られて作っているようだが、それでもかなり充実している。ブリリアマーレから続く、広いガーデンがあって良かったと思う。
・現状、ゆりかもめ、りんかい線では都心に出ることはできるが、交通費が余分にかかるため不便。今後BRT開始したらさらに便利になればよいと思う。
・このような豪華な共用部のあるタワマンは今後希少になっていくだろうと思う。
・マンション共用部も有明の街も生活感がないため、非日常性は味わえる。

「ブリリアマーレ有明 相場情報&口コミ」

東京都江東区有明
ゆりかもめ「有明テニスの森駅」徒歩6分
ゆりかもめ「有明駅」徒歩10分
りんかい線「国際展示場駅」徒歩10分
2008年12月築

【相場情報】

88万円/㎡

階数 価格 間取り 広さ 向き
16〜20階 6,380万円 2LDK 約70㎡
1〜5階 6,380万円 3SLDK 約80㎡
6〜10階 6,380万円 3SLDK 約76㎡
11〜15階 5,280万円 2LDK 約66㎡ 北東
6〜10階 4,680万円 1LDK 約56㎡ 北東

【口コミ】

・窓が大きくて開放的。天井も高い。
・西側の一部住戸はスカイタワーとかぶることもある。その他の向きでは中層以上であれば眺望は抜ける。
・有明タワマンの中では築年数はそこそこ建っているが、最新のマンションと比べても引けを取らない。
・共用施設は最上階に集約しており、住まいが低層階でも最上階の眺望は自由に楽しめ、良い工夫がなされている。
・内装設備は良い仕様で揃っている。気になる点はリフォームすればよいし快適に暮らせている。
・天井高は2m50cm以上あり、アウトフレーム設計なので、空間は広々としており開放的。
・マンションは100年の耐久性を目指した高強度コンクリ―トなのだそう。遮音性の高い窓も採用しており、騒音対策は万全。
・収納はトールタイプで使いやすい。天井カセット式エアコンである点とトランクルームがある点は好ましい。
・浴室には段差がなく、横長のミラーがおしゃれ。
・食洗器とIHコンロがあればよかった。
・最上階にはジム、屋上テラス、オーナーズスイートのゲストルームなどの7つの施設がある。バーもあり無線LANも使用できるが、アルコール提供はマイナスポイントと感じる。
・近くに有明テニスの森公園、有明スポーツセンたーなどがあるのは良い。
・羽田まで車で10分は近くて良い。
・難点は、徒歩圏に郵便局、役所がないことと地盤の強度が心配な点。
・ベイエリアのウォーターフロントとして、ランドマーク性も高い。
・吸湿性のある特殊な材質の壁材を使用しているため、通年湿度が心地よく保たれている。
・採光は抜群だが、初夏から真夏にかけては暑い。
・共用廊下から一段奥まって玄関が作られている。ドアを開けても廊下を歩く人に見られてしまうことは無いように作られていて良い。
・キッチンにはディスポーザーが付いており、便利。ゴミ置き場は各階にあり、二重扉が付いている。
・宅配が来た時に不在でも、キーをかざした瞬間に宅配が来た通知を出してくれるのはありがたい。
・築10年ながら、外観は手入れが行き届いていてきれい。
・地下に自転車置き場があったり、道路に面していない通路などには、WEBカメラと周回的にパトロールを行ってくれているので、安心感がある。
・ゲストルームの予約は混みあっている。キッチンもあり、そちらは比較的予約しやすい上に、食器や調理器具も揃っているので、重宝している。
・ゆりかもめで新橋から有明まで12分で帰って来れる。
・有明は倉庫や物流倉庫が多く、また豊洲市場も近いためか、大型トラックも良く通る。
・ディファ有明があったころには、イベントでアイドルのコンサートなどあると音が高層階まで聞こえてきた。
・全体的に高級感があり、静かで住みやすいと思う。
・理事会の運営は合理的で都度、改善を目指し話し合っている。騒音や一部住民の共用施設の使い方など気になることがあっても対応できて環境は良い。
・住民と管理会社の努力によってメンテナンスされ暮らし安く保たれている。
・オリンピックで価格は寝あがっているが、再開発で利便性も高まるためオリンピック後も急落することはないだろうと思う。
・高級感がある点を一番気に入っているが、季節によってイベントを実施するなどファミリー、カップル向けにも楽しめるマンション。
・プライバシーがとにかく守られているため、近所付き合いはやや希薄。居住者以外の防犯対策は万全だが、投資目的で所有している人が貸し出している場合には、次々と住民が入れ替わりあまりいい気はしない。
・西南向きの部屋はレインボーブリッジが見えたり、お台場の花火も見ることができる。
・共用施設の豪華さは日本一だと思う。圧倒的。プールは25mが4レーンある。このようなプールが最上階にあるマンションは世界的にも珍しい。
・バーラウンジは100席ある。
・隣のマンションにスーパーがあるうえに、マンション内にコンビニもある。日常生活に支障はない。
・街並みが整然としていて、普通の街とは違い、風紀を乱すような施設は一切ない。コンセプトをしっかりと街づくりがなされている。将来的にも治安の良い街になるのではないかと期待する。
・間取りの種類は豊富だが、ざっくり言うと角部屋以外は田の字。外廊下にしたのが幸いして風通しは良い。
・管理組合がしっかりとしているため、共用施設は維持管理がすばらしい。
・現状は、ゆりかもめから東京メトロで地下鉄利用するか、りんかい線を利用するなどして都心に出ている。りんかい線は意外に便利で、恵比寿、渋谷、新宿、池袋には直通で行くことができる。バスも豊富で、東京駅や銀座などにも1本で行くことができる。世間に思われているほど不便とも感じない。また、羽田もタクシーで15分で行くことができ、非常に近く便利。
・現状急ピッチで開発は進んでいるが、都心へアクセス良好なことと、リゾートのように整備されゆったりとした街並みを味わえるのはここしかない。
・マンション内には、歯医者と小児科、コンビニが揃っておりいざというときも安心。

「オリゾンマーレ 相場情報&口コミ」

東京都江東区有明
ゆりかもめ「有明テニスの森駅」徒歩5分
ゆりかもめ「有明駅」徒歩8分
りんかい線「国際展示場駅」徒歩9分
2004年10月築

【相場情報】

66万円/㎡

階数 価格 間取り 広さ 向き
11〜15階 4,480万円 1SLDK 約62㎡
1〜5階 4,480万円 1LDK 約54㎡ 北西
6〜10階 4,180万円 1LDK 約58㎡ 南東
11〜15階 4,780万円 2LDK 約64㎡ 南東
16〜20階 4,380万円 1LDK 約54㎡

【口コミ】

・ファミリー向けというよりかは、あれ程度年齢の高い方向けの贅沢な居室環境といった感じ。
・天井が高く空間に広がりを感じる。広々とした2LDKなどの間取りが印象的。
・現状、中層階以上であれば眺望は確保できている。有明ガーデンシティができればぐっと便利になるだろうが、眺望への影響が心配。
・築年数は経過しているが、最近の新築マンションと比べても見劣りしないような設備がそろっている。
・いわゆる、湾岸タワーマンションの先駆け。共用施設は豪華で、プールは象徴的な存在。
・ゆりかもめの有明テニスの森までは徒歩5分と近い。りんかい線国際展示場駅までも徒歩10分あれば行ける。有明タワマンの中でも立地は良い方。
・有明テニスの森駅が近いため、ガーデンシティ完成の際には恩恵を大いに受けることができ楽しみ。
・豪華な部分が多いマンションだが、築年数経過により物足りない点はリフォームすれば快適に暮らせると思う。
・熟年夫婦向けだと思う。
・内装は豪華。
・修繕積立金と管理費がやや高いのめウィークポイント。
・住戸デザインは機能的で必要して十分。
・南東側は日当たりが良いが、北西側の夜景は東京でもトップレベルだと思う。
・クローゼットは多く設置されている。納戸があればよかったと思う。あと駐車場ももう少し台数があったらと思う。
・共用施設は、ホテル並み。ラウンジ、プール、コンビニなどが揃っている。
・都の都市計画に沿い開発が進み人間臭さはないが、街として成熟してきた。今後も緑多くより便利に発展してくことが期待できる。
・交通の便と買い物の便はこれまであまりよくなかったが、ガーデンシティに期待したい。
・海が見えてよい。
・外観のデザインも素敵で気に入っている。セキュリティー対策も徹底していて安心。宅配BOXは便利で重宝している。
・室内はホテルのよう。エレベーターの数も十分にあり、急いでいるときも早く下りることができる。
・バーやジム、プールなどは最上階にある。住民同士のコミュケーションが取れてよい。
・マンション内にコンビニがあり便利。
・保育バスも通っているので子育て中の方にもお勧めできる。
・ゆりかもめの最寄り駅までは徒歩3分あれば行ける。
・近隣に公園があるのと、海が近いこと、閑静であることは住んでいて心地よい。
・天井が高い上に、居室に使用している材質も高級感がある。
・国際展示場前には飲食店が多い。
・マンション内にコミュニティがある。
・西側の高層階は絶景。夜景は息をのむほど美しい。
・国際展示場駅からは恵比寿まで直通で行けて便利。
・所得の高い層が多く住む地域のため変な人はあまり見かけない。
・テラスでバーベキューもできてよい。
・建具のグレードが高い。価格を見込んでもコスパは良い。
・東雲にイオンがあり、自転車で10分程度で行ける。
・築年数は経っているが、満足して暮らせている。ドアや床などは重厚感のあるデザインで古さを感じず気に入っている。
・遮音性も高く、隣近所の生活音を聞いたことはない。
・設備は最新のものには劣るのだろうが、充分な仕様だと思う。
・高速道路は近くにあるが、静か。
・1階にコンシェルジュがいる。共用部分は清掃が行き届いていてキレイ。
・天井が高いため、部屋が広く感じる。採光も良く部屋が明るい。
・バスも多彩で、東京駅、豊洲駅、お台場方面などにもスムーズに行くことができる。
・最上階の共用施設はメンテナンスがよく行き届いている。築年数は経ったがキレイで使い勝手は良い。
・水辺あり、緑あり、海あり、台場や豊洲に行けばにぎやかに買い物もできる。気に入って暮らしています。
・バス直通で銀座に行けて便利。
・小中学校までは6,7分で行ける。

「シティタワー有明 相場情報&口コミ」

東京都江東区有明
ゆりかもめ「有明テニスの森駅」徒歩12分
りんかい線「東雲駅」徒歩13分
ゆりかもめ「有明駅」徒歩15分
2009年12月築

【相場情報】

78万円/㎡

階数 価格 間取り 広さ 向き
16〜20階 6,580万円 3SLDK 約86㎡
1〜5階 4,750万円 2LDK 約60㎡ 南東
26〜30階 7,280万円 3LDK 約86㎡ 南東
21〜25階 6,980万円 2LDK 約76㎡ 北西
16〜20階 6,580万円 3LDK 約86㎡ 南西

【口コミ】

・動線の無駄が少ない。3LDKの間取りだが住んでいて暮らしやすい。
・0.9帖の納戸がありとても便利。
・南側にはゲートブリッジ、東京湾を眺めることができる。北側は、レインボーブリッジが見える。
・南側には、道路を挟み小中一貫校と医療大学があるが、どちらも低層なので眺望に影響なし。
・遠目ではあるが、ディズニーランドの花火も見える。
・一番小さい洋室以外は、ダイナミックな眺望を楽しむことができる。
・下足入れ、収納は豊富で十分ある。
・ディスポーザーとリビングの床暖房は標準装備。
・共用施設は、各階ゴミ置き場、ゲストルーム、ジム、ラウンジなど。コンシェルジュサービスもある。
・マンションは気密性が高く、騒音はほとんど気にならない。
・近隣に大型商業施設やホテル、マンションも建つ予定で、街の将来が楽しみ。
・住友不動産のマンションなので、資産性を保てると思う。
・マンションの外観がかっこよく気に入っている。
・共用部は豪華すぎず、適切だと思う。間取りも広々として使いやすい。静かで落ち着いた暮らしを送れている。
・駅は若干遠いと感じかも。
・玄関廊下は極力短く設計されていて、居室面積を広くとっている。
・ダイレクトウィンドウを採用しており、足元から天井まであるFIX窓で眺望、採光ともに良い。
・住居によっては、天井の梁が目立つものもある。
・一部住戸は、隣に建つガレリアグランデとお見合いになってしまうところもあるので注意が必要。北東側がオススメで、運河側の方が眺望が抜けている。
・住友不動産らしく、設備などは最低限だなという印象。エントランスは豪華だが、その他の共用部は普通。
・最寄り駅はゆりかもめの有明テニス森だが、他のタワマンと比べると一番遠いのは難点。
・マンション一階はコンビニで便利である。
・生活利便施設がコンビニ以外に乏しいことと、駅から遠いことで価格面では抑えられている。
・リビングは玄関から見えないように配慮されている。
・開口部が広く、各部屋にきちんと光がはいるように設計されているのは好感が持てる。
・免震構造、支持層まで基礎杭が施されているため、地震対策は万全。
・天井高2600mm前後あり、ダイナミックパノラマウィンドウが売り。非常に開放的で室内は明るい。
・南東側は8階建て程度の大学があるため、中層階以上であれば眺望は望める。
・南西側はガリレアグランデとお見合い。
・二重床、二重天井で遮音性は良好。
・各階にゴミステーションがあり、ゴミ出しは楽。
・夜景が好きな人には良いマンション。
・全体的に田の字の間取りは少なく、部屋が並列した間取りがほとんど。
・ダイレクトウィンドウだが、カーテンを開けると、隣地から丸見えではないかと思うことも。
・北側には、レインボーブリッジ、スカイツリー、東京タワー、富士山が見える。南側は将来的にも眺望は抜けており、東京湾、東京ゲートブリッジが見える。
・収納は多い。大きな収納スペースも各住戸に1つは備わっている。
・物件の周辺には電柱が地中化されており、街並みはスッキリとしていて歩きやすい。
・スーパーは徒歩10〜15分以内に文化堂とイオンがある。今後、有明にも大型複合施設ができるとこのとで、将来性に期待している。
・タワマンの間取りがあまりよくないと感じていたが、この物件はひときわ間取りがよいと思う。
・面材は全体的に高級感があるものを使用している。
・駐車場の数は豊富にある。共用部は最小限で、ジムやラウンジくらい。管理費も抑えられている。

有明の中古タワーマンションを高値で売却するためのポイント

有明中古タワマン売却ポイント

2020年有明の中古タワマンは今が売却チャンス

有明の相場はこの2016〜2019年頃まで、基本的には横ばいでした。在庫がほとんどすぐ成約してきたためです。2018年頃には、これまで過剰だった在庫が減少したと考えてよく、2019年にはまた在庫が戻ってきました。現状2020年は売却相場も上がり、現在が最も高い価格だと言えます。在庫も多く揃っていますから、有明のタワマンを欲しい人にとっては今が買い時です。

有明はこれまで、豊洲やお台場に比べると、買い物スポットが少なくやや不便でしたが、2020年4月にはついに「有明ガーデン」として複合大型商業施設がオープンします。そのため豊洲に比べると少し買い得感のある街で、これまで購入してきた方は発展した未来を見据えて購入されてきたと思います。2004年に開発をスタートさせて、2020年、もう間もなく商業施設ができますから、ついに未来が見えてきたと言えますね。有明ガーデンには、有明イオンスタイルをはじめとした多種多様な店舗が203種類も入るそうですから楽しみですね。また、都内では最大級となるイベントホール「東京ガーデンシアター」、宿泊施設として「ヴィラフォンテーヌグランド東京有明」も併設するほか、劇団四季専用劇場である「有明四季劇場」、温泉施設などもあります。

また、有明アリーナ、BMXコースなどオリンピック会場のすぐ近くに住まいがある点は一生の思い出になると思います。東京オリンピックを間近に楽しみたいと思われる方は必ずいると思いますから、2020年は有明タワマンは売却するのに適していると思いますよ。

中古マンション売却成功のカギは不動産会社・営業マンとの相性

有明エリアのタワマンの中でも、オリゾンマーレとガレリアグランデは他の有明マンションと比べて駅から最も遠く、有明アリーナの影響で眺望面で心配な点を挙げると、やや売却しにくいかもしれません。しかし、必ずマンションには長所もありますから、良い不動産会社を選択肢、相性の良い営業マンを見つけ出すことで、売却成功することができますよ。例えばオリゾンマーレのエントランスは南国ムード漂う涼し気な印象ですし、ラウンジはホテルライクで豪華です。仕事の打ち合わせにも利用可能ですから用途が広がりそうです。27階にはバーがあり、パスタも食べることができます。同じく27階には展望スペース、プール、ジムがあります。居住者専用で、くつろぐことができそうです。実際に利用してみるとどうなのか、売却側は元居住者としてメリットを営業マンに伝え、言葉のマジックで買い手に訴えかけられるといいですね。まずは、売り手としてのこちらの話をきちんと聞いてくれる営業マンであることは大事なポイントです。不動産売却のノウハウは営業マンの方が長けてますから、買い手に良い形で伝えてもらえるとベストです。
腕の優れた営業マンと出会うためには、一つの不動産会社に依頼して売却するのではなく、複数の不動産会社から査定をとってみて、その中でもっとも優秀だと感じる営業マンのいる不動産会社に売却の依頼をすることが大切です。

有明タワマン売却 不動産選びはどこがいいのか

有明エリアのタワマン売却に強味がある不動産会社はどこがいいのか、最初はよくわかりませんよね。地道にネット検索で探すのは時間もかかりますし、骨の折れる作業です。このサイトではタワマン売却のはじめの一歩として、インターネットの無料一括査定サイトをお勧めしています。査定を依頼すると。コンピューターが自動でご自身の物件に合った不動産会社を数社ピックアップしてくれます。ピックアップされた不動産会社が査定を行い、短時間に数社の査定を取ることが可能です。手元に届いた査定結果を見ることによって、ご自身の物件が今どれくらいの価格なのかを知ることができますよ。「今すぐ売却するわけではないけど、いずれは売却を検討している」という場合にも、相場を知っておくことは重要です

有明エリアの人気タワマンである、シティタワー有明、ブリリアマーレ有明、ブリリア有明スカイタワーなどの坪単価は2019年には横並びだった時期もあります。しかし、2020年の現状これらの人気マンションも少しずつ差が出始めていますから、市場のトレンドを知るという意味で、無料一括査定を利用するというのも一つの手だと思います。

当サイトでは「イエイ」「イエウール」「リビンマッチ」3つの一括査定サイトをお勧めしています。これらの無料一括査定サイトは、あとから勧誘を行うということもありません。安心して利用してみて下さい。それぞれの一括査定サイトの特徴など詳しくは関連リンクでご紹介しています。

【関連リンク】

「イエウール」
「リビンマッチ」
「イエイ」

有明の災害対策は万全

有明の災害対策

有明エリアは水害、地震に強い

有明などの湾岸エリアは埋め立て地ですから、災害対策はどのようにしているのか気になるところです。

しかしながら、有明エリアは、東京でも有数の災害対策を考えられたエリアになっています。

仮に、荒川が氾濫した場合にも、ハザードマップでは、有明地域が避難地区に指定されているほど浸水の危険性が低いのです。災害時にも、有明エリアの住人は倒壊や延焼の危険性がないため、残留しても安全であると言われています。

また隅田川や荒川が大雨で増水し氾濫した場合にも、浸水の可能性はほぼ無いとも予測されています。

これらは、東京都や江東区が発信しているハザードマップに記載されています。

このように、有明は洪水や津波に非常に強いエリアです。埋め立て地として開発を行った際に、高潮防潮施設を設置し、地盤高を高く設計することによって、災害に強い設計としていたことが功を奏しているようです。

地震発生時には

有明エリアのタワマンは、地震にも強いのが特徴です。

大地震であっても、支持像とマンション自体が強固な杭で結ばれているため、倒壊することはありません。

一方、ライフラインはどうなるのか?地震によって、一時的には途絶えてしまう可能性はあります。しかし、有明エリアには、16kmにもおよぶ、「「関東大震災クラスの地震にも耐えられる共同溝」が設置されています。ここには、上下水道、電気、ガス、インターネットケーブルが格納されているので、万が一大地震が発生した場合にも、早い復旧が見込めるエリアと言えます。ここまで安全性の高さを謳ったエリアは他に類を見ないのではないでしょうか。他の湾岸エリアに比べ大きな利点と言えますね。

有明エリアは通勤に便利

有明は通勤が便利

大変充実している有明の交通網

有明エリアの大きな魅力が「交通利便性」の良さが挙げられます。りんかい線、ゆりかもめ、バスがどのマンションからも近い位置にありますから、渋谷や新宿、池袋など都内主要エリアへのアクセスは良好です。

りんかい線だと国際展示場駅が最寄になります。国際展示場駅から渋谷駅へは直通で19分ほどで到着することができます。また、東雲駅も利用可能なタワマンもあります。

ゆりかもめでは、有明テニスの森駅か有明駅が利便性が高く、少し歩くとお台場海浜公園駅も徒歩で利用できます。

その他にも、バスも豊富に出ており、5〜10分に1本のペースでバスが出ています。都バスを利用すれば、東京、丸の内や銀座、築地へも楽に出ることができますよ。

ちなみに、アーバンドックららぽーと豊洲行きの無料シャトルバスも出ているので、買い物にも便利です。

オリンピックに向けてBRTも整備

「BRT」とはBus Rapid Transit(バス高速輸送システム)の略です。道路上の専用レーンや専用道路を走るバスなので、運行の遅れが少ないのが特徴で、通常の路線バスと違って多くの乗客を効率よく輸送できます。

湾岸エリアで開発が進められているのが、“東京BRT”です。これが完成すると、虎ノ門や新橋という都心部と、湾岸エリアのアクセスがさらにスムーズになります。BRTの運行は、有明エリアの住民にとっても大変便利ですが、オリンピックの観客も有明に行き来しやすくなりますから非常にメリットが高いのです。

築地市場の移転が遅れたために、BRTの整備事業もやや遅れました。そのため、2020年にはプレ運行を目指し、本格運行は2022年になるであろうと案が出ています。本格運行開始時には、新会社と京成バスによる共同運航が計画されています。

BRTがどのようなものかピンとこない方も多いかも知れません。ちなみに言うと一般的なバスの形をした単車バスと、車体が2台つながった連結バスがあります。単車バスだと定員は78名、連結バスは129名乗れるそうです。残念ながら2020年のプレ運行時には単車バスしかまだ見られませんが、連結バスが湾岸エリアを颯爽と走る姿はかっこよさそうです。なんと、早朝5時台から24時台の運行を予定しているそうなので、有明住民にとっては通勤に重宝しそうですね。運賃はプレ運行時は一般のバスと変わらず220円のようです。本格運行時には、金額は未定ながら値上がる予定とのこと。しかし晴海・新橋間をわずか10分で運行できるとなれば致し方ないかと思います。

多くの都心タワマンに住む人が、住んで良かった点として挙げられるのは、「交通が便利でよい、駅が近くて良い。」という点です。また、その逆は毎日の通勤に関わることだからか、大きなウィークポイントとして「もう少し交通が便利だったら」と語られることが多いようです。有明のタワマンが通勤・通学に便利であることはマンションを売却する際には購買層に強く訴えかける長所となります。また、買い手も便利な生活を送ることができます。交通利便性の高いエリアというだけで、中古マンションは売却しやすくなる点をぜひ覚えておいてください。

小学校が新たに誕生

有明の新小学校

2018年2月には、新たに有明西学園という小中一貫校が誕生しました。これまで小学校は、ガレリアグランデと南側に有明小学校があるのみでしたが、有明西学園ができてからはブリリア有明スカイタワー、ブリリアマーレ有明、ブリリア有明シティタワーなどのタワマンはこちらの小学校が通学区域になります。

さらに、小学校北側には有明親水海浜公園も完成間近です。完成後は、有明に磯浜が誕生する予定で、益々ファミリー向けの憩いスポットとして勢いがつきそうです。

オリンピック関連施設のタワマンへの影響

オリンピックが有明に与える影響

有明アリーナの影響

オリンピック関連施設の中でも有明アリーナはやや大きめで、高さは約36.7mもあり、マンションの11階建てくらいの高さがあります。

有明アリーナはオリンピック後もスポーツイベントや各種大会が行われる予定ですから、シティタワー有明や、ガレリアグランデの購入を検討される方は、眺望に影響がある居室かどうかよく確認しましょう。

有明体育競技場の影響

有明体育競技場はマンションでは9階に相当する高さです。近隣マンションにやや影響を及ぼすサイズですが、10年間は各種展示場として役割を果たす予定ではあるのですが、それ以後の使い道はまだ決まっていないようです。

有明BMXコースはオリンピック後には取り壊される

有明BMXコースはかつてのディファ有明の北側に建設されています。BMXコースは仮設コースなので、オリンピック後は取り壊される予定でいます。ディファ有明は2018年に閉鎖し現在は更地となっています。2021年完成予定で、東急建設による地上48階建てのタワマンができる予定と言われています。完成後は、ブリリアマーレ有明の一部眺望に影響があるかもしれません。

有明にはまだまだタワマンが建設予定

有明に建設予定タワマン

オリゾンマーレの北側に建設されるのが、大和ハウスが手掛けるプレミスト有明です。15階建てですのでタワマンの定義にはあてはまりませんが、こちらは2020年3月には完成する予定です。プレミスト有明が建つことによって、オリゾンマーレの北側の眺望が見えにくくなってしまいますので、中古マンション購入検討の際には要注意です。先述のとおり、2021年にはシティタワーズ東京ベイが完成し、同2021年にはディファ有明跡地には33階建てのブリリアタワー有明ミッドクロスが完成予定です。売却目線では、眺望面で損なわれてしまうのは痛い点ではありますが、タワマンの魅力はそれだけではないので、他の多くのメリットを武器に営業マンにはセールスポイントとして買い手に進めていただきたいですね。

おまけの知識:有明再開発の変遷

有明の変遷

有明はどのようにして開発されたのか

今でこそ東京湾を一望できるタワマンがシンボル的に人気のあるエリアとなった有明ですが、開発当初はまだまだ何もない街でした。現在はいくつものタワーマンションが建ち、2020年には商業施設も完成し、ついに街として成熟しようとしています。どのようにして、有明は育っていったのか、順を追って解説します。

非日常を提言したオリゾンマーレ

2004年に「プロパスト」というマンションディベロッパーによってオリゾンマーレが開発されたのが最初です。2004年当時は全く知名度がありませんでした。そこでオリゾンマーレは、共用部を徹底的にこだわり、非日常性を前面に押し出した販売戦略を行いました。高級感は現在でも国内トップクラスを誇ります。最上階にはバーがあり、東京湾の夜景を見ながらお酒が楽しめ、プールはガラス張りで月夜を見ながら泳ぐこともできムードはたっぷりあります。ラウンジ、展望台なども豪華です。これらの豪華が共用施設によって、都心に近く、非日常間溢れる生活を提案したのです。プロパストという会社名になじみは少ないかもしれませんが、デザインに特化したマンション分野に強味のある会社で、オリゾンマーレのラグジュアリーな雰囲気づくりは見事です。

ホテルそのものを目指した有明ブリリアシリーズ

その後有明エリアは、東京建物が手掛けるブリリアシリーズによって一気にブランド力のある街に成長しました。ブリリアマーレ有明のCMにはなんとマドンナを起用。多くの人の目に、有明がこれから発展するポテンシャルの高い街であることを強く印象付けました。

ブリリアシリーズは、現在ブリリア有明スカイタワー、ブリリア有明シティタワー、ブリリアマーレ有明の3つです。どれも、人気が高く、85〜87万円/㎡で売買されているようです。ブリリアシリーズが持つ日常的にリゾートに住む高級感を求める人は少なくないようですね。ブリリアマーレ有明は、プロパストが有明で関わった最後の物件でもあります。有明の中でも共用施設が最も充実し、かつ豪華。スイートルームはデザイナーがマドンナをイメージしてデザインしたとのことで、写真で見る限りホテルにしか見えないほど。ずば抜けた豪華さで、有明はおろかここを超える湾岸タワマンはないと言っても良いくらいなのですが、逆に買い手の意識としては、共用施設を内覧して「将来の修繕費が怖い」と二の足を踏んでしまう人も多いようです。各居室内は割と普通のようですから、住まいに何を求めるかで判断が分かれそうです。これ以上の共用部を誇るタワマンは今後なかなか出てこないと思いますから、希少な物件とも言えます。

そして、今後4つめのブリリアマンションである“ブリリアタワー有明ミッドクロス”が誕生予定です。ブリリアといえば豪華な共用施設というイメ―ジですが、新たに建つマンションには、1階のカフェスペース、2階のシェアオフィス、保育所くらいで、シンプルなマンションになるかもしれません。豪華な共用施設を望む場合には、すでに建っている中古マンションの中から選ぶのも手だと思われます。ブリリアマンションを売却検討中の方は、新築マンションよりも豪華であり立地も便利、かつ価格も割安である点を武器に売却交渉を進められそうです。

有明の未来は2020年完成のシティタワーズに引き継がれる

今後は、住友不動産によるシティタワーズ東京ベイ(東京ベイトリプルタワー/有明ガーデンシティ)が商業施設を作り、さらに活性化することは間違いありません。3棟の新築マンションが完成する点と、ホテル、地上10階建ての商業施設からなる再開発です。完成の暁には、有明エリアの弱点ともいえる買い物の不便さが一気に解消される見込みです。

現状有明エリアでの買い物は、近くではブリリア有明スカイタワーにある文化堂を利用するか、コンビニに頼るしかなく、週末にはお台場や豊洲に行って買い物をする方が多くいる状況です。

しかし、シティタワー東京ベイが完成すれば、買い物に事欠くことはなくなるでしょう。

まとめ

シティタワーズ東京ベイが完成後には、もはや、今後の発展を期待してもらって購入してもらう、開拓精神の高い購買層を意識してきたこれまでとは変わってきます。有明エリアに住む利便性をメリットとして中古マンション早期売却の一押しになるのです。
有明中古タワマンは今が売却のチャンスですから、売却の第一歩としてまずは、インターネットの無料一括査定サイトをぜひ利用してみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました